テーマ:ツユクサ科

ディコリサンドラ・ティルシフローラ(Dichorisandra thyrsiflora)

ディコリサンドラ・ティルシフローラ(学名:Dichorisandra thyrsiflora)はツユクサ科ディコリサンドラ属の常緑多年草。草丈は150~200cm。原産地はブラジル、ペルー。温室植物。葉は細長い卵形で、互生。花期は9~11月。茎先に総状花序を出し、青紫色の花を咲かせる。1つ1つの花は萼が3枚、花弁が3枚。実はさく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおときわつゆくさ(大常磐露草)

オオトキワツユクサ(学名:Tradescantia albiflora)はツユクサ科ムラサキツユクサ属の常緑多年草。草丈は100cm。原産地は南アメリカ。先端の茎は30cm程度立ち上がっている。葉は大型で長楕円形または披針形、葉先は鋭尖頭。葉の長さは6~10cm。葉の両面ともに緑色。萼片の竜骨部分や花柄には長毛がある。道ばた、野原な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツユクサ科(Commelinaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Commelina communis ■つゆくさ(露草)  ▲ツキクサ、ホタルグサ、ボウシバナ、アオバナ  〔草〕 ●Dichorisandra thyrsiflora ■ディコリサンドラ・ティルシフローラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むらさきごてん(紫御殿)

ムラサキゴテン(学名:Tradescantia pallida 'Purpurea'、Setcreasea pallida 'Purpurea')はツユクサ科ムラサキツユクサ属の常緑性多年草。草丈は15~50cm。原産地はメキシコ。葉をはじめ茎や萼(がく)に至るまで地上部全体が紫色。葉は厚みがあり多肉質で、乾燥に強い。葉の表面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶみょうが(藪茗荷)

ヤブミョウガ(学名:Pollia japonica)はツユクサ科ヤブミョウガ属の多年草。高さ約80cm。本州中部以西の林下や竹藪に自生。茎は直立し、葉は大きい狭長楕円形で、ミョウガに似る。夏から秋(8~9月)、茎頂に長い円錐花序を立て、白色の小花をつける。果実は小球形で青く熟す。宝塚ガーデンフィールズ(2010/07/05)。 宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つゆくさ(露草)

ツユクサ(学名:Commelina communis)は、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物。高さは15~50cmで直立することはなく、茎は地面を這う。日本全土、アジア全域、アメリカ東北部など世界中に広く分布。畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。6~10月にかけて1.5~2cmほどの青い花をつける。花弁は3枚あり、上部の2枚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more