テーマ:バラ科

なんきんななかまど(南京七竈)

ナンキンナナカマド(学名:Sorbus gracilis)はバラ科ナナカマド属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。関東以西の本州、四国、九州の山地帯に分布。幹は細く、樹皮は暗灰色。葉は葉奇数羽状複葉で互生。小葉は7~9枚、側小葉は長さ2~2.5cmの長楕円形。小葉の表面は灰緑色、裏面は粉白緑色。葉縁は鋸歯または全縁。葉先は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカてまりしもつけ(アメリカ手鞠下野)

アメリカテマリシモツケ(学名:Physocarpus opulifolius)はバラ科テマリシモツケ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は北アメリカ北東部。よく分岐する。幹の樹皮が剥がれる性質を持っている。 葉は互生し、広卵形で3裂する。葉の縁には不揃いな鋸歯がある。春の新葉は黄金色で、やがて褐色に変わる。花期は5~6月。葉の展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおやまざくら(大山桜)

オオヤマザクラ(学名:Prunus sargentii)はバラ科サクラ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本。北海道から四国に分布。北海道から東北地方に多く生育。樹皮は紫褐色で艶がある。葉は楕円形で、互生。葉の縁には鋭い重鋸歯がある。葉の両面や葉の柄に毛は生えない。葉の裏面は白みを帯びる。花期は4~5月。葉の展開と同時に花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しきざくら(四季桜)

シキザクラ(学名:Cerasus × subhirtella 'Semperflorens'、Prunus x subhirtella cv. Semperflorens)はバラ科サクラ属の落葉小高木。高さは3~8m。原産地は日本。マメザクラとエドヒガンの種間交雑。花期は10~12月、4月上旬。秋と春の二季咲き。花は白色から淡い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふゆざくら(冬桜)

フユザクラ(学名:Prunus x parvifolia cv. Fuyu-zakura、Cerasus×parvifolia 'Parvifolia' )はバラ科サクラ属の落葉小高木。高さは5~7m。原産地は日本。花期は10~3月。花は中輪、一重咲きで白色。一重の白花を咲かせる。花色は白または薄桃。花弁数は5枚。別名コバザクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほうろくいちご(焙烙苺)

ホウロクイチゴ(学名:Rubus sieboldii)はバラ科キイチゴ属の半つる性常緑低木。高さは 0.5~1 m。原産地は日本。本州の中部地方以西、四国、九州、沖縄に分布。枝は太く弓状に伸び、針状のとげがまばらにある。葉は長さ10~15cmの卵形で、質は厚くざらつく。ふちには重鋸歯がある。花期は4~6月。葉腋に直径2.5~3c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コトネアスター・ダメリー(Cotoneaster dammeri)

コトネアスター・ダメリー(学名:Cotoneaster dammeri)はバラ科シャリントウ属の常緑つる性低木。高さは10~50cm。原産地は。北海道~九州に生育。葉は皮質。品種は多く立ち性のものから這い性のものまで有る。花期は4~6月。白い花、秋(10~1月)に赤い実をつけ、また、寒さで葉が冬に紅葉をする。常緑樹だが1~3月は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ならやえざくら(奈良八重桜)

ナラヤエザクラ(学名:Prunus serrulata var.antiqua)はバラ科サクラ属の落葉高木。高さは5~10m。原産地は日本。:奈良県に生育。オクヤマザクラ(奥山桜、学名:Cerasus leveilleana)の変種とされている。葉は楕円形で、互生。花期は4月下旬~5月上旬。淡い紅色をした八重の中輪である。花弁の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かじいちご(梶苺、構苺)

カジイチゴ(学名:Rubus trifidus)はバラ科キイチゴ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は。関東地方以西の太平洋側、四国、九州の海岸から沿海の山地に生える。キイチゴ(木苺)の一種。葉は互生。葉身は広卵形で長さも幅も6~12cmと大きく、掌状に3~7中裂する。基部はハート形。裂片の先はとがり、ふちには重鋸歯がある。葉柄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なわしろいちご(苗代苺)

ナワシロイチゴ(学名:Rubus parvifolius)はバラ科キイチゴ属の落葉小低木。高さは1~2m。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ベトナムなど。日本全土の日当たりの良い道端や草地、河原の土手などに生える。茎は木質化し、他の草に覆い被さるように這って伸びる。茎や枝は軟毛が密生し、下向きの刺がある。葉は3~5枚の小葉からなる複…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からふとだいこんそう(樺太大根草)

カラフトダイコンソウ(学名:Geum macrophyllum var. sachalinense)はバラ科ダイコンソウ属の多年草。草丈は40~70cm。原産地は日本、ロシア(千島・樺太)。北海道~本州の中部地方の:山地や亜高山の草地に生育。植物体全体に針のような黄赤色の長く粗い毛が生え、特に茎の下部に多い。茎は上部でまばらに分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みねざくら(峰桜、嶺桜)

ミネザクラ(学名:Prunus nipponica)はバラ科サクラ属の落葉小高木または低木。高さは5~10 m。原産地は日本。葉は互生し、倒卵状楕円形で長さ5~7cm、先は尾状にとがり、縁に重鋸歯がある。花期は5~7月。赤褐色の新葉と同時に径2~2.5cmで淡紅色の5弁花を1~3個散形状につける。小花柄、萼ともに毛はなく、萼片に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みつばしもつけそう(三つ葉下野草)

ミツバシモツケソウ(学名:Gillenia trifoliata)はバラ科ミツバシモツケソウ属の多年草(温暖地では一年草扱いすることもある)。草丈は40~100cm。原産地は北アメリカ東部。茎は直立し、よく枝分かれする。茎は赤い。葉は3出複葉で、小葉は8cm程の卵状長楕円形、縁に粗い鋸歯がある。葉には柄はない。 秋には紅葉をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やえべにしだれ(八重紅枝垂)

ヤエベニシダレ(学名:Cerasus spachiana 'Pleno-rosea'、 Prunus pendula 'Plena Rosea' )はバラ科サクラ属の落葉高木。高さは5~20km。原産地は日本、中国。エドヒガン(江戸彼岸)の栽培品種。花期は4月中旬。淡紅色の八重咲きの花を枝垂れて咲かせる。花弁数は15~25枚。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばら(薔薇)2

バラの種類(出典:wikipedia) バラ(学名:Rosa)は、バラ科バラ属の総称。そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称。 ■ 原産地別の主な原種  ● ヨーロッパの原種 ロサ・アルバ(Rosa alba) ロサ・カニナ(Rosa canina) ロサ・ガリカ(Rosa gallica) ロサ・キナモメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばら(薔薇)

バラ(学名:Rosa)は、バラ科バラ属の総称、または、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)の総称。耐寒性落葉(常緑もあり)低木。高さは20~400cm。原産地は中近東からアジア周辺、東アジア。北半球の温帯域に広く自生。南半球にはバラは自生していない。世界に約120種がある。つる植物で、葉や茎に棘があるものが多い。葉は1回奇数羽状複葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きいちご(木苺)

キイチゴ(木苺、Bramble、学名:Rubus)はバラ科キイチゴ属の落葉低木。つる性果樹で、クサイチゴ(草苺、学名:Rubus hirsutus)、モミジイチゴ(紅葉苺、学名:Rubus palmatus var. coptophyllus)、ナワシロイチゴ(苗代苺、学名:Rubus parvifolius)、フユイチゴ(冬苺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みやまだいこんそう(深山大根草)

ミヤマダイコンソウ(学名:Geum calthifolium var. nipponicum)はバラ科ダイコンソウ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本。北方領土を含む北海道から本州の中部地方、近畿地方や四国の一部の高山にも分布。:高山帯の岩石地や礫地など風当たりの強い場所にも生育する。根際から生える葉には長い柄があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はごろもぐさ(羽衣草)

ハゴロモグサ(学名:Alchemilla japonica)はバラ科ハゴロモグサ属の多年草。草丈は10~40cm。原産地は日本固有種。北海道の夕張岳と北アルプスの白馬岳、南アルプスの北岳など高山の草地や岩場に生える。根茎は匍匐して木化し、密に枯れた葉柄でおおわれている。葉は円形で、手のひら状に浅く裂ける。4~7cmになる長柄の根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルケミラ・ウルガリス(Alchemilla vulgaris)

アルケミラ・ウルガリス(学名:Alchemilla vulgaris)はバラ科(アルケミラ属)ハゴロモグサ属の耐寒性多年草。草丈は30~45cm。原産地はヨーロッパ~北西アジア。英国のナショナルトラストガーデンでよく見られる植物。花期は6~7月。黄緑色の小さな花が群れるように咲く。女性の病気(月経不順や更年期障害)の症状を和らげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やつぶさうめ(八房梅)

ヤツブサウメ(学名:Prunus mume var.pleiocarpa、Armeniaca mume)はバラ科サクラ属 の落葉小高木。高さは~6m。原産地は?。ウメの変種。花期は3月末ころ。花は淡紅色、重弁、径27mm位、一花中にめしべ7~8本のものが多い。実は径20~22mmと比較的小粒で、一つの花に4~7個付く。名は多数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きじむしろ(雉筵)

キジムシロ(学名::Potentilla fragarioides var. major、Potentilla sprengeliana)はバラ科キジムシロ属の多年草。草丈は5~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、シベリア。北海道~九州の山野に生える。葉は奇数羽状複葉で5~7枚(まれに3~9枚)の小葉からなり、先端の小葉3枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へびいちご(蛇苺)

ヘビイチゴ(学名:Duchesnea chrysantha)はバラ科ヘビイチゴ属の多年草。草丈は5~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、東アジア。北海道~沖縄にかけての日当たりのいい湿った草地などに生える。葉は3出複葉で小葉は長さ2~3cmの楕円形で、縁には鋸歯がある。 花期は4~5月。花径10~15mmくらいで5枚の花びら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しもつけそう(下野草)

シモツケソウ(学名:Filipendula multijuga)はバラ科シモツケ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本。葉は掌状に5~7に深裂する。葉縁に不揃いの鋸歯がある。花期は6~8月。花径0.5cmの小さな紅色の4~5弁花を散房花序につける。シモツケ(下野) と似ていますが、 シモツケ(下野)が木であるのに対し、シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なし(梨)

ナシ(学名:Pyrus pyrifolia var. culta)はバラ科ナシ属の落葉高木。。高さは15m。原産地は中国。野生種ヤマナシ(ニホンヤマナシ(学名:Pyrus pyrifolia var. pyrifolia )を基本種とする栽培品種群。ナシは、和なし(日本なし)、中国なし (学名:Pyrus bretschneid…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにしもつけ(鬼下野)

オニシモツケ(学名: Filipendula camtschatica)はバラ科シモツケソウ属の多年草。草丈は150~200cm。原産地は日本、朝鮮半島、ロシア。 山地や高山の草地や湿地に生育。葉は茎に互生し、奇数羽状複葉で葉柄があり、頂小葉は大きく15~25cmになり、掌状に5裂する。葉柄に付く側小葉は小さく目立たないが、葉柄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラブアップル(Crab Apple)

クラブアップル(学名:Malus redjade)はバラ科リンゴ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は中国。葉は互生し、単葉で広葉、切れ込みなし、鋸歯がある。花期は5~6月。花は濃紫紅色等。果実期8~11月月頃。品種にプロヒュージョン、ヴァンエセルティン、ドルゴ、ジェネバ、レモイネイ、ネビルコープマン、ロイヤリティ等がある。別名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

げんぺいしだれもも(源平枝垂れ桃)

ゲンペイシダレモモ(学名:Prunus persica、Amygdalus persica)はバラ科モモ属の耐寒性落葉低木、小高木。高さは100~700cm。原産地は中国。園芸品種。花期は4月頃。赤と白の咲分けが人気の枝垂れ桃。別名ハナモモ(花桃)、シダレモモ(枝垂れ桃)。白色のシダレモモをザンセツシダレ(残雪枝垂)という。京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらんぼ(桜ん坊)

サクランボ(学名:Prunus avium)はバラ科サクラ属の落葉中高木。高さは15~20m。原産地は西アジア。ミザクラの果実。オウトウ(サクラの一種)の果実を総称してさくらんぼというが、流通している品種は、ほとんどが「甘果オウトウ」とよばれるセイヨウミザクラの果実である。加工されるとチェリーとよばれることが多い。花期は4~5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおたかねいばら(大高嶺茨)

オオタカネイバラ(学名:Rosa acicularis)はバラ科バラ属の落葉低木。草丈は。100~150cm。原産地は日本、シベリア、カムチャッカ、サハリン、朝鮮半島。北海道~本州の亜高山から高山にかけて生える。花の柄には密に刺があり、葉の柄には腺毛がある。葉は奇数羽状複葉で、小葉の形は卵形で、縁には細かい鋸歯がある。近縁種のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more