テーマ:一年草

ちょうせんあさがお(朝鮮朝顔)

チョウセンアサガオ(学名:Datura metel)はナス科チョウセンアサガオ属(ダチュラ属)の一年草。草丈は100~150cm。原産地は南アジア。江戸時代 (1684年) に薬用植物としてもたらされ、現在は本州以南で帰化、野生化している。茎はよく枝分かれする。茎は直立し、多くの枝にわかれ、淡緑色。葉は互生するが、しばしば対生状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべりひゆ(滑りひゆ)

スベリヒユ(学名::Portulaca oleracea)は、スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草(多年草)。草丈は5~10cm。原産地は南アメリカ。日本全土の日当たり良好な畑などに自生する。農業において執拗な雑草として嫌われる。地域によっては食料として畑作もされる。茎は赤紫色を帯び、地を這って分枝。葉は長円形の肉質で互生。花期は7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こもちなでしこ(子持ち撫子)

コモチナデシコ(学名:Petrorhagia prolifera)はナデシコ科イヌコモチナデシコ属の越年草。草丈は10~50cm。原産地はヨーロッパ。帰化植物。荒れ地や河川敷に生える。茎は無毛、ときに逆向きの剛毛を散生し、大きな個体では根際からよく分枝する。葉は線形で長さ2~3cm、対生し、基部は合着して茎を抱く。縁どりは上向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ままこな(飯子菜)

ママコナ(学名:Melampyrum roseum var. japonicum)はハマウツボ科(ゴマノハグサ科)ママコナ属の一年草。草丈は20~50cm。原産地は日本、朝鮮半島。北海道~九州丘陵、山地の林縁や草原などに生育する半寄生植物。花軸や萼には白毛がやや密に生える。葉は長さ2~8cmの長卵形で、両端は尖り、0.3~1.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずおおばこ(水大葉子、水車前草)

ミズオオバコ(学名:Ottelia alismoides)はトチカガミ科ミズオオバコ属の一年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、アジア、オーストラリア。北海道~沖縄の湖沼や溜池、水路、水田などに生える沈水植物。葉がオオバコに似ていて、水中に生える。水深によってサイズと葉形は大きく変化し、水田で見かける小形の植物体と、溜池など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプレーマム・セザンヌ(Spray mum Cezanne)

スプレーマム・セザンヌ(学名:Chrysanthemum ’Cezanne’)はキク科キク属の耐寒性多年草(一年草)。草丈は30~70cm。原産地は園芸作出品種(オランダ、イギリス、アメリカ)。1本の茎から 5~10の枝が出る。花期は8~11月。黄色の筒状花と、濃い紅色に白い縁取りの舌状花。花径が 4~10cmで房状に咲く。欧米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるまめ(蔓豆)

ツルマメ(学名:Glycine max subsp. soja、Glycine soja)はマメ科ダイズ属のつる性一年草。草丈は1~4m(蔓の長さ)。原産地は日本、朝鮮、中国、ロシア 。日本全土の野原や道ばたなどに生える。ダイズ(大豆、学名:Glycine max subsp. max)の原種とされる。茎は軟弱で、下向きの粗い毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダツラ(Datura)

ダツラ(学名:Datura)はナス科チョウセンアサガオ属(ダツラ属)の一年草。草丈は80~100cm。原産地は熱帯アメリカ、インド等の熱帯アジア。葉っぱはナスに近い。花期は7~10月。花はラッパ型で上から横向きに咲く。花色は白、紫、黄色などがある。一重の他、花びらが重なった二重や三重になるものもある。花径は15~20cm。花後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるばるこうそう(丸葉縷紅草)

マルバルコウソウ(学名:Quamoclit coccinea)はヒルガオ科ルコウソウ属の蔓性一年草。草丈は2~5m。原産地は中央アメリカ。日本へは江戸時代の末期に観賞用として渡来。本州の関東地方から九州にかけての空き地や荒地などに生育。左巻きの蔓性である。葉は卵形で、互生。葉の先は尖っており、つけ根の部分は心形で葉柄がある。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かなむぐら(鉄葎)

カナムグラ(学名:Humulus japonicus、Humulus scandens)はアサ科(以前はクワ科に分類されていた)カラハナソウ属のつる性一年草。草丈は50~100cm 。原産地は日本、台湾、朝鮮半島、中国。荒れ地や道端に自生する。茎は長く伸び、下向きのトゲ(刺)が他の物にからまり右巻きに伸びる。葉は対生し掌状に5~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やなぎたで(柳蓼)

ヤナギタデ(学名:Persicaria hydropiper)はタデ科イヌタデ属の一年草。草丈は40~60cm。原産地は北半球全般。北海道~沖縄の水湿地に生える。葉は披針形、基部はくさび形、長さ5~10cm。花期は9~10月。花はまばらな穂状につく。花被は淡紅色で腺点が多く、4~5裂し、長さ3~3.5mm。ヤナギタデは全草が辛く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イビセラ・ルテア(Ibicella lutea)

イビセラ・ルテア(学名:Ibicella lutea、Martynia lutea)はツノゴマ科(APG植物分類体系、クロンキスト体系ではゴマ科)イビセラ属の一年草。草丈は50~100cm。原産地は北アメリカ南部~メキシコ。葉、茎全体が毛で覆われ、粘液を分泌し、絡み付いた虫を消化・吸収する食虫植物。花期は7~9月。鮮やかな黄色い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とかどへちま(十角糸瓜)

トカドヘチマ(学名:Luffa acutangula)はウリ科ヘチマ属のつる性一年草。草丈は3m以上。原産地はインドから東南アジア。東南アジアでは比較的ポピュラーな野菜として栽培されている。国内でも沖縄や九州の一部地域で食用に栽培されている。トカドヘチマはヘチマ(糸瓜、学名:Luffa cylindrica)と近縁。葉の切れ込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごま(胡麻)

ゴマ(学名:Sesamum indicum)はゴマ科ゴマ属の一年草。草丈は約100~150cm。原産地はインド~エジプト。国内では鹿児島県、茨城県、沖縄県などで生産されている。花期は7~8月。葉腋に薄紫色、白、薄桃色の花をつけ、実の中に多数の種子を含む。主に種子が食材、食用油など油製品の材料とされ、古代から今日まで世界中で利用さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーレースフラワー(Blue lace flower)

ブルーレースフラワー(学名:Trachymene coerulea、Trachymene caerulea)はウコギ科(セリ科、チドメグサ科)トラキメネ属の一年草。草丈は50~100cm。原産地はオーストラリア 。太めの花茎を長く伸ばして咲く。葉は切れ込みが細かく入るが、花が咲く頃には目立たなくなる。花期は5~7月。 花は、傘状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンファロデス・リニフォリア(Omphalodes linifolia)

オンファロデス・リニフォリア(学名:Omphalodes linifolia)はムラサキ科オンファロデス属の耐寒性一年草。草丈は20~40cm。原産地はヨーロッパ、北アフリカ、アジア。葉は青みがかった緑。花期は4~6月。すらりと伸びた茎にに6~7mmの小さな純白の花が群れ咲く。別名オンファロデス(Omphalodes)。オンファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダみみなぐさ(オランダ耳菜草)

オランダミミナグサ(学名:Cerastium glomeratum)はナデシコ科ミミナグサ属の越年草。草丈は10~30cm。原産地はヨーロッパ。日本へは明治時代の末期に渡来。水田の裏作、畑地、草地、荒れ地、道端など、全国至るところに生える。葉は卵形~長い楕円形で対生、やや淡緑色。花期は3~5月。茎先に白い五弁花がまとまってつく。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こなぎ(小菜葱、小水葱、子水葱、子菜葱)

コナギ(学名:Monochoria vaginalis var. plantaginea、Monochoria vaginalis)はミズアオイ科ミズアオイ属の一年草。草丈は10~40cm。原産地は東南アジア。主に本州~九州に発生し、北海道では少ない。稲作に付随して日本に伝来したとされ、有機水田では、最も一般的な水田雑草。池や河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なべな(鍋菜、山芹菜、続断)

ナベナ(学名:Dipsacus japonicus)マツムシソウ科ナベナ属の越年草。草丈は100~200㎝。原産地は日本、朝鮮、中国。本州、四国、九州の山地の日当たりの草地に生育。茎はよく分枝し、全体に刺状の剛毛が生え。葉は対生し、羽状に裂け、裂片は楕円形で縁に鋸歯があり、表面に剌毛がある。葉は対生し、羽状に全裂し、鋸歯縁。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しろざ(白藜)

シロザ(学名:Chenopodium album)はアカザ科(APG植物分類体系ではヒユ科)アカザ属の一年草。草丈は60~150cm。原産地はユーラシア。日本には古い時代に帰化したと考えられている。各地の畑や道ばた、荒れ地などに生える。葉は下部の葉は菱状卵形~卵形、上部の葉は細長い。ふちに不ぞろいの歯牙がある。若葉や葉の裏面は白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶたばこ(藪煙草)

ヤブタバコ(学名:Carpesium abrotanoides)はキク科ヤブタバコ属の1~越年草。草丈は25~150cm。原産地は日本、朝鮮、中国、ヒマラヤ。日本全土の人家近くのやぶや林のふちなどに多い。根際から生える葉と茎の下部につく葉は広めの楕円形で皺があり、縁には鋸歯がある。 茎の上部につく葉は長めの楕円形で、葉は互生。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やくしそう(薬師草)

ヤクシソウ(学名:Youngia denticulata、Crepidiastrum denticulatum)はキク科オニタビラコ属(アゼトウナ属)の越年草(二年草)。草丈は30~120cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、インドネシア、インド。北海道~九州の山野の日当たりのよいところに生える。茎は赤紫色を帯びるものが多い。根生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルこみかんそう(ブラジル小蜜柑草)

ブラジルコミカンソウ(学名:Phyllanthus tenellus、Phyllanthus corcovadensis)はトウダイグサ科コミカンソウ属の一年草。草丈は20~50cm程度。原産地はインド洋諸島。日本に帰化したのは比較的最近で、1992年に福岡で発見され、その後関東から九州まで帰化していることが知られている。茎はや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかざ(藜)

アカザ(学名:Chenopodium album var. centrorubrum)は、アカザ科(APG植物分類体系ではヒユ科)アカザ属の一年草。草丈は:60~150cm。原産地は中国。日本全土の畑や空地などに多い雑草。葉は菱形状の卵形で、互生。 縁に波形の切れ込みがある。花期は7~10月。黄緑色をした粒状の花を穂状につける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うさぎのお(兎の尾)

ウサギノオ(学名:Lagurus ovatus)はイネ科ウサギノオ属の一年草。草丈は10~40cm。原産地は地中海沿岸。千葉~岡山の荒地や路傍に生育。全体に毛がたくさん生えている。葉は幅の狭い披針形。花期は4~7月。長さ4cmくらいの果球型~楕円形の白い穂をつける。花の後にできる実はえい果。別名ラグラス(Lagurus)、ウサギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンシキギリア

サンシキギリア(学名:Gilia tricolor)はハナシノブ科ヒメハナシノブ属の一年草(多年草)。草丈は30~90cm。原産地は米国(カリフォルニア州)。標高1200m未満の山地や丘陵に生える。葉は羽状複葉で裂片は細かく、表面は毛に被われる。花期は4~6月。茎頂に芳香のある漏斗形の薄紫色からピンク色の花を咲かせる。花冠の咽部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまねこのめそう(山猫の目草)

ヤマネコノメソウ(学名:Chrysosplenium japonicum)はユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草(一年草)。草丈は10~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。北海道~九州の湿った林内や渓流沿いなどに生える。茎葉は互生し、腎円形で長さ1~3cm、平らな鋸歯がある。花期は3~5月。花茎の先に5mm位の黄緑色の花を数個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ときわはぜ(常盤爆)

トキワハゼ(学名:Mazus pumilus)はゴマノハグサ科(サギゴケ科)サギゴケ属の一年草。草丈は5~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、東南アジア、インド。日本全土の道ばたや畑などに多く見られる。葉は根もとのものは長さ2~5cmと大きく、茎の上部では小さい。花期は4~11月。花は長さ約1cm。上唇は紫色、下唇はわずかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラダンツス・アラビクス(Cladanthus arabicus)

クラダンツス・アラビクス(学名:Cladanthus arabicus)はキク科クラダンツス属の一年草。草丈は40~60cm。原産地は地中海沿岸スペイン南部、アフリカ北西部。葉は細かく切れ込んで、線状に細かく切れ込む。花期は4~6月。花はコイン型の鮮黄色の頭状花である。花径は3~4cm。別名クラダンツス(Cladanthu)。京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほうれんそう(菠薐草)

ホウレンソウ(学名:Spinacia oleracea)はアカザ科(APGではヒユ科)ホウレンソウ属の一年草。草丈は15~40cm。原産地は中央アジア~西アジア。日本には江戸時代初期(17世紀)頃に渡来。花期は5~6月。雌雄異株。雄株と雌株があり、黄緑色の花を咲かせる。雌花は、雄花と違って、葉の付け根に2~3個ずつ花を咲かせる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more