テーマ:ゴマノハグサ科

おおいぬのふぐり(大犬の陰嚢)

オオイヌノフグリ(学名:Veronica persica)はゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草(一年草)。草丈は10~20cm。原産地はヨーロッパ。1890年頃に東京に帰化した。路傍や畑の畦道など日あたりのよい場所に生える。茎はよく分枝し、地面を這うように広がる。葉は対生で長さ1~2cm、粗い鋸歯がある。花期は」2~5月。花はコバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんぎょそう(金魚草)

キンギョソウ(学名:Antirrhinum majus)はゴマノハグサ科(APG分類体系ではオオバコ科)キンギョソウ属の耐寒性多年草(園芸上は一年草)。草丈は15~30cm(矮小種)、50~60cm(中性品種)、90~150cm(高性品種)。原産地は南ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸部。秋蒔き、春蒔き、温室用促成品種があり、長期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルセオラリア(Calceolaria)

カルセオラリア(学名:Calceolaria)はゴマノハグサ科(キンチャクソウ科)カルセオラリア属の非耐寒性一年草。草丈は15~30cm。原産地はチリ、メキシコ、ペルー、ニュージーランドなど。本来は多年性であるが、夏の暑さで枯れてしまうため、日本では一年草扱いる 。花期は3~5月。花色は黄色、赤の単色や、黄色と赤が混ざった花色のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネメシア(Nemesia)

ネメシア(学名:Nemesia caerulea)はゴマノハグサ科ネメシア属 の常緑多年草、秋まき一年草。草丈は15~ 30cm。南アフリカ原産。花期は3~6月、10~12月。春が最盛期。多年草種の宿根ネメシアがよく出回っているが、秋まき一年草の大輪ネメシアも春によく見かける。これらの交雑種もある。オレンジ、白、ピンク、紫など花色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレニア(Torenia)

トレニア(学名:Torenia fournieri)はゴマノハグサ科トレニア属の一年草。草丈は15~30cm。原産地はインドシナ。観賞用に栽培。葉は対生し、卵形で緑色のちに帯紫褐色。花期は5~10月。花付きが非常に良く、紫青色の唇形花をつける。花色は紫青色以外に、白、紫、ピンク、赤など。 めしべの先端が2つに割れており、そこに触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなちょうじ(花丁字)

ハナチョウジ(学名:Russelia equisetiformis)はゴマノハグサ科ラッセリア属の常緑小低木。高さは1~2m位。メキシコ原産。道路の法面や庭木として植えられている。葉は茎の基部に線形の細い長い葉をつける。花期は4~10月(10℃以上あれば一年中開花)。花は茎の先端に総状花序に長さ20~25㎜の細い筒状の紅色の花をさか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンゲロニア(Angelonia)

アンゲロニア(学名:Angelonia angustifolia/salicariifolia)はゴマノハグサ科アンゲロニア属の非耐寒性多年草。草丈は40~100㎝程度。原産地は中米北部、西印諸島。葉は濃緑でやや細長く、縁には鋸歯がある。株は根元から枝分かれして自然にまとまる。花期は6~10月。 ひとつの花は小さく1~2㎝程度だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジギタリス(Digitalis)

ジギタリス(学名:Digitalis purpurea)は、ゴマノハグサ科ジギタリス属(キツネノテブクロ属)の二年草、多年草。草背は40~160cm。ヨーロッパからアジアの中・西部が原産地。木漏れ日のさすような林の中や林縁に生育。ジキタリスは、ニ年草草本だすが、繁殖力が強く多年草のように生育している。茎が直立して分枝がなく、全体に短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リナリア・プルプレア (Linaria purpurea)

リナリア・プルプレア(学名:Linaria purpurea)はゴマノハグサ科ウンラン属の多年草。高さは45~90cm。ヨーロッパの南東部が原産。茎は直立。葉は狭い披針形。6~8月ごろ、長い総状花序に紫色の花を咲かせる。花色は紫色のほか、白色やピンク、紅桃色、藤色などがある。別名ムラサキウンラン(紫海蘭)、シュッコンリナリア(宿根L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きり(桐)

キリ(学名:Paulownia tomentosa)はゴマノハグサ科キリ属の落葉高木。高さは10~15m。原産地は中国。古くから各地で植栽される。葉は長い柄がある大きな広卵形で、軟腺毛を密生。花期は5~6月。枝頂に淡紫色の花を多数円錐状につける。真っ直ぐで節のないない材を得るために根元を切って若芽を育てることから「切りの木」の名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more