テーマ:キョウチクトウ科

ががいも(蘿摩、鏡芋)

ガガイモ(学名:Metaplexis japonica)はキョウチクトウ科ガガイモ属のつる性多年草。草丈は2m。原産地は日本、中国、朝鮮半島。北海道~九州の野原などに生える。地下茎を長く伸ばして増え、茎を切ると白い乳液が出る。葉は対生し、長卵状心形で長さ5~10cm、先は尖り、全縁で裏面は帯白緑色。花期は8~9月。葉腋から長い花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すずさいこ(鈴柴胡)

スズサイコ(学名:Vincetoxicum pycnostelma)はキョウチクトウ科カモメヅル属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は日本、朝鮮、ダフリア(バイカル湖以東)、中国。北海道~九州の日当たりのよいやや乾いた草地に生える。茎はかたくて細く、葉は対生し、長さ6~13cmの長披針形~線状長楕円形で先はとがり、やや厚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やえさんゆうか(八重三友花)

ヤエサンユウカ(学名:Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno)はキョウチクトウ科サンユウカ属の常緑低木。高さは1~3m。原産地はインド。明治初年に渡来。毒性植物。サンユウカ(三友花)の八重咲き品種。葉は広い倒卵形、革質で対生。花期は4~9月(ほぼ周年)。葉の脇や枝先に白い八重の花をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひめありあけかずら(姫有明葛)

ヒメアリアケカズラ(学名:Allamanda neriifolia)はキョウチクトウ科アリアケカズラ属の常緑小低木。高さは1.2~1.5m。原産地はブラジル。半蔓性でよじ登る傾向がある。葉は長めの楕円形で、3~5枚が対生。輪生をすることもある。花期は周年。花は枝先に集まってつき、濃い黄色のトランペット形で、花弁の内側に淡い赤褐色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンデビラ(Mandevilla )

マンデビラ(学名:Mandevilla)はキョウチクトウ科マンデビラ属の常緑蔓性多年草。草丈(つるは長さ)は30~100cm。原産地は中南米(メキシコ~アルゼンチン)。花期は5~10月。花の大きさは種によってやや異なるが、径10cm前後でラッパ型、先端が大きく開いて5枚の花びら状になる。花色は白、ピンク、赤などがある。別名デプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイロンライティア(Ceylon wrightia)

セイロンライティア(学名:Wrightia antidysenterica)はキョウチクトウ科ライティア属の非耐寒性常緑低木。高さは30~200cm。原産地はスリランカ。葉は楕円形で先が尖り、対生する。花期は6~10月。直径3cm前後の純白の花を枝先に数輪咲かせる。花びらは5枚。花弁の真ん中には白い髭のような副花冠がある。花の後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルメリア(Plumeria)

プルメリア(学名:Plumeria sp.)はキョウチクトウ科プルメリア属 の常緑低木、小高木。高さは5~10m。原産地は西インド諸島、熱帯アメリカ。花期は6~10月。花は一重で星型をしており芳香がある。花色には白(alba:アルバ)、ピンク、真赤(rubra:ルブラ)、黄色があり、花びらが厚く美しい花を咲かせる。 ハワイで愛さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばなありあけかずら(大花有明蔓)

オオバナアリアケカズラ(学名:Allamanda cathartica cv. Hendersonii)はキョウチクトウ科アリアケカズラ属(アラマンダ属)の常緑低木。高さは3~5m。原産地は熱帯アメリカ。アリアケカズラ(学名:Allamanda cathartica)の園芸品種。葉は長い楕円形で、つけ根の部分と先が鋭く尖る。葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラマンダ(Allamanda)

アラマンダ(学名:Allamanda cathartica) はキョウチクトウ科アラマンダ属の常緑熱帯性蔓性半耐寒性低木。高さは60~600cm。原産地は南米ギアナ。花期は4~10月(熱帯地域では周年) 。黄色や桃色の筒状の花を咲かせる。花径は、同属のヒメカズラの5cmより大きく、オオバナアリアケカズラ(大花有明葛)の10cm以上よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キョウチクトウ科(Apocynaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Allamanda cathartica ■アラマンダ(Allamanda)  ▲アリアケカズラ、アラマンダ・カタルティカ、ゴールデントランペット  〔樹木〕 ●Allamanda cathartica c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょうじそう(丁字草)

チョウジソウ(学名:Amsonia elliptica)はキョウチクトウ科チョウジソウ属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は東アジア、北アメリカ 。日本では北海道から宮崎県にかけて分布し、川岸の氾濫原や原野などの、やや湿った草地に自生する。葉は長さ 6~10cm、幅1~2cmの細長い披針形で、互生する。5~6月になると茎頂に集散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるにちにちそう(蔓日々草)

ツルニチニチソウ(学名:Vinca major)はキョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の蔓常緑半低木、常緑多年草。草丈は10~60cm。原産地は南欧~北アフリカ(地中海沿岸)。茎は最初直立していたものが徐々に横に這い出して伸びる。葉は光沢があり、卵型で、斑入り種もあり、観葉植物としても使われている。花期は4~7月(しかし12月、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はつゆきかずら(初雪葛)

ハツユキカズラ(学名:Trachelospermum asiaticum 'Hatuyukikazura')はキョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑蔓性低木。背丈5~15cm。横幅20~50cm以上(つる性)。 原産は日本、朝鮮半島。定家葛(テイカカズラ)の斑入りの園芸品種で葉色の変化を楽しむ蔓性植物。葉の変化は、新芽がピンクや白に色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビンカ・マジョール(Vinca major)

ビンカ・マジョール(学名:Vinca major)はキョウチクトウ科ツルニチニチソウ属の蔓常緑半低木、常緑多年草。草丈は10~60cm。横幅40~100cm以上(つる性) 。原産地は南欧~北アフリカ(地中海沿岸)。茎は最初直立していたものが徐々に横に這い出して伸びる。葉には光沢があり、卵型で、大きさは5~8cm程度。斑入り種もあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やなぎばちょうじそう(柳葉丁字草)

ヤナギバチョウジソウ(学名:Amsonia tabernaemontana)はキョウチクトウ科チョウジソウ属の多年草。高さは30~90cm。アメリカの東部から中南部に分布。湿った林内や河岸に生える。葉は披針形から楕円形で短い柄があり、互生する。4~7月ごろ、茎の先に集散状の花序をだし、淡青紫色の筒状花を咲かせる。花冠の先は5裂する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひめつるにちにちそう(姫蔓日々草)  

ヒメツルニチニチソウ(学名:Vinca minor)はキョウチクトウ科ツルニチニチソウ属のツル性常緑低木。高さは10cm以下。原産地はヨーロッパ中部~コーカサス 。開花期は3~7月。花色は青紫、ピンク、白。 花径は2cm。近縁種のツルニチニチソウ(ビンカマジョール)よりも花色が豊富で、花や葉が小さく、耐寒性に富む。別名ビンカ・ミノー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にちにちそう(日日草)

ニチニチソウ(学名:Catharanthus roseus/Vinca rosea)はキョウチクトウ(夾竹桃)科ニチニチソウ属の春まき一年草。草丈は25~30㎝程度。原産地は西インド。葉は長楕円形で対生する。花期は6~9月。花は直径3~4cm程度で花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり中心だけ色が違うものもある。日々新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいようきょうちくとう(西洋夾竹桃)

セイヨウキョウチクトウ(学名:Nerium oleander)はキョウチクトウ科の常緑小高木 。高さ3~4m。原産はパレスチナの乾燥地、地中海沿岸地域。我が国へは、明治初年に渡来している。葉は厚い革質だが竹の葉に似、花が桃に似ているということから「夾竹桃」。花期は6~8月。花の色は紅、白、淡黄など。オレアンドリン、アディネリン、ギト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうちくとう(夾竹桃)

キョウチクトウ(学名:Nerium indicum)はキョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑大低木。高さは2~5m。インド原産。葉は三個ずつ輪生し、濃緑色革質の狭披針形。夏(6~9月)、枝頂に紅色の花をつける。花は八重咲きが多く、淡紅色・黄色・白色などもある。枝・葉・花に有毒な成分を含み、強心・利尿薬に利用する。[季]夏。写真は宝塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ていかかずら(定家葛)

テイカカズラ(学名:Trachelospermum asiaticum)はキョウチクトウ科のつる性常緑木本。山野に生え、ときに庭木とされる。茎は地をはい、また気根を出して樹や岩にからむ。葉は対生し、質厚く光沢がある。5~9月、枝先および葉腋に黄白色の花を集散花序につける。7月頃いったん花は途絶えるが、新しい枝が伸びてきてまた開花する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more