テーマ:ユリ科

こくりゅう(黒竜)

コクリュウ(学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens')はユリ科ジャノヒゲ属(APGIIではスズラン科、APGIIIではクサスギカズラ科<キジカクシ科ともいう>)の耐寒性多年草。草丈は20~30㎝。原産地は日本。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚、学名:Ophiopogon planiscapus)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずぎぼうし(水擬宝珠)

ミズギボウシ(学名:Hosta longissima、Hosta longissima var. brevifolia)はユリ科(現在はユリ科から分割したキジカクシ科)ギボウシ属の多年草。草丈は40~65㎝。原産地は日本固有種。本州愛知県以西、四国、九州の日当たりのよい湿地に生育。葉は細く、長さ15~30㎝の線状倒披針形、直立~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひめかんぞう(姫萓草)

ヒメカンゾウ(学名:Hemerocallis dumortieri var. dumortieri、Hemerocallis dumortieri)はユリ科ワスレグサ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。山や高原の草地に生える。葉は根元に集まり、長さ40~70cmの線状披針形で、主脈が凹み、冬には枯れる。花期は5~6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほうちゃくそう(宝鐸草)

ホウチャクソウ(学名:Disporum sessile)はユリ科チゴユリ属(APG植物分類体系ではイヌサフラン科ホウチャクソウ属)の多年草。草丈は30~50cm。原産地は日本、朝鮮、中国。日本全土の丘陵の林内に生える。臭気のある毒草。茎の中程で枝分かれする。葉は互生し、長さ5cm前後の笹の葉型で葉脈が目立つ。花期は4~5月。茎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きばなかたくり(黄花片栗)

キバナカタクリ(学名:Erythronium grandiflorum、Erythronium pagoda)はユリ科カタクリ属の多年草。草丈は15~50cm。原産地は北米。球根(鱗茎)からは2枚の葉を出し、葉は楕円形、葉紋はない。花期は3〜4月。花茎の先端に1~3個ほどの濃黄色の花が下向きに咲く。別名セイヨウカタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまじのほととぎす(山路の杜鵑草)

ヤマジノホトトギス(学名:Tricyrtis affinis)はユリ科ホトトギス属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は日本固有種。北海道西南部、本州、四国、九州の山野の林内に生育。茎は直立し、斜め下向きの毛が生える。葉は互生し、葉身は卵状長楕円形または狭長楕円形で長さ8~18cmになり、先端は急にとがり、基部は茎を抱く。葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスフォデリネ・ルテア(Asphodeline lutea)

アスフォデリネ・ルテア(学名:Asphodeline lutea)はユリ科(ツルボラン科)アスフォデリネ属の半耐寒性多年草。草丈は80~120cm。原産地は地中海沿岸。花期は4~5月。星形の黄色の花には芳香がある。別名-。西宮市北山緑化植物園(2016/4/29)。アスフォデリネ’イエローキャンドル’(学名:Asphodelin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほそばきすげ(細葉黄萓)

ホソバキスゲ(学名:Hemerocallis minor)はユリ科ワスレナグサ属の多年草。草丈は30~50cm。原産地は朝鮮、東シベリア。ニッコウキスゲと比べると草丈が低く葉が細い。葉幅3~15mm。花期は5~6月、8~9月。ユウスゲのようなレモンイエローの花は、香りがあり、2期咲き性。別名ヘメロカリス・ミノル(Hemeroca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマシア・ライヒトリニー(Camassia leichtlinii)

カマシア・ライヒトリニー(学名:Camassia leichtlinii)はユリ科(APGIIIではクサスギカズラ科、キジカクシ科)ヒナユリ属(カマシア属)の多年草。草丈は50~120cm。原産地は北アメリカ。根際から生える葉は剣状でつけ根の部分は狭く、直立をする。花期は3~5月。茎先に総状花序を出し、淡い青色や白色、紫色などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きいじょうろうほととぎす(紀伊上臈杜鵑草)

キイジョウロウホトトギス(学名:Tricyrtis macranthopsis)はユリ科ホトトギス属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は日本。紀伊半島の山地の沢や湿った崖に生育。葉は披針形で、互生。茎が葉のつけ根を突き抜いている。花期は9~10月。茎先や葉の脇に艶のある鮮黄色の花をつける。内側に紫褐色の斑点がある。 花被片)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるばたまのかんざし(丸葉玉の簪)

マルバタマノカンザシ(学名:.Hosta plantaginea)はユリ科ギボウシ属の多年草。草丈は30~100cm。原産地は中国。江戸時代の中期に日本へ渡来。根際から生える葉は心形で艶がある。花期は8~9月。花茎を伸ばし、先で枝分かれをして白い花を数輪穂状につける。 花はギボウシ属では最大級で、夜開く。 花被片は6枚。実はさく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにゆり(鬼百合)

オニユリ(学名:Lilium lancifolium)はユリ科ユリ属の多年草。草丈は1~2m。原産地は中国、朝鮮半島。北海道~九州にかけての野原や人里近くに生育。葉は長さ5~15cmくらいの被針形で、互生。 葉には柄はなく、先は尖っている。 両面とも無毛で、艶がある。茎は紫褐色で細かい斑点がある。花期は7~8月。茎の上部の葉の脇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くるまゆり(車百合)

クルマユリ(学名:Lilium medeoloides)は、ユリ科ユリ属の多年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島。北海道から本州の中部地方 四国の亜高山から高山に生育。葉が茎の中央部で6~15枚輪生し、その上部に3~4枚まばらにつく。花期は7~9月。茎先に赤橙色をした花を1輪ないし数輪、横向きないし斜め下向きにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネクタロスコルダム・シクラム(Nectaroscordum siculum)

ネクタロスコルダム・シクラム(学名:Nectaroscordum siculum)はユリ科(ネギ科)ネクタロスコルダム属の多年草。草丈は80~100cm。原産地はトルコ、ブルガリア。細長い濃い緑色の線形の葉。花期は5~6月。白地にピンクと緑色が混じる独特な色合いの花を、吊り下げるようにたくさん咲かせる。別名アリウム・シクラム(A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんこうか(金光花、金黄花)

キンコウカ(学名:Narthecium asiaticum)はユリ科キンコウカ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。北海道~本州の中部以北の亜高山や高山の湿原や湿地に群生する。根際から生える葉は剣状の線形で、長さが20~30cmである。花期は7~8月。花茎の上に花被片6枚の星型の黄色い花を総状につけ、下方から開花してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きひらとゆり(黄平戸百合)

キヒラトユリ(学名:Lilium leichtlinii)はユリ科ユリ属の多年草。草丈は80~180cm。原産地は日本。コオニユリの変種。花期は6~8。花被片の地色が澄んだ黄色。別名キバナノコオニユリ(黄花小鬼百合)。京都府立植物園(2015/6/23)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなぜきしょう(花石菖)

ハナゼキショウ(学名:Tofieldia nuda)はユリ科チシマゼキショウ属の多年草。草丈は10~30㎝。原産地は日本。本州関東地方以西、四国、九州の山地の岩崖地に生息。地下茎は短い。根生葉は長さ5~25㎝の剣状葉、全縁、内折れし、基部が重なり、左右に2列につく。花期は6~8月。茎頂の長さ3~12㎝の総状花序に多数の花をつける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおなるこゆり(大鳴子百合)

オオナルコユリ(学名:Polygonatum macranthum)はユリ科ナルコユリ属の多年草。草丈は80~130cm。原産地は。北海道~九州の低地、山地の落葉広葉樹林の林床に生育する。茎は円くて少し白っぽい。葉は長さ6~20㎝の楕円形ないし広披針形で先はとがる。花期は5~7月。筒状の薄緑白色の花を2~3個ずつ葉の付け根に下げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくばねそう(衝羽根草)

ツクバネソウ(学名:Paris tetraphylla)はユリ科(シュロソウ科)ツクバネソウ属の多年草。草丈は15~40cm。原産地は日本、中国。北海道~九州の林床に生える。茎は1本立ち、葉は長楕円形で4枚が輪生する。長さ4~10cmで先端は尖り、葉柄はなく、葉の縁は全縁。花期は5~8月。花は茎頂に1個淡黄緑色の花を上向きにつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうじゃにんにく(行者葫)

ギョウジャニンニク(学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum)はユリ科(ネギ科)ネギ属の多年草。草丈は40~70cm。原産地は日本、シベリア、朝鮮半島など 。北海道~近畿以北の亜高山地帯の針葉樹林、混合樹林帯の水湿地に群生。長さ20~30cm、幅3~10cmの根生葉を持つ。葉には光沢があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばいけいそう(小梅蕙草)

コバイケイソウ(学名:Veratrum stamineum)はユリ科(APG植物分類体系ではメランチウム科)シュロソウ属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本固有種。北海道~本州の中部地方の亜高山や高山の湿った草地や湿原に生育。:葉は幅の広い楕円形で、互生。 葉脈は平行脈で、鋸歯はない。花期は6~8月。茎先に太い円錐花序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きゅうこんつりがねそう(球根釣鐘草)

キュウコンツリガネソウ(学名:Hyacinthoides hispanica、Scilla campanulata、Scilla hispanica)はユリ科(キジカクシ科)ツルボ属の多年草。草丈は20~40cm 。原産地はヨーロッパの西部、ポルトガル、スペイン。山野の日当たりの良いところに生える。葉は扁平な線形で根生する。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラパジュリア・ロセア(Lapageria rosea)

ラパジュリア・ロセア(学名:Lapageria rosea)はユリ科(フィレシア科)ツバキカズラ属(ラパジュリア属)の半耐寒性の常緑つる性多年草。草丈は2~3m。原産地はチリ南部。葉は艶のある卵形で先端が長く尖り、3本の平行脈がある。互生。花期は周年(温室)。葉腋から7~10㎝のトランペット形の紅色からピンク色の花を咲かせる。白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いとらっきょう(糸辣韮)

イトラッキョウ(学名:Allium virgunculae)はユリ科アリウム属(ネギ属)の多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本(長崎の平戸島)。長崎県の平戸島の岩場や岩棚に生育。地中に球根をつくり、糸のように細い葉を出す。葉は幅1mmくらいの円筒形で、根際から生える。花期は10~12月。茎先に散形花序を出し、2~12輪くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎぼうし’たまのかんざし’(擬宝珠’玉の簪’)

ギボウシ’タマノカンザシ’(学名:Hosta plantaginea var. japonica)はユリ科ギボウシ属の耐寒性多年草。草丈は40~100cm。原産地は中国、日本。全国の保水性のある、肥沃な場所に生育。葉は光沢のある若緑色。花期は8~9月。花色が白く独特の芳香があり、普通のギボウシより花も大きい。八重種のものもある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまかんぞう(浜萓草)

ハマカンゾウ(学名:Hemerocallis littorea)はユリ科ワスレグサ属の多年草。草丈は50~90cm。原産地は日本。本州の関東地方から沖縄の海岸の日当たりの良い斜面に生える。根際から生える葉は幅の広い線形で厚くて光沢があり、常緑。花期は7~10月。茎先に3~6輪の花を上向きにつける。 濃いオレンジ色をした一日花で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うばゆり(姥百合)

ウバユリ(学名:Cardiocrinum cordatum)はユリ科ウバユリ属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本。関東~九州の山地の森林に多く自生。葉は茎の中部につき、長い葉柄、卵状楕円形で長さ15~25cm、先はとがり、基部は心形で、葉脈は網状。花期は7~8月。茎の上部に長さ12~17cmの緑白色の花が横向きに数個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆり ’カサブランカ’(百合 ’'Casa Blanca’)

ユリ’カサブランカ’(学名:Lilium cv. Casa Blanca)は、ユリ科ユリ属の多年草。草丈は100~200cm。原産地はオランダで改良された園芸種。日本で自生しているヤマユリやカノコユリなどを親として交配されたオリエンタルハイブリッド系ユリの代表種。花期は6~8月。花弁は純白で芳香がある。花径20cmの大輪の花。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッツざくら(アッツ桜)

アッツザクラ(学名:Rhodohypoxis baurii)はユリ科(新エングラー体系ではキンバイザサ科)ロードヒポキシス属(アッツザクラ属)の多年草(耐寒性球根)。草丈は5~7cm。原産地は南アフリカ。花期は4~6月。白く毛羽立った細い葉の間から花茎を出し、赤や白の花多数咲かせる。花色はピンク、白、紅色。秋には全ての葉が枯れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロエ(Aloe)

アロエ(学名:Aloe)はユリ科(クロンキスト体系ではアロエ科、APG体系ではツルボラン科)アロエ属の多肉植物の総称。多年草。現在までに300種以上が知られている。草丈は数cm~20m。原産地はアフリカ大陸南部、マダガスカルに集中している。九州、瀬戸内海、伊豆、千葉と主に太平洋側に多く自生している。幹の直径が1m以上にもなるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more