テーマ:ベンケイソウ科

みせばや(見せばや)

ミセバヤ(学名:Hylotelephium sieboldii、Sedum sieboldii)ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属(セダム属)の多肉性の多年草(宿根草)。草丈は5~60cm。原産地は日本、中国。くから園芸用に栽培されているものが日本全国各地に見られ、それらが逸出し群馬県などで野生化している。主に岩場に自生する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンゼルランプ(Angel Lamp)

エンゼルランプ(学名:Kalanchoe uniflora)はベンケイソウ科カランコエ属の多肉植物(多年草)。草丈は10~50cm。。原産地はマダガスカル。葉は丸形や楕円形のものが対生して厚く光沢をもち、茎は細くてほふく性がある。花期は3~5月。ランプの様な小花をたくさん咲かせる。崖や樹木などに着生し、茎が長くなると時には垂れ下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もりむらまんねんぐさ(森村万年草)

モリムラマンネングサ(学名:Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimurae)はベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本。東北~九州の山地や海岸の岩上に生育。メノマンネングサの変種。葉は卵形で光沢がある。秋~春の期間、葉がオレンジ色に紅葉する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なりきんそう(成金草)

ナリキンソウ(学名:Crassula ovata、Crassula portulacea)はベンケイソウ科クラッスラ属の多年草(多肉植物)、常緑低木。高さはは1~3m。原産地は南アフリカ。日本では昭和初期に渡来。葉は多肉質の長円形で長さ3cmくらい、明るい緑色で金属樣の光沢があり、辺縁部は赤く、特に秋から冬に鮮やかな色になる。葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわべんけい(岩弁慶)

イワベンケイ(学名:Rhodiola rosea)はベンケイソウ科イワベンケイ属の多年草。草丈は30cm程度。原産地は日本など。本州中部以北~北海道の山の高山や海岸の岩場に生える。ベンケイソウの一種でCAM型光合成を行うため乾燥に強い。葉は鋸歯が低く全体により肉厚で無毛。花期は5~8月。黄緑色の花をつける。雌雄異株で、雄株の花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カランコエ(Kalanchoe)

カランコエ(学名:Kalanchoe blossfeldiana)はベンケイソウ科リュウキュウペンケイ属(カランコエ属)の非耐寒性多年草/低木(常緑多肉植物)。草丈は20~40cm。原産地はマダガスカル島~南アフリカ。カランコエ属はたくさんの種類があり、主に多肉植物ですが、単にカランコエといえば、小さな美しい花を茎頂にたくさん咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みせばや(見せばや)

ミセバヤ(学名:Sedum sieboldii)はベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属の多肉性の多年草。草丈は10~60cm。原産地は日本、中国。古くから園芸用に栽培されているものが日本全国各地に見られ、それらが逸出し群馬県などで野生化している。主に岩場に自生する。葉は円形で表面は薄く白粉をはたいたような銀緑色で赤く縁取られ、厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるまんねんぐさ(蔓万年草)

ツルマンネングサ(学名:Sedum sarmentosum)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。草丈は15~30cm。原産地は中国、朝鮮半島。道端や河川敷に生育する。繁殖力が旺盛で、地を這うようにしてつぎつぎと殖えていく。花をつけない茎は匍匐する。花茎は斜上し、紅色を帯びる。葉は3枚ずつ輪生し、倒披針形で長さ1.5~3cm。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きりんそう(麒麟草、黄輪草)

キリンソウ(学名:Phedimus aizoon var. floribundus)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。草丈は5~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ロシア。北海道~九州の山地の日当たりのよい岩上などに生える。茎は太く、葉は肉厚で、長さ2~7cmの倒卵形または長楕円形で互生し、縁は中央から先端にかけて鋸歯形状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セダム・レフレクスム(Sedum reflexum)

セダム・レフレクスム(学名:Sedum reflexum)はベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の常緑多年草 。草丈は15~30cm。原産地はヨーロッパ中西部。葉は針葉樹ににて円柱状の針形。マット上に群生する。花期は6~8月。黄色の花。別名 レフレクサム(reflexum)、サカサマンネングサ(逆万年草)、サカサベンケイソウ(逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てかりだけきりんそう(光岳麒麟草)

テカリダケキリンソウ(学名:Sedum aizoon var. floribundum)はベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は南アルプスの光岳(てかりだけ)。亜高山帯の岩場や礫地に生え、キリンソウ(麒麟草)の地域変異種。キリンソウより小型。、茎が直立または斜上。葉は厚く、葉の縁が赤みを帯びる。6~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンケイソウ科(Crassulaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Crassula ovata、Crassula portulacea ■なりきんそう(成金草)  ▲カゲツ、カネノナルキ、クラッスラ、オウゴンカゲツ、フチベニベンケイ  〔樹木〕 ●Hylotelephiu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めのまんねんぐさ(雌の万年草)

メノマンネングサ(学名:Sedum japonicum)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。草丈は10~15㎝。本州、四国、九州、沖縄に分布し、山地や海岸の岩上に生える。別種オノマンネングサ〈雄の万年草〉に対する名。茎ははって上部が直立する。葉は円柱形で長さ5~12㎜。花期は5~6月。上部で分枝した枝先の花序に濃い黄色い星形の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セダム・アクレ(Sedum acre)

セダム・アクレ(学名:Sedum acre)はベンケイソウ科セダム属の多年草。草丈は5~10cm。原産地はヨーロッパ。北アメリカにも自生。葉はシンプルで、滑らかで水気が多い。3~5月に黄色い花を咲かせるヨーロッパのコケのような匍匐性ベンケイソウ。別名ヨーロッパマンネングサ(ヨーロッパ万年草)。京都府立植物園(2011/5/31)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコまんねんぐさ(メキシコ万年草)

メキシコマンネングサ(学名:Sedum mexicanum)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。草丈は10~15cm。原産地は不明。米軍の関係者が日本に持ち込んだという説があり、本州の関東以西、四国、九州に帰化している。比較的容易に栄養生殖で増える。花茎は直立し、茎や葉は鮮緑色になり、黄色や赤色を帯びない。葉は線状楕円形で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こもちまんねんぐさ(子持万年草)

コモチマンネングサ(学名:Sedum bulbiferum)はベンケイソウ科マンネングサ属の2年草。高さ6~20cm。本州~九州の道端や水田のあぜなどに生える。全体がやわらかくて弱々しい。葉のわきに珠芽(ムカゴ)をつける。根もとの葉は対生し卵形、上部のものは互生しへら型。5~6月、茎の先から枝を分けて、黄色の花が片側に並んでつく。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more