テーマ:アサ科

かなむぐら(鉄葎)

カナムグラ(学名:Humulus japonicus、Humulus scandens)はアサ科(以前はクワ科に分類されていた)カラハナソウ属のつる性一年草。草丈は50~100cm 。原産地は日本、台湾、朝鮮半島、中国。荒れ地や道端に自生する。茎は長く伸び、下向きのトゲ(刺)が他の物にからまり右巻きに伸びる。葉は対生し掌状に5~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホップ(Hop)

ホップ(学名:Humulus lupulus)はアサ科(かってはクワ科)カラハナソウ属の多年草。草丈(つるの長さ)は6~10m。原産地は西アジア。日本には明治の初期、試験的に栽培するため北海道に導入されたのがはじめ。茎は基本が左巻。葉はてのひら状で3~5つに裂け、茎葉には剛毛が生え、触れると痛い。花期は7~9月。雌雄異株。雄花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサ科(Cannabaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Humulus japonicus、Humulus scandens ■かなむぐら(鉄葎)  ▲リッソウ  〔草〕 ●Humulus lupulus ■ホップ(Hop)  ▲セイヨウカラハナソウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more