テーマ:モクセイ科

いぼたのき(水蝋の木、疣取木)

イボタノキ(学名:Ligustrum obtusifolium)はモクセイ科イボタノキ属の落葉低木。高さは2~4m。原産地は日本、台湾。北海道~九州の山野に生える。樹皮は灰白色~灰褐色。葉は対生し、長さ2~7cmの卵状長楕円形で全縁。花期は5~6月。枝先に白色4弁の筒状花を数個ずつ開き、秋に紫黒色の実を結ぶ。この樹に寄生するイボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつばたご(一つ葉田子)

ヒトツバタゴ(学名:Chionanthus retusus)はモクセイ科の落葉高木。高さ25~30m。山地にまれに生え、時に栽植する。樹皮は灰褐色。葉は楕円形で質が厚い。初夏(5月)、枝先に花冠が4深裂した白色の花を多数円錐状につける。秋に、直径1cm程度の楕円形の果実をつけ、黒く熟す。もと明治神宮外苑にあり、ナンジャモンジャの名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるばあおだも(丸葉青だも)

マルバアオダモ(学名:Fraxinus sieboldiana)はモクセイ科の落葉高木。高さ5~15m。北海道から九州、朝鮮に生育する。葉は奇数羽状で、対生。幼木の葉の小葉は丸みがあり、大きく成長すると小葉は細長く、先端が尖る傾向が強くなる。春(4~5月)に白い房状の花を咲かせる。雌雄異株であり、雌株の花序は雄株の花序に比べて花数が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しなれんぎょう(支那連翹)

シナレンギョウ(学名:Forsythia viridissima)はモクセイ科の落葉低木。高さ2~3m。中国原産。庭木、生垣、盆栽、切花用に栽植される。枝は直立し垂れない。葉は対生し長さ5~10cmの長楕円形~披針形で上半部は低い鋸歯。枝の切断面は薄板がある。花期4~5月、葉より先立って、花冠は長さ1.8~2.5cm、裂片は細く淡黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けあおだも(毛青だも)

ケアオダモ(学名:Fraxinus lanuginosa)はモクセイ科の落葉高木。高さ5~15m。山地に生える。若い枝,葉柄,花序などに粗い毛がある。葉は奇数羽状複葉、小葉は1~3対、小葉の先は鋭く尖り、ふちに細かい鋸歯がある。雌雄異株、4~5月、新しい枝の先や葉腋から円錐花序を出し,白い小さな花を多くつける。別名アラゲアオダモ。ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライラック(Lilac)

ライラック(学名:Syringa vulgaris)はモクセイ科ハシドイ属の落葉低木または小高木。高さは4~7m。原産地はヨーロッパ。観賞用に植える。葉は対生し、広卵形。花期は4~6月。枝先に多数の小花が円錐状につき、芳香を放つ。花色は紫、淡紫、青紫、白など。フランス語名リラ。別名ムラサキハシドイ(紫丁香花)。[季]春。写真は北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうばい(黄梅)

オウバイ(学名:Jasminum nudiflorum)はモクセイ科ソケイ属の落葉性半つる性低木。高さは1.5~2m。原産地は中国。江戸時代に渡来し、鉢植え・生け垣などにする。茎は緑色で四角く、長く伸び、接地すると発根する。花期は3~4月。葉に先立ってウメに似た黄色の高杯形の花を咲かせる。花に香りはほとんどない。別名ゲイシュンカ(迎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むらさきはしどい(紫丁香花)

ムラサキハシドイ(学名:Syringa vulgaris)はモクセイ科の落葉低木または小高木。ライラック参照。花期は4~6月。写真は神戸市立森林植物園(6/11)。 大阪長居植物園(9/23)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more