テーマ:ホウライシダ科

はこねしだ(箱根羊歯)

ハコネシダ(学名:Adiantum monochlamys)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑性シダ植物(多年草)。草丈は10~20cm。原産地は日本、中国、朝鮮。本州、四国、九州の山間部の岩の側面に生育する。3~4回羽状で、小葉は狭扇形。頂縁鋸歯があるが切れ込みはない。各小葉にソーラスが1個つく。葉柄は赤褐色で光沢がある。鋸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわがねぜんまい(岩ヶ根薇)

イワガネゼンマイ(学名:Coniogramme intermedia)はホウライシダ科イワガネゼンマイ属の常緑シダ植物。草丈は70~140㎝。原産地は日本、インド北部、ネパール。北海道~九州の林下の湿った場所に生える。根茎は長くはい、80cm前後の葉をつける。葉身は1~2回羽状で脈は網目を作らず(別れた脈は再合流しない)、羽片の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじゃくしだ(孔雀羊歯)

クジャクシダ(学名:Adiantum pedatum)はホウライシダ科ホウライシダ属 の夏緑性シダ植物。草丈は。原産地は日本。北海道~本州、四国の山地の林縁で見られる。葉柄は光沢のある赤紫色で、基部に披針形、茶褐色の鱗片がつく。中軸は孔雀草数回2叉に分岐する。小羽片は長四角形で裂片の上縁に半月形のソーラスが数個つく。新芽の時は赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわがねそう(岩ヶ根草)

イワガネソウ(学名:Coniogramme japonica)はホウライシダ科イワガネゼンマイ属の常緑シダ植物。草丈は70~140cm。原産地は日本などアジア南東部。北海道~九州の林下の湿った場所に生える。根茎は長くはい、しばしば大きな群落を作る。葉身は長卵形から広卵形、2回羽状複生、大きなものは長さ1mをこえる。羽片や小羽片の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウライシダ科(Adiantaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Adiantum monochlamys ■はこねしだ(箱根羊歯)  ▲ハコネソウ、イチョウシノブ 〔草〕 ●Adiantum pedatum ■くじゃくしだ(孔雀羊歯)  ▲クジャクソウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more