テーマ:イワウメ科

こいわかがみ(小岩鏡)

コイワカガミ(学名:Schizocodon soldanelloides f. alpinus)はイワウメ科イワカガミ属の多年草。草丈は5~10㎝。原産地は日本固有種。北海道から本州の中部地方の低山~高山の草地や岩場に生育。イワカガミ(岩鏡、学名:Schizocodon soldanelloides)の高山型とされている。葉には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわかがみ(岩鏡)

イワカガミ(学名:Schizocodon soldanelloides)はイワウメ科イワカガミ属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本。北海道~九州の:亜高山、高山の岩場や草地に生育。葉には長い柄があり、根際から生える。 葉の形は卵円形で、表面には艶がある。花期は:4~7月。茎先に総状花序を出し、3~10輪の花を横向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいわうちわ(小岩団扇)

コイワウチワ (学名:Shortia uniflora var. kantoensis) はイワウメ科イワウチワ属の常緑多年草。草丈は5~15cm。原産地は日本?。本州の東北から関東の太平洋側に分布し、山地の林や岩地に生える。イワウチワの変種で、葉は円形から広円形で、葉が小型でく太い葉脈が目立ち、葉の基部は心形になる。花期は3~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわうちわ(岩団扇)

イワウチワ(学名:Shortia uniflora)はイワウメ科イワウチワ属の常緑の多年草。草丈は5~10cm。原産地は日本。根生葉は長い葉柄がある。葉は質が厚く少し光沢があり、扁円形で波状の鋸歯があって葉先は凹む。花期は4~5月。直立する花茎の先に、漏斗状鐘形で花弁の先が細く裂けた淡紅色花を咲かせる。同じイワウメ科のイワカガミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワウメ科(Diapensiaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Schizocodon soldanelloides ■いわかがみ(岩鏡)  ▲-  〔草〕 ●Schizocodon soldanelloides f. alpinus ■こいわかがみ(小岩鏡) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more