テーマ:ゴマノハグサ科

エレモフィラ・マクラタ(Eremophila maculata)

エレモフィラ・マクラタ(学名:Eremophila maculata)はゴマノハグサ科(ハマジンチョウ科)エレモフィラ属の常緑低木。高さは1~2.5m。原産地はオーストラリア。葉は灰緑色で長さ5cmほどの線形~卵状披針形。花期は3~4月。花は葉腋に単生し、先端が唇状になる筒状。花色は赤、ピンク、黄、紫などで暗色の斑紋が入る場合が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベロニカラモーナ(Veronica ramona)

ベロニカマローナ(学名:Veronica gentianoides 'Ramona')はゴマノハグサ科ベロニカ属の耐寒性多年草。草丈は30~50cm。原産地はアメリカ。花期は4~6月。白に近い淡いブルーの花穂。別名ベロニカ ゲンチアノイデス ラモナ(Veronica gentianoides 'Ramona')。西宮市北山緑化植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ときわはぜ(常盤爆)

トキワハゼ(学名:Mazus pumilus)はゴマノハグサ科(サギゴケ科)サギゴケ属の一年草。草丈は5~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、東南アジア、インド。日本全土の道ばたや畑などに多く見られる。葉は根もとのものは長さ2~5cmと大きく、茎の上部では小さい。花期は4~11月。花は長さ約1cm。上唇は紫色、下唇はわずかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまるりとらのお(山瑠璃虎の尾)

ヤマルリトラノオ(学名:Pseudolysimachion kiusianum subsp. miyabei var. japonicum)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草。草丈は50~90cm。原産地は日本。本州の東北地方~近畿地方にかけて日本海側の山地から亜高山の草地に生える。葉は細長い卵形で、対生。葉には長い柄があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むらさきさぎごけ(紫鷺苔)

ムラサキサギゴケ(学名:Mazus miquelii)はゴマノハグサ科サギゴケ属の常緑多年草。草丈は5~15cm。原産地は日本、台湾、中国。本州~九州の湿ったあぜ道などの日当たりの良い場所に生える。葉は根もとに集まり、その間から細長い、匍匐枝をだして地面に広がる。根もとの葉は倒卵形で、ふぞろいのあらい鋸歯があり、対生し、小さい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きくばくわがた(菊葉鍬形)

キクバクワガタ(学名:Pseudolysimachion schmidtianum var. schmidtianum)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草。草丈は5~25cm。原産地は日本。北海道、千島.の高山や海岸の礫地や岩場に生える。葉は卵形で羽状に切れ込む。花期は5~8月。花茎から青紫色の小花を多数穂状に付ける。花径は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードもうずいか(天鵞絨毛蕊花)

ビロードモウズイカ(学名:Verbascum thapsus)はゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草。草丈は100~200cm。原産地はヨーロッパの地中海沿岸。野原や道端で野生化。葉はビロード状の綿毛で覆われた柔らかい灰緑色。葉の大きくは30cmにもなる。上葉と下葉で大きさが極端に異なる。花期は6~8月。ロゼット状をした基部から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーマニア エラータ(Rehmannia elata)

レーマニア・エラータ(学名: Rehmannia elata )はゴマノハグサ科 レーマニア属の多年草。草丈は60~150cm。原産地は中国。ロゼット状に倒卵形の根出葉を出す。ロゼット葉の長さは25cm程度までなるが、花茎に着く葉は小型で互生する。花期は5~6月。ジギタリスに似た筒状の花を茎頂付近に着ける。花色は赤紫色で、花の長さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばみぞほおずき(大葉溝酸漿)

オオバミゾホオズキ(学名:Mimulus sessilifolius)はゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、ロシア(南千島) 。北海道、本州中部以北の高山の湿地などに自生する。地下茎を横に伸ばして群落をつくる。茎の断面は四角形で直立し、枝分かれしない。葉は長さ3~6cmくらいの卵形で、対生。葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベロニカ・プロストラタ(Veronica prostrata)

ベロニカ・プロストラタ(学名:Veronica prostrata)はゴマノハグサ科クワガタソウ属の耐寒性多年草。草丈は15~20cm。原産地はヨーロッパ。大草原に生え、地面を這うように広がっていく。葉は卵形から狭長楕円形で、軟毛 が密生し、葉縁は鈍鋸歯から全縁。花期は5~6月。茎頂に総状花序をだし、淡青色~ピンク色の花を咲かせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バコパ(bacopa)

バコパ(学名:Sutera)はゴマノハグサ科ステラ属の半耐寒性匍匐性多年草。草丈は5~15cm。原産地はアフリカ、カナリア諸島。小さな葉で這うように育つ。葉色は緑、薄黄、斑入りもある。花期は4~11月。小さな花がたくさん咲く。花径は1~1.5cm。花色はピンク、白、青色、うす紫。用途は鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケット。 デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きのくにすずかけ(紀国鈴掛)

キノクニスズカケ(学名:Veronicastrum tagawae)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は50~100cm。。原産地は日本。紀伊半島南部に分布し、川沿いの林に生える。茎は細く斜上し、短毛が生える。葉は長さ10~13cmの卵形で厚く光沢があり、互生して先は尾上に尖る。縁に三角状の鋸歯がある。花期は9~10月。葉腋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞくがいそう(蝦夷九蓋草、蝦夷九階草)

エゾクガイソウ (学名:Veronicastrum sachalinense)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は1~2m。原産地は。北海道に分布し、低地や山地の草地、林の縁などに生える。茎は直立し、葉は長楕円状披針形で柄がなく、5~10枚の葉を数段輪生させる。葉の先は尖り、縁には鋸歯がある。花期は7~8月。茎先の総状花序に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすかけそう(鈴懸草)

スズカケソウ(学名:Veronicastrum villosulum)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は中国、日本。岐阜県や徳島県などで自生状態で生育する。葉は互生し、葉身は卵形で縁に鋸歯がある。花期は7~8月。花は葉の付け根に青紫色の小さな花が集まり、花から雄しべが2本と雌しべが1本でる。名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうていらん(洞庭藍)

トウテイラン(学名:Veronica ornata)はゴマノハグサ科クワガタソウ属の耐寒性多年草。草丈は40~60cm。原産地は日本。海岸近くに生える。絶滅危惧種ではあるが、寒さ、暑さに強く強健。葉は対生し、披針形で長さ5~10cm。白に近いシルバーリーフ。花期は8~10月。茎の頂に多数の青紫色の花を穂状につける。名前は花色が中国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロンソア(Alonsoa)

アロンソア(学名:学名:Alonsoa warscewiczii (= A. meridionalis))はゴマノハグサ科アロンソア属の半耐寒性多年草または一年草。草丈は20~50cm。原産地はペルー、コロンビアなどの熱帯アメリカ。花期は5月後半~7月、9~10月。花色はピンク、赤、サーモン、オレンジ、白。ハンギングバスケット、コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つたばうんらん(蔦葉海蘭)

ツタバウンラン(学名:Cymbalaria muralis)はゴマノハグサ科(APG植物分類体系ではオオバコ科)ツタバウンラン属の一年草。草丈は20~80cmぐらい。原産地はヨーロッパ南西部~中部。つる性の植物。大正初期に園芸植物として輸入したものが、垣根の隙間や道端に野生化している。葉は掌状で長い柄があり、5~7裂に浅く裂け互…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディアスキア(Diascia)

ディアスキア(学名:Diascia barberae)はゴマノハグサ科ディアスキア属の一年草。草丈は20~50cm。原産地は南アフリカ。花期は5~11月。花は総状に多数咲き、花冠は2唇形で、下唇には2個の距が着く。花はピンク、白、オレンジなどがあり、園芸品種も色々。プランターや花壇、寄せ植えなど用途が広い。ディアスキアという名前はギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンサシア(Sansasia)

サンサシア(学名:Nemesia hybrids)はゴマノハグサ科ネメシア属の常緑多年草。草丈は20~30cm。原産地は南アフリカ。半這い性で横に広がる。花期は10~12月、2~5月。クリーム、パープル、レッド、ホワイト、イエロー、オレンジ といった彩り豊かな花が咲く。他のネメシアに比べ花が大きく、株も大きくなるのが特徴。鉢花、寄せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイトフロックス(Night Phlox)

ナイトフロックス(学名:Zaluzianskya capensis)はゴマノハグサ科ザサルジアンスキア属の半耐寒性多年草または一年草。草丈は20~30cm。原産地は南アフリカ。花期は5~6月。花は表が白色で裏が赤紫色を帯びた5弁の花。日中、花は半開きで花弁裏側の赤紫が目立ち、夕方から開花すると表側の色白が目立つ。夜中にはよい香を漂わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコパリア(Scoparia)

スコパリア(学名:Scoparia cv.))はゴマノハグサ科スコパリア属の常緑多年草(一年草扱い)。草丈は25~60cm。原産地は南アメリカ。葉は線状で細く、触れるとフルーツ香がする。花期は5~10月。真夏以降は花が少なくなる。 薄青紫や黄色の小花をたくさん咲かせる。花は枝先よりも内側で咲くことが多い。主な品種はリトルチュチュ(L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リナリア(Linaria)

リナリア(学名:Linaria)の日本での栽培は、リナリア・ピパルティタ、リナリア・マロッカナが多い。別名ヒメキンギョゾウ(姫金魚草)。 ●リナリア・ビパルティタ(学名:Linaria bipartita)はゴマノハグサ科ウンラン属の一年草。草丈は30cm前後。原産地は北アフリカ、イベリア半島南部。直立する茎に2.5~5cm程の線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベロニカ(Veronica)

ベロニカ(学名:Veronica)はゴマノハグサ科クワガタソウ属の総称、多年草。草丈は10~100cm。原産地はヨーロッパ中部~北アジア。ベロニカは自生地が広く、種類が多い(300種位)。日本にもクワガタソウ(鍬形草)(学名:Veronica miqueliana)やトウテイラン(洞庭藍)(学名:Veronica ornata)など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Alonsoa warscewiczii ■アロンソア(Alonsoa)  ▲ベニコチョウ  〔草〕 ●Angelonia angustifolia/salicariifolia ■アンゲロニア(Angel…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リオン(Lyon)

リオン(学名:Chelone lyonii)はゴマノハグサ科(オオバコ科)ケロネ属(ジャコウソウモドキ属)の耐寒性多年草。草丈は60~120cm。原産地は米国南東部。葉は卵形で先端が尖り、鋭い鋸歯がある葉が対生する。7~10月ごろ、茎頂にキンギョソウに似た総状花序をだし、淡い藤紫色の花を咲かせる。白花もある。リオンは学名のケロネ・リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くがいそう(九蓋草、九階草)

クガイソウ(学名:Veronicastrum japonicum)はゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。草丈は80~130cm。原産地は日本、韓国、中国。日本の本州に広く分布し、山地や高原の日当たりの良い草地に生育する。茎は円形で直立し、株立ちになる。葉は4~8枚が輪生し、単葉で長さ5~18cmの長楕円状披針形で先端がとがり、基部に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンステモン(Penstemon)

ペンステモン(学名:Penstemon spp.)はゴマノハグサ科(オオバコ科)ペンステモン属の多年草(低木)。草丈は30~80cm。原産地は北米、東南アジア。北アメリカを中心として約250種類が分布する。本来は毎年花を咲かせる多年草(もしくは低木)だが、日本では一年草として扱うこともある。花期は5~8月。花茎を長く伸ばして先端の開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コリンシア(Collinsia)

コリンシア(学名:Collinsia bicolor/heterophylla)はゴマノハグサ科コリンシア属の半耐寒性一年草。草丈は20~60cm。原産地は米国西部。花期は5~6月。花径は3㎝ほどで、輪生状に段になって次々と咲き、花期は長い。花色は白と紫紅色の複色花で対比が美しい花である。観賞用に花壇などに植栽される。別名ニショクコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミムラス(Mimulus)

ミムラス(学名:Mimulus x hybridus)はゴマノハグサ科ミムラス属の多年草(園芸上では一年草として扱い)。草丈は15~30cm。原産地は北アメリカ西部。花期は4~6月。花径は2~3㎝ほどで、黄、オレンジ、赤などの色がある。また、斑点の入った複色花がある。一つの花は咲いてから3日ほどでしぼんでしまうが新しい花が次々と絶え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まつばうんらん(松葉海蘭)

マツバウンラン(学名:Linaria canadensis)はゴマノハグサ科ウンラン属の一年草または二年草。草丈は10~60cm。北アメリカ原産。日本国内では本州、四国及び九州に帰化し、日当りの良い場所に生える。地面に這う茎があり、松葉に例えられた幅1~2mmの細い葉を付ける。4~6月に地表の葉に似合わないほどの高い花茎を付け、先端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more