テーマ:越年草

こけりんどう(苔竜胆)

コケリンドウ(学名:Gentiana squarrosa)はリンドウ科リンドウ属の越年草。草丈は2~10cm。原産地は日本、朝、中国。茎は全体によく分枝して密にパピラ(乳頭状突起 )がある。根生葉はロゼットになり、開花期に枯れ、葉柄は長さ1~2㎝、密にパピラがある。葉身は長さ2~4㎝の卵状披針形~卵形~卵状円形。花期は3~6月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまじのぎく(山路野菊)

ヤマジノギク(学名:Aster hispidus、Heteropappus hispidus)はキク科シオン属の越年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。本州東海地方以西、四国、九州の日当たりよい乾いた草地、崩壊地、岩山などに生える大型の野菊。普通2年草で、1年目はロゼットで過ごし、2年目に花をつけ実を結ぶと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールラビ(Kohlrabi)

コールラビ(学名:Brassica oleracea var. gongylodes)はアブラナ科アブラナ属の越年草。草丈は20~30cm。原産地は地中海沿岸。野生の「キャベツ」から、人為選別された品種。花期は4月。黄色い花。球状に肥大した紫色 (中身は薄緑色) の茎部を食用とする。風味や食感はブロッコリーの茎やキャベツの芯にや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more