テーマ:カバノキ科

やしゃぶし(夜叉五倍子)

ヤシャブシ(学名:Alnus firma)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木。高さは1~15m。原産地は日本固有種。西日本に多く自生。樹皮は灰褐色で、老木になるにつれ短冊状にはがれてくる。枝はよく分岐する。葉は互生し、葉身は狭卵形で基部は円形。細かい重鋸歯がある。花期は3~4月。雌雄同株、雌雄異花。葉に先立って、黄色い紐状の花を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うだいかんば(鵜松明樺)

ウダイカンバ(学名:Betula maximowicziana)はカバノキ科カバノキ属の落葉高木。高さは15~30m。原産地は日本。北海道、本州の中部以北 山地の林内などに生育。樹皮は灰色または黄褐色で、皮目が横に伸び、樹皮も横に剥がれていく。葉は長さ8~14cmの広卵形で、カバノキ属の中で最も大きい葉で、短い枝の上に2枚の葉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だけかんば(岳樺)

ダケカンバ(学名:Betula ermanii)はカバノキ科カバノキ属の落葉高木。高さは15~20cm。原産地は日本。北海道、本州の中部以北、四国の高山や北地の山地に生える。樹皮は灰褐色または淡褐色を帯び、紙状に剥がれる。葉は三角状広卵形で先はとがり、縁には細かい重鋸歯(きょし)がある。花期は5~6月。雌雄同株で、雄花序は尾状で前年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はしばみ(榛)

ハシバミ(学名:Corylus heterophylla var. thunbergii)はカバノキ科ハシバミ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本、ロシア沿海地方~東アジア北東部。日本列島全域に生育。葉は広倒卵形で、先端は鋭く尖り、基部はハート形。縁には不揃いの重鋸歯がある。雌雄同株。花期は3~4月。葉の展開前に下垂した花序に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわらはんのき(河原榛の木)

カワラハンノキ(学名:Alnus serrulatoides)はカバノキ科ハンノキ属の落葉小高木。高さは2~5m。原産地は日本。本州(中部以西)、四国、九州の丘陵帯の河原に分布。雌雄同株。樹皮は暗褐色で皮目があり、よく分枝する。葉は単葉で互生。葉身は広卵形で長さ5~10cm。葉の表面は濃緑色。裏面は淡緑色、葉脈に毛が多い。葉縁は微細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバノキ科(Betulaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Alnus firma  ■やしゃぶし(夜叉五倍子)  ▲-  〔樹木〕 ●Alnus japonica  ■はんのき (榛の木)  ▲ハリノキ、ハリ  〔樹木〕 ●Alnus pendul…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいようはしばみ(西洋榛)

セイヨウハシバミ(学名:Corylus avellana)は、カバノキ科ハシバミ属の落葉小高木。高さは5~7m。原産地は欧州大陸部から地中海域。雌雄異花。早春(2~3月)、葉より早く花を付け、果実は秋にかけて熟し、自然に落果する。果実はドングリ型の堅果で果皮は褐色、総苞に包まれる。種皮は赤褐色で薄い。子葉は白色で脂肪を多く含み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわしば(沢柴)

サワシバ(学名:Carpinus cordata)はカバノキ科クマシデ属 の落葉高木。高さは10~15m。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ウスリー地方。山地に生える。葉は互生し、広卵形で先は尖り、基部は深い心形、縁に鋸歯がある。4~5月新葉とともに尾状の花穂を下垂。同属種には雑木林に生えるアカシデ、イヌシデ、クマシデがあるが、本種は沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずめ(水芽)

ミズメ(学名:Betura grossa)はカバノキ科カバノキ属の落葉高木。高さ10~15m。本州(岩手以南)、四国、九州の丘陵帯から山地帯でみられる。樹皮は灰色~暗褐色、横の長い皮目、サクラの皮目に似ている。枝に特有の臭気(サロメチールの臭い)がある。葉は単葉で互生し、短枝には2枚束生。葉身は卵形。葉の表面は濃緑色、裏面は灰白緑色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぬしで(犬四手)

イヌシデはカバノキ科の落葉高木。高さ約20m。本州岩手県以南、四国、九州に分布する。多くは二次林に生育し、山道の側などで多い。葉は互生し、不規則な重鋸歯がある。長さ4~8cmで側脈が著しく、12~15対の側脈がある。若枝や葉には毛が多く、葉にはうぶ毛がある。表面の毛は脱落しやすいが、一部は秋まで残る。裏面の毛は著しく、特に脈腋や脈上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くましで(熊四手)

クマシデ(学名:Carpinus japonica)はカバノキ科の落葉高木。高さ10~15m。山中に生える。4~5月に葉の展開とともに咲く。雌雄異花で花序はともに穂状。緑色でやや赤味がさす雌花序は枝の先端から若葉とともに伸びて下垂する。赤味を帯びた黄褐色の雄花序はその下部から垂れ下がる。葉は長楕円形。果穂は長い柄があって下垂し、大形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかしで(赤四手)

アカシデ(学名:Carpinus laxiflora)はカバノキ科クマシデ属の落葉高木。高さ約15m。原産地は北海道~九州、朝鮮半島、中国。新芽は紅色を帯びる。樹皮は暗灰白色でなめらかだが、皮目が多く隆起する。葉は単葉で互生する。葉身は卵形で、長さ3~7cm、幅は2~3.5cm、葉の表面は鮮緑色で粗毛、裏面は淡緑色で粗毛。葉縁は不整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しらかば(白樺)

シラカバ(学名:Betula platyphylla var. japonica)はカバノキ科カバノキ属の落葉高木。高さは20~30m。原産地は日本、アジア北東部。:北海道が本州の中部地方にかけての:高原や山地の日当たりのよい場所に生える。樹皮は白く、薄くはげる。葉は三角状の広卵形で先が尖り、縁には鋸歯があり、対生。 また、葉脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つのはしばみ(角榛)

ツノハシバミ(学名:Corylus sieboldiana)はカバノキ科の落葉低木。山地に生える。高さ3~5m。葉は倒卵形または楕円形。葉の表面は淡い緑色、裏面は緑色。両面ともまばらな毛。葉縁は不整の重鋸歯で葉先は急鋭尖頭となる。側脈は8~10対。雌雄同株で、春(3~5月)、花は葉の展開と同時に咲く。雌雄同株、雌雄異花。雄花序は長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばやしゃぶし(大葉夜叉五倍子)

オオバヤシャブシ(学名:Alnus sieboldiana)はカバノキ科の落葉小高木。 高さは5~10m。樹皮は灰褐色。老木になると樹皮がはがれる。葉は単葉で互生。葉身は長卵形または三角状卵形。長さ6~12cm、幅3~6cm。葉の表面は濃緑色で光沢があり無毛。裏面は淡緑色。葉縁は鋭い重鋸歯。側脈は12~16対。花は葉が展開するのと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひめやしゃぶし(姫夜叉五倍子)

ヒメヤシャブシ(学名:Alnus pendula)はカバノキ科ハンノキ属の落葉低木~小高木。高さは4~10m。原産地は日本、朝鮮半島、中国北部、南千島。北海道、本州、四国の崩壊地に多く、植栽されている。よく分枝し、樹皮は暗灰褐色。葉は単葉で互生。葉身は長さ4~12cmの長楕円状披針形または卵状長楕円形。葉の表面は濃緑色、裏面は淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はんのき (榛の木)

ハンノキ(学名:Alnus japonica)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木。高さは15~25mに達する。原産地は日本、中国。本州茨城県以西~九州の山野の湿地に自生。幹は直立し、。樹皮は紫褐色で縦に割れてはげる。水田の畔に稲掛け用に植える。雌雄同株。花期は2~3月。葉の出る前に暗紫褐色の尾状の雄花穂と、紅紫色の小さい雌花穂をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらばはんのき(桜葉榛の木)

サクラバハンノキ(学名:Alnus trabeculosa Hand.-Mazz.)はカバノキ科の落葉小高木。高さ:10~15m。本州(岩手・新潟県以西)、九州(宮崎県)に分布。葉は互生。ハンノキに似ているが葉は円形または、心形にやや切れ込む。先端は尖る。表面には光沢がある。側脈はへこみ,裏面に隆起する。ふちには浅い不揃いの鋸歯(き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more