テーマ:サボテン科

くじゃくさぼてん(孔雀仙人掌)

クジャクサボテン(学名:Epiphyllum spp)はサボテン科クジャクサボテン属(エピフィルム属)の半耐寒性・常緑多年草の多肉性草本。草丈は30~200cm。原産地はメキシコ。熱帯域の森林で樹木に着生。細長く肉厚な葉は上に伸び支柱で支えられる。花期は4~6月。花は夕方から開花し、翌々日の昼まで開花。花径は5~30cm。花色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リプサリス・エリプティカ(Rhipsalis elliptica)

リプサリス・エリプティカ(学名:Rhipsalis elliptica)はサボテン科リプサリス属の常緑多年草。草丈は30~50cm。原産地はブラジル。葉のように見えるのは茎の変化した葉状茎で、長さは10cmあまりの長楕円形、多肉質で革質、周縁が少し波打っている。これが連なって不規則に伸ばし、長い茎を形成し下垂。光が強いときなどに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずいほうかぶと(瑞鳳兜)

ズイホウカブト(学名:Astrophytum capricornex Astrophytum asterias)はサボテン科アストロフィツム属の多肉植物(多年草)。草丈は50~120cm。原産地は園芸交配種。メキシコ北部原産の瑞鳳玉(Astrophytum capricorne)とメキシコ北東部およびアメリカ合衆国テキサス州南部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びゃくだん(白檀)

ビャクダン(学名:Chamaecereus silvestrii)はサボテン科エキノプシス属の匍匐性常緑多年草。草丈は15~30cm。原産地はアルゼンチン北西部。サボテンの一種で紐状または円柱状をした身体からは白い毛が出ており、小指程度の大きさで群生。刺は弱め。株の色は若緑だが、直射日光に当てると茶色や褐色に変色する。日当りのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんしゃち(金鯱)

キンシャチ(学名:Echinocactus grusonii)はサボテン科エキノカクツス属の多年草。草丈は~1.5m。原産地はメキシコ中部。大型の球状サボテン。直径30㎝から大きなものは1m以上に育つものもある。 鋭い棘は長く直線またはわずかに湾曲して黄色味を帯び、時には白色のものもある。1年を通して観賞価値がある。花期は春~秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

げっかびじん(月下美人)

ゲッカビジン(学名:Epiphyllum oxypetalum)はサボテン科クジャクサボテン属の多年草(常緑多肉植物)。草丈は30~300cm。原産地はメキシコ。熱帯雨林地帯に生育。クジャクサボテン類の母種の1つである。下部の茎は木質だが、上部の茎は葉状でよく枝分かれをする。 葉のように見えるのは茎が葉のように変化したものである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゃこばさぼてん(蝦蛄葉仙人掌)

シャコバサボテン(学名:Schlumbergera truncata)はサボテン科シュルンベルゲラ属の半耐寒性常緑多肉性植物(多年草)。草丈は20~50cm。原産地はブラジル南東部の園芸種。花期は11~1月。茎先に花芽を付け、 鮮やかで透明感のある花を咲かせる。花長は2~7cm、花色は橙、桃、赤、白、黄。繁殖は葉ざしで行なう。乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン科(Cactaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Astrophytum capricornex Astrophytum asterias ■ずいほうかぶと(瑞鳳兜)  ▲ユウセイルイ 〔草〕 ●Chamaecereus silvestrii ■びゃくだん(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more