テーマ:セリ科

のだけ(野竹)

ノダケ(学名:Angelica decursiva)はセリ科シシウド属の多年草。草丈は60~150cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、台湾.。関東地方以西~九州の山野に生える。茎は直立し、暗紫色を帯び、縦脈がある。葉は3出羽状複葉、小葉の基部は翼状になり、小葉の柄はない。小葉は長楕円形で深裂し、裏面は白みを帯び、縁に粗い鋸歯があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にんじん(人参)

ニンジン(学名:Daucus carota)はセリ科ニンジン属の二年草、多年草。草丈は15~20cm。原産地はアフガニスタン。日本への伝来は16世紀で、この頃は葉も根と同様に食用としていたが、明治時代以降では一般に根のみを食べるようになった。葉は基部で根生し、小葉はレース状に羽状細裂する。主根は根菜類の緑黄色野菜となり食用とされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるばえぞにゅう(丸葉蝦夷ニュウ)

マルバエゾニュウ(学名:Angelica edulis)はセリ科シシウド 属の多年草。草丈は1~2m。原産地は東アジア~日本。北海道、本州、四国の草原や林縁などに分布。葉は1~2回3出複葉で、互生。小葉は幅の広い卵形で、縁には鋸歯がある。葉の柄のつけ根の部分は膨れて鞘状となる。花期は6~8月。茎先に複数の大きな散形花序(たくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアンパセリ(Italian parsley)

イタリアンパセリ(学名:Petroselinum crispum var. neapolitanum)はセリ科オランダゼリ属の半耐寒性二年草。草丈は30~80cm。原産地は地中海沿岸。パセリの仲間。一般的なパセリのようなちぢれ葉ではなく、やや大型の細長く裂けた葉で、やさしい芳香がある。花期は5~7月(2年目)。2年目に黄色い花が咲く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまうど(浜独活)

ハマウド(学名:Angelica japonica)はセリ科シシウド属の多年草。草丈は1~1.5m。原産地は。関東~九州の海岸の砂地に生える。茎は直立し、暗紫色を帯び、葉は1~2回3出羽状複葉で光沢がある。花期は4~6月。茎の先に大形の複散形花序をだし、白色の小さな花を多数開く。果実は広楕円形でふちに翼がある。別名オニウド(鬼独活)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼたんぼうふう(牡丹防風)

ボタンボウフウ(学名:Peucedanum japonicum)はセリ科カワラボウフウ属の常緑多年草。草丈は50~100cm。原産地は台湾、中国、朝鮮、日本。関東以南の海岸に生える。茎は直立し、茎に縦に茶褐色の筋が走る。葉は白ぽい緑色で、1~2回3出複葉。小葉は長楕円形~倒卵状菱形、長さ8~15㎝。、先端は少し尖る。花期は7~9月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランネルフラワー(Flannel flower)

フランネルフラワー(学名:Actinotus helianthi) はセリ科アクチノータス属の常緑多年草。草丈は20~100cm。原産地はオーストラリア。葉は灰緑色で細かい毛が生えている。花期は3~10月。白い花びらの先端に、ほんのり緑色が染められている。主な品種は矮性品種で草丈は30cmの‘フェアリーホワイト’でフランネルフラワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せり(芹)

セリ(学名:Oenanthe javanica、Oenanthe stolonifera)はセリ科セリ属の多年草。草丈は10~30㎝位。原産地は日本。北半球一帯とオーストラリアに広く分布する。湿地やあぜ道、休耕田など土壌水分の多い場所や水辺の浅瀬に生育する湿地性植物。茎は泥の中や表面を横に這い、葉を伸ばす。葉は二回羽状複葉、小葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セリ科(Apiaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Actinotus helianthi ■フランネルフラワー(Flannel flower)  ▲アクチノータス  〔草〕 ●Ammi majus ■ホワイトレースフラワー(White race flowe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキレット(Skirret)

スキレット(学名:Sium sisarum)はセリ科ムカゴニンジン属の耐寒性多年草。草丈は30~80cm。九州以北に分布。沼等の湿地に生える。葉は互生し上部の小葉は3枚で尖る。下部の葉は羽状の複葉で多数に分かれる。芯の茎は細く立ち上がり枝から出た茎は折れ曲がるような感じ。花期は8~10月。レースのような傘状の白色の花をたくさんつける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みしまさいこ(三島柴胡)

ミシマサイコ(学名:Bupleurum scorzonerifolium/falcatum)はセリ科ミシマサイコ属の多年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島。本州~四国・九州の日当たりの良い山野に自生する。近年では乱獲により絶滅危惧種となっている。茎は、直立して細長く堅い。葉は、根生葉(こんせいよう)と茎生葉(けいせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうき(当帰)

トウキ(学名:Angelica acutiloba)はセリ科シシウド属の多年草。草丈は20~80cm。本州中部地方以北の山地の岩の間などに自生し、栽培もされる。茎は多く枝を分け、茎と葉柄は赤紫色を帯び、茎、葉ともに毛は無く、葉の表面は濃緑色で光沢がある。葉は互生し、2~3回3出羽状複葉で、小葉は切れ込み、縁にはとがった鋸歯がある。葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたば(明日葉)

アシタバ(学名:Angelica keiskei)はセリ科シシウド属の多年草。草丈は1~2m。日本原産(房総半島~紀伊半島・伊豆諸島)。葉は赤色の長い柄があり、1~2回3出の羽状複葉。厚く深緑色のやや光沢のある小葉は、卵円形で通常2~3裂している。葉縁には不規則な鋸歯がある。5~6月ごろに花茎を出し、茎頂に大型の複散形花序をつける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンネル(Fennel)

フェンネル(学名:Foeniculum vulgare)は、セリ科ウイキョウ属の多年草。草丈は1~2m。地中海沿岸が原産。日本には平安時代に中国から渡来。葉は糸状で、全草が鮮やかな黄緑色をしている。花期は6~8月。枝先に黄色の小花を多数つける。秋には7~10mm程度の長楕円形をした茶褐色の実をつける。若い葉および種子(フェンネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディル(Dill)

ディル(学名:Anethum graveolens)はセリ科の一年草。草丈は60~200cm。原産地は地中海沿岸~西アジア。主に薬草・ハーブとして扱われる。6~8月、黄色の小花を咲かせ、植物全体に芳香をもつ。ディル全体に芳香があるため、世界各地の料理に使われているが、スパイスとして市場で取引されているのは種子(ディルシード)である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オルラヤ・グランディフローラ(Orlaya grandiflora)

オルラヤ・グランディフローラ(学名:Orlaya grandiflora‘White Lace')はセリ科オルラヤ属の一年草。耐寒性はあるが耐暑性はないので1年草扱いされる。草丈は50~60cmぐらい。原産地はヨーロッパ。深く切れ込んだ細かいニンジンのような葉が茂る。花茎は分岐して、その先の花冠は小花が集まって白いレースのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトレースフラワー(White race flower)

ホワイトレースフラワー(学名:Ammi majus)はセリ科アミ属の耐寒性一年草(ニ年草)。草丈は1~1.5m。原産地はヨーロッパ中西部。葉は長楕円状披針形、鋸歯がある。花期は4~6月。約40個の小散形花序の直径2㎝ほどの固まりが更に40個程傘状に集まっ複散形花序となり、直径15cm程のレース状の花になる。花弁は5個で先は内側に曲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more