テーマ:ゴマ科

ごま(胡麻)

ゴマ(学名:Sesamum indicum)はゴマ科ゴマ属の一年草。草丈は約100~150cm。原産地はインド~エジプト。国内では鹿児島県、茨城県、沖縄県などで生産されている。花期は7~8月。葉腋に薄紫色、白、薄桃色の花をつけ、実の中に多数の種子を含む。主に種子が食材、食用油など油製品の材料とされ、古代から今日まで世界中で利用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウンカリナ・グランディディエリ(Uncarina grandidieri)

ウンカリナ・グランディディエリ(学名:Uncarina grandidieri)はゴマ科ウンカリナ属の落葉小高木。高さは1~7m。原産地はマダガスカル。半砂漠の乾燥地に生育。葉は幅の広い楕円形で、先が3つに裂ける。 葉のつけ根の部分は心形で、長い柄につながる。花期は4~5月。葉の脇に円錐花序を出し、黄色い筒形の花をつける。 花冠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケラトテカ・トリロバ(Ceratotheca triloba)

ケラトテカ・トリロバ(学名:Ceratotheca triloba)はゴマ科ケラトテカ属の一年草。草丈は80~150cm。原産地は南アフリカ。葉は柔らかく、3つに深く裂ける。 葉の縁には不規則鋸歯がある。花期は7~10月。茎先から総状花序を出し、白い筒状の花をつける。 花は下から上へと咲き上る。 花径は4cmくらいで先は5つに裂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つのごま(角胡麻)

ツノゴマ(学名: Proboscidea louisianica)はゴマ科ツノゴマ属の一年草。草丈は40~100cm。原産地は北米南部、メキシコ。砂漠などに生える。食虫植物。葉は互生し、柔らかく、やや肉質。葉は円形状心形で、粘液質の毛に被われている。幅10~30cm。花期は6~9月。淡桃色で黄色い斑点のある唇形の花をつける。果実は蒴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマ科(Pedaliaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Ceratotheca triloba ■ケラトテカ・トリロバ(Ceratotheca triloba)  ▲ワイルドフォックスグローブ、セラトテカ・トリロバ  〔草〕 ●Ibicella lutea ■き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more