テーマ:モクセイ科

まつかり(茉莉花)

マツリカ(学名:Jasminum sambac)はモクセイ科ソケイ属のつる性常緑低木。高さは1.5~2m。原産地はヒマラヤ。葉の形は楕円形。花期は7~11月。芳香のする白い筒型の花を咲かせる。花の先端は5弁に分かれている。花径は3.5cm。一重咲きと八重咲きがある。花は夕方から早朝に開き、時間がたつと紫がかったピンクに変色する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまもくせい(島木犀)

シマモクセイ(学名:Osmanthus insularis)はモクセイ科モクセイ属の常緑高木。高さは10~15m。原産地は日本、台湾、朝鮮半島。日本では本州(福井県以西、八丈島、小笠原)、四国、九州、琉球の主として亜熱帯、暖帯域に分布する。樹皮は灰色で全体無毛。葉は対生し、長さ7~11cmの狭長楕円形でやや薄い革質。花期は10月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とねりこ(戸練子、十練子)

トネリコ(学名:Fraxinus japonica)はモクセイ科トネリコ属の落葉高木。高さは約15m。原産地は日本。東北地方から中部地方にかけての温暖な山地の湿地に自生する。樹皮は暗褐色、縦に割れ目がはいる。葉は奇数羽状複葉、対生、長さ18~35cm、小葉の長さ5~15cm、2~3対の広卵形~長楕円形、先端は急に尖り、葉縁に浅い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はしどい(丁香花)

ハシドイ(学名:Syringa reticulata)はモクセイ科ハシドイ属の落葉性高木。高さは5~12m。原産地は東アジア。北方領土を含む北海道~九州の山地の林の中に生える。樹皮は灰白色。葉は幅の広い卵形で対生。葉の先は尖り、鋸歯はない。花期は6~7月。枝先に大きな円錐花序を出し、真っ白な小さな花を多数つける。花径は5mmくらいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あおだも(青ダモ)

アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)はモクセイ科トネリコ属の落葉小高木。高さは10~15m。原産地は日本、南千島、朝鮮半島。北海道~九州までの山地に広く分布。成熟した木の樹皮は地衣類が付着し白っぽい斑点模様ができる。葉は奇数羽状複葉で、3~7枚の小葉が対生する。小葉は10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やちだも(谷地ダモ)

ヤチダモ(学名:Fraxinus mandshurica)はモクセイ科トネリコ属の落葉高木。高さは~25m。原産地は。湿原の周辺などの湿潤地に生育する。樹皮は灰白色で皮目が点在し、浅い割目がある。葉は十字対生で、7~11枚の小葉からなる奇数羽状複葉、葉柄を含む長さは30~40cm。小葉は長楕円形で先がとがり、細かい鋸歯を持つ。雌雄異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょうせんれんぎょう(朝鮮連翹)

チョウセンレンギョウ(学名:Forsythia koreana)はモクセイ科レンギョウ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は朝鮮半島。シナレンギョウの変種とされる。葉縁上部にのみ鋸歯があるシナレンギョウに対して、葉縁全面に鋸歯があり、葉幅や花冠の裂片がそれぞれシナレンギョウより太い。雌雄異株。花期は3~4月。葉が出る前に、枝から、直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞいぼた(蝦夷水蝋)

エゾイボタ(学名:Ligustrum tschonoskii f. glabrescens)はモクセイ科イボタノキ属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本、樺太。北海道から九州にかけての山地の林の縁などに生育する。ミヤマイボタの葉の裏が無毛の品種。花期は6~7月。枝先に白い小花を密生させて咲かせる。花は筒型でイボタノキなどに良く似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はごろもジャスミン(羽衣Jasmine)

ハゴロモジャスミン(学名:Jasminum polyanthum)はモクセイ科ソケイ属の常緑蔓性低木。草丈はつる長100~300cm。原産地は中国南部。葉は対生し奇数羽状複葉で小葉は5~9枚、長さ2~3cmの卵状楕円形で葉先は尖り葉縁は細鋸歯がある。花時は3~5月。つるを長く伸ばしその先端に30~40輪の直径1.5~2.5cmの白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モクセイ科(Oleaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Abeliophyllum distichum ■うちわのき(団扇の木)  ▲シロレンギョウ  〔樹木〕 ●Chionanthus retusus ■ひとつばたご(一つ葉田子)  ▲ナンジャモンジャ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんなんきそけい(雲南黄素馨)

ウンナンキソケイ(学名:Jasminum humile var. glabrum)はモクセイ科ソケイ属の常緑半蔓性低木。高さは2~3m。原産地はヒマラヤ。葉は互生し、奇数羽状複葉です。3~5月ごろ、鮮やかな黄色い花を下垂して咲かせる。ヒマラヤソケイ(ヒマラヤ素馨)の近縁。京都府立植物園(2011/5/31)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤスミヌム・フルティカンス(Jasminum fruticans)

ヤスミヌム・フルティカンス(学名:Jasminum fruticans)はモクセイ科ソケイ属の常緑低木。高さは3~4m。原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ。4~5月、黄色の花を、上方の短枝に3~5個つく。花径は花筒とほぼ同長で1.5cmくらい。花冠は5裂する。葉質はやや厚い。京都府立植物園(2011/5/31)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たいわんそけい(台湾素馨)

タイワンソケイ(学名:Jasminum grandiflorum)はモクセイ科ソケイ(ジャスミン/ヤスミヌム)属の常緑つる性低木。つるは5mくらい伸びる。インド北部~ヒマラヤ原産。花期は7~10月。花は白く、花弁の外側が淡紅色。香りが強く夜は特によく香る。香水原料。別名ソケイ(素馨)、ロイヤルジャスミン(Royal Jasmine)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカひとつばだご(america一つ葉田子)

アメリカヒトツバタゴ(学名:Chionanthus virginicus)は、モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉小高木。高さ10m前後である。アメリカ東南部に自生し、京都府立植物園、小石川植物園など国内各地に生育されている。葉は、托葉のない単葉で、長い葉柄があり対生する。緑色、やや大きい楕円形である。裏面に毛が少ないが個体差がある。5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんなんおうばい(雲南黄梅 )

ウンナンオウバイ (学名:Jasminum mesnyi)はモクセイ科ソケイ属の常緑低木。中国西南部原産、明治初期に渡来。茎は根元から多数分枝し、上部で垂れ下がるので斜面への植栽が適している。若い茎は緑色で断面は四角形。低い稜があり太くなるにつれて断面は円形になる。葉は対生で3小葉からなり、頂小葉は5cm前後。花期は3~4月。直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はちじょういぼた(八丈水蝋)

ハチジョウイボタ(学名:Ligustrum ovalifolium var. pacificum)はモクセイ科イボタノキ属の半落葉低木(半常緑低木)。高さは3m。八丈特産。葉は対生。花期 5月下旬。花は小さいものがまとまり房状に咲く。花色は白色で、花の大きさは5mm。花弁の数は4枚。強い香りがする。実は、緑色から黒色に熟す。京都府立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちわのき(団扇の木)

ウチワノキ(学名:Abeliophyllum distichum)はモクセイ科ウチワノキ属の落葉低木。高さは約2m。朝鮮半島の中北部が原産。 昭和初期に渡来、観賞用に植栽される。葉は卵形で、先端が尖り対生する。花期は3~4月。葉の展開する前に白色または淡い紅色のレンキョウに似た花を咲かせる。雌雄異株。枝に4稜がある。蒴果は扁平な円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふいりひいらぎ(斑入り柊)

フイリヒイラギ(学名:Osmanthus heterophyllus 'Variegatus')はモクセイ科の常緑小高木。斑入り葉はかたくてギザギザで触ると痛い。クリーム色のふちどりが特徴。葉はつやが有り美しいので庭木や生垣、寄せ植えに利用される。木偏に冬と書く「柊」の漢字の通り、11月~12月にかけて白い芳香のある花を咲かせる。大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひいらぎ(柊)

ヒイラギ(学名:Osmanthus heterophyllus)はモクセイ科の常緑小高木。高さ4~8m。関東以西の山地に自生し、庭木にもされる。葉は対生し、長楕円形で鋭い鋸歯があり、質は硬い。その葉のトゲに鬼が目を突かれて退散したとの伝説から(鬼の目突き)の別名もある。節分にはイワシの頭を柊の枝に刺して玄関に置く魔よけの風習がある地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きそけい(黄素馨)

キソケイ(学名:Jasminum humile var. revolutum)はモクセイ科ソケイ属の常緑低木。高さ1~2m。ヒマラヤ原産。暖地で庭木とする。葉は3~7小葉からなる羽状複葉で、光沢がある。5~7月、枝先にらっぱ形で先が5裂する黄色の花を開く。名は黄色のソケイ(素馨)。素馨は中国の美女の名。ソケイの仲間(ジャスミン)は芳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎんもくせい(銀木犀)

ギンモクセイ(学名:Osmanthus fragrans)はモクセイ科モクセイ属の常緑低木~小高木。高さ4~6m。中国原産。庭木とされる。葉は対生でキンモクセイより幅の広い楕円形で鋸歯(きよし)があり、革質。雌雄異株。9~10月頃、葉腋(ようえき)に芳香のある白色の小花を多数束生する。別名モクセイ(木犀)。[季]秋。大阪長居植物園(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うすぎもくせい(薄黄木犀)

ウスギモクセイ(学名:Osmanthus fragrans var. thunbergii)はモクセイ科の常緑低木~小高木。高さ4~5m。枝は淡灰褐色である。葉は対生し短柄で狭長楕円形、鋭尖、鋭脚、深緑色である。雌雄異株。花は二期咲の性質があり、9~10月以外にも開花し、腋出し、束生する。微黄色で香気は弱い。核果は楕円体で暗碧色を呈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひいらぎもくせい(柊木犀)

ヒイラギモクセイ(学名:Osmanthus x fortunei)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木。高さ4~7m。原産地は中国。キンモクセイとヒイラギの雑種。葉は硬く、鋸歯は棘になっている。ヒイラギモクセイもヒイラギと同様に、時折全縁で棘のない葉が出る。棘のある葉を出している株でも、部分的に全縁の葉をつけていることも多い。両者が混…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

きんもくせい(金木犀)

キンモクセイ(学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木。高さは4~6m。原産地は中国。庭木として栽植される。葉は対生し、長楕円形~楕円状披針形で革質。幅はギンモクセイより狭く、鋸歯が少ない。質はギンモクセイよりやや薄く波打つ。花期は9~10月。雌雄異株。日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうねずみもち(唐鼠黐)

トウネズミモチ(学名:Ligustrum lucidum)はモクセイ科イボタノキ属の常緑高木。高さは10~15m。原産地は中国。日本には明治初期に渡来。庭木とする。ネズミモチに似るが、葉や花序が大きく、葉は対生し、長さ1~2cmの葉柄がある。葉身は卵形で先が細長く、表面は濃緑色で光沢があり、表裏ともに無毛。縁は全縁、光にかざすと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいよういぼた (西洋水蝋)

セイヨウイボタ(学名:Ligustrum vulgare)はモクセイ科の常緑低木。高さ3~4m。ヨーロッパとアフリカ北部が原産。刈り込みや大気汚染によく耐えるため、公園や生垣に植えられている。葉は対生し、長楕円形で全縁。5~6月ごろ、枝先の円錐花序に芳香のある白い花を咲かせる。花冠の先は4裂し、長い2個の雄しべが突きだしている。同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまとねりこ(島戸練子)

シマトネリコ(学名:Fraxinus griffithii))はモクセイ科トネリコ属の半落葉高木。高さは10~18m。原産地は日本、台湾、中国、フィリピン。沖縄に分布する。姿が優しいので、庭園や公園などに植栽されている。大きく成長し、材木は良材である。葉は奇数羽状複葉で、歪んだ長卵形の小葉が3~11枚。花期は5~7月。雌雄別株で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねずみもち(鼠黐)

ネズミモチ(学名:Ligustrum japonicum)はモクセイ科イボタノキ属の常緑低木~常緑小高木。高さは2~8m。原産地は日本、朝鮮半島、中国、台湾。暖地に自生。葉は対生し、卵形で厚く光沢がある。花期は5~6月。枝先に香りのある白色小花を円錐形に密生。果実は楕円形で、晩秋(10~12月)、紫黒色に熟し、漢方で強壮薬とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャスミン(Jasmine)

ジャスミン(学名:Jasminum)はモクセイ科ソケイ属(素馨属/ジャスミン属/ジャスミナム属 )の植物の総称。蔓性か低木状。ソケイ属の植物は世界で約300種類が知られている。 高さは1~2m。原産地はアジアからアフリカの熱帯あるいは亜熱帯地方。葉は単葉または羽状複葉。花期は5~7月。ほとんどの種は白または黄色の花を咲かせる。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリーブ(Olive)

オリーブ(学名:Olea europaea)はモクセイ科オリーブ属の常緑小高木。高さは3~8m。原産地は地中海地方。日本では香川県小豆島などで栽培。葉は対生し、長楕円形で革質。花期は5~6月。香りのある淡緑白色の小花をつける。果実は楕円形の核果で、未熟なものを塩漬けにして食用とし、熟果からはオリーブ油をとる。枝葉は平和の象徴とさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more