テーマ:ミズキ科

さんごみずき(珊瑚水木)

サンゴミズキ(学名:Cornus alba var. sibirica)はミズキ科ミズキ属はの落葉低木。高さは1~3m。原産地はシベリア、日本。シラタマミズキ(Cornus alba)の変種。葉は卵形楕円状、緑色で、葉裏は白っぽい。互生。枝は叢状に真っ直ぐ立っており、秋の落葉の頃から鮮やかなサンゴ色になる。花期は5~6月。枝先に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じょうりょくやまぼうし(常緑山法師)

ジョウリョクヤマボウシ(学名:Cornus hongkongensis)はミズキ科ミズキ属の常緑高木。高さは5~7m。原産地は中国。葉は緑色の単葉。花期は5~6月。小さい白、クリーム色の花を枝一面に咲かせる。花が咲く年と咲きにくい年があるよう。8~10月には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟す。果実は食用になる。常緑ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんれんぼく(旱蓮木)

カンレンボク(学名:Camptotheca acuminata)はミズキ科(ヌマミズキ科)カンレンボク属の落葉高木。高さは20~30m。原産地は中国。葉は長楕円形で大きく光沢があり、葉脈がはっきりしている。 互生に付き、葉表毛は無毛だが、葉裏の基部には綿毛が密集する。花期は7~9月。夏に淡黄色の花を咲かせ、秋に黄緑色をした球形の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずき(水木)

ミズキ(学名:Swida controversa)はミズキ科ミズキ属の落葉高木。高さは10~15m。原産地は日本、アジア東南部。北海道~九州の山地に生育。枝を扇状に四方に広げる。若枝は紫紅色で、はじめ細かい毛をもつが、のちに無毛になる。葉は長さ2~5cmの葉柄をもって互生し、広卵形から楕円形で縁は全縁、先はとがる。裏面は白く、弓形に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズキ科(Cornaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Aucuba japonica ■あおき(青木)  ▲-  〔樹木〕 ●Benthamidia florida ■はなみずき(花水木)  ▲アメリカヤマボウシ  〔樹木〕 ●Benthamidia …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごぜんたちばな(御前橘)

ゴゼンタチバナ(学名:Cornus canadense)はミズキ科ゴゼンタチバナ属の多年草。草丈は5~15cm。北海道、本州、四国に分布し、亜高山帯の針葉樹林下や林縁に生育する。葉は2枚の対生葉と液性の短枝に2個ずつ葉が付き、計6枚の輪生に見える。花の咲く株は葉が6枚にまで成長したものである。花期は5~8月。花は4枚の白い総苞に囲ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまのみずき(熊野水木)

クマノミズキ(学名:Swida macrophylla)はミズキ科ミズキ属の落葉高木。高さは 10~18m。原産地は日本、朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ。本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に分布。樹皮は灰黒緑色。葉は単葉で対生し、葉身は卵形ないし長楕円形または卵状長楕円形で、長さ10~17cm、幅は5~10cm。葉の表面は緑色でやや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまぼうし(山法師)

ヤマボウシ(学名:Benthamidia japonica)はミズキ科ミズキ属(ヤマボウシ属)の落葉高木。高さは3~15m。原産地は日本、台湾、中国、朝鮮半島。各地の低山に自生し、庭木ともされる。葉は対生し、楕円形で先がとがる。初夏(6~7月)、小枝の先に白色花弁状の苞を四個つけ、中央にごく小さい花を密生。果実は集合果で赤熟し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はないかだ(花筏)

ハナイカダ(学名:Helwingia japonica)はミズキ科の落葉低木。高さ1~2m。山中の林下に自生。枝は緑色。葉は互生し、広卵形。雌雄異株。5~6月、葉面中央部に淡黄緑色のごく小さい4弁花を少数個つける。和名は花を乗せた葉を筏に見たてたもの。果実は球形で黒く熟す。別名ママッコ、ヨメノナミダ。[季]春。写真は大阪城北公園(6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなみずき(花水木)

ハナミズキ(学名:Benthamidia florida)はミズキ科ミズキ属の落葉高木。高さ5~12m。原産地は北米。園芸種。アメリカの東部海岸からメキシコにかけて分布する。昔は、植物園に植栽されている程度であったが近年は広く庭園、街路樹などとして植栽されている。ワシントンのポトマック河畔に植栽されているソメイヨシノの返礼として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あおき(青木)

アオキ(学名:Aucuba japonica)はミズキ科アオキ属の常緑低木。高さは1~3m。原産地は日本。林地に自生。若い枝は緑色を帯びる。葉は厚く光沢があり長さ8~20cmの長楕円形。まばらな鋸歯がある。花期は3~5月。雌雄異株。紫褐色の4弁花の小花をつけ、雌株は10~12月に赤熟する長楕円形の実を結ぶ。庭木とされ、園芸品種が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さんしゅゆ(山茱萸)

サンシュユ(学名:Cornus officinalis)はミズキ科ミズキ属の落葉小高木。高さは5~10m。原産地は中国、朝鮮。江戸中期に渡来。花木・薬用植物として栽植。樹皮は黒褐色で剥落(はくらく)する。葉は楕円形。花期は3~4月。葉より先に枝頂に黄色の小花を多数散形につける。10~12月 、珊瑚のような赤い果実を多数つける。果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more