テーマ:キク科

さがぎく(嵯峨菊)

サガギク(学名:Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga)はキク科キク属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は中国。嵯峨天皇の時代に大覚寺大沢の池に自生していた野菊を品種改良してできたと言われている。花期は10~11月。長さ10cmほどの管状の繊細な花弁(舌状花)を多数つける。花の色は白、黄、橙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぎく(寒菊)

カンギク(学名:Chrysanthemum indicum var. hibernum)はキク科キク属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は中国。アブラギク(学名:Chrysanthemum indicum var. indicum)の栽培種。葉は5裂するが、原種アブラギクより短く、全体に卵状広楕円形。秋に咲くコギクから改良さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまじのぎく(山路野菊)

ヤマジノギク(学名:Aster hispidus、Heteropappus hispidus)はキク科シオン属の越年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。本州東海地方以西、四国、九州の日当たりよい乾いた草地、崩壊地、岩山などに生える大型の野菊。普通2年草で、1年目はロゼットで過ごし、2年目に花をつけ実を結ぶと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプレーマム・セザンヌ(Spray mum Cezanne)

スプレーマム・セザンヌ(学名:Chrysanthemum ’Cezanne’)はキク科キク属の耐寒性多年草(一年草)。草丈は30~70cm。原産地は園芸作出品種(オランダ、イギリス、アメリカ)。1本の茎から 5~10の枝が出る。花期は8~11月。黄色の筒状花と、濃い紅色に白い縁取りの舌状花。花径が 4~10cmで房状に咲く。欧米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわふじばかま(沢藤袴)

サワフジバカマ(学名:Eupatorium × arakianum)はキク科ヒヨドリバナ属の多年草。草丈は100~150cm。原産地は園芸種。古来に帰化したフジバカマと異なり、園芸種として栽培されていたものが、川岸や肥沃な草地に逸出したものである。花期は8~10月。フジバカマによく似ているが、茎が赤みを帯び、葉が上部のものまで全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うらじろちちこぐさ(裏白父子草)

ウラジロチチコグサ(学名:Gamochaeta coarctata、Gnaphalium spicatum)はキク科ウスベニチチコグサ属(チチコグサモドキ属)の多年草(越年草または1年草)。草丈は20~80㎝。原産地は南アメリカ。昭和40年代後半に知られるようになり、現在では日本全土で見られる。茎は白色の綿毛が密生し、根元で多数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャスタデージー(Shasta daisy)

シャスターデージー(学名:Leucanthemum x superbum)はキク科フランスギク属の多年草(宿根草)。草丈は50~100cm 。原産地は北アメリカ。フランスギクとハマギクなどを交雑して作られた園芸品種。ロゼットの葉はへら型。株はロゼット型で開花期に長い花柄を伸ばす。花期は5~7月。茎を伸ばして、その先端に花径5~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みやこあざみ(都薊)

ミヤコアザミ(学名:Saussurea maximowiczii)はキク科トウヒレン属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。福島県以南の本州から九州にかけての山地の草原や湿地に生える。葉は長めの楕円形で、互生し、上部へいくほど小さくなる。上部の葉は切れ込みがなく、下部の葉は切れ込む。また、茎に付く葉は柄がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローダンテマム(Rhodanthemum)

ローダンテマム(学名:Rhodanthemum spp.)はキク科ローダンセマム属の宿根草。以前はクリサンセマム属に分類されていた。草丈は20~30㎝。原産地はモロッコ、アルジェリア。葉は細かい切れ込みのある銀緑葉。花期は3~7月。一重の白花で、中央が赤紫やブラウンになる。用途は庭植え、鉢植。別名ローダンセマム(Rhodanth…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さつまのぎく(薩摩野菊)

サツマノギク(学名:Chrysanthemum ornatum)はキク科キク属の多年草。草丈は25~60cm。原産地は日本固有種。熊本県と鹿児島県の海岸と屋久島に分布し、日当たりのいい場所に生える。茎は根際から束生、上部で枝分かれをする。茎には銀白色の毛が生える。葉は広めの卵形で、羽状に浅く裂け、互生。葉には鋸歯がある。葉の表面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかがわのぎく(那賀川野菊)

ナカガワノギク(学名:Chrysanthemum yoshinaganthum)はキク科キク属の多年草。草丈は30cmくらい。原産地は日本。徳島県の固有種で那賀川流域に自生する。茎は束生し、下部は多少木質で上部で密に分枝。葉は長さは4cm内外で、やや厚く、細く先端に切れ込みがある。表面は緑色、裏面は灰白色。花期は9~11月。径3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゅっこんブラキカム(宿根Brachycome)

シュッコンブラキカム(学名:Brachyscome angustifolia)はキク科ブラキカム属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地はオーストラリア。花期は4~11月。花径2cmほどの小輪の淡い紫・ピンク色ピンクの花を次々に咲かせる。別名ブラキカム・アングスティフォリア(Brachyscome angustifolia)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワギク(岩菊)

イワギク (学名:Chrysanthemum zawadskii)はキク科キク属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、東アジア、シベリア、ヨーロッパ東部。北海道の海岸や本州から九州の限られた山地の岩場に自生する。茎は直立し、葉は肉質で、幅広いへら形で、互生。葉は羽状に深く裂け、裂片の縁には粗い鋸歯がある。花期は7~10月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばなおけら(大花朮)

オオバナオケラ(学名:Atractylodes macrocephala)はキク科オケラ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は中国。山地の斜面、低木林の林内などに生える。葉は倒卵形で互生、縁には刺状の鋸歯がある。花期は9~10月。管状花は紅紫色から紫色をした花をつける。オケラ に比べて頭花が大きい。オオバナオケラとオケラの根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よしのそう(吉野草)

ヨシノソウ(学名:Diaspananthus uniflorus)はキク科クサヤツデ属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は日本固有種。本州神奈川県以西~近畿地方の太平洋側、四国、九州の山中の木陰や渓流岸に生育。茎から多数の長い葉柄を束生し、その先に長さ6~14cmのヤツデに似た掌状の葉をつける。花期は9~11月。花時には長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くきなしたまあざみ(茎無し玉薊)

クキナシタマアザミ(学名:Carduncellus rhaponticoides)はキク科アザミ属の多年草。草丈は5cm。原産地はモロッコ、アルジェリア。高山植物。花期は4~5月。青紫の花。別名-。西宮市北山緑化植物園(2016/4/14)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こがねぐるま(黄金車)

コガネグルマ (学名:Chrysogonum virginicum)はキク科コガネグルマ属の多年草。草丈は15~20cm。原産地は北アメリカ。葉は卵形で、柄が長い。花期は5~6月。黄色い星のような花を咲かせる。先に少し切れ込みのある幅の広い舌状花が5~6枚つく。実はそう果。別名ゴールデンスター(Golden star)。西宮市北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングリッシュデージー(English Daisy)

イングリッシュデージー(学名:Bellis perennis)はキク科ヒナギク属の常緑多年草(秋まき一年草扱い)。草丈は10~20cm。原産地は地中海沿岸。デージーの原種。株は小さなロゼット型で、デージーよりも小さめのへら状の葉を密につける。花期は3~5月。一重咲きの白い花を咲かせる。花径は約 3cm。たまに赤紫やピンクが混じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルケアパープレア(Berkheya purpurea)

ベルケアパープレア(学名:Berkheya purpurea)はキク科ベルクレア属の常緑多年草。草丈は25~80cm。原産地は南アフリカ。茎は白みがかりトゲに覆われ、葉は細長く伸び、トゲが凄い。花期は5~8月。トゲトゲの花茎を伸ばしてピンクの花を咲かる。花は5~8cm程度で、穂状にまばらに咲く。花色はかすれたように濃淡が混じる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あぽいあずまぎく(アポイ東菊)

アポイアズマギク(学名:Erigeron thumbergii var. angustifolius)はキク科ムカシヨモギ属の多年草。草丈は10~15cm。原産地は日本固有。日高山系アポイ岳、夕張山系崕山、天塩山系パンケ山などに分布し、高山の礫地や草地に生える。ミヤマアズマギクの狭葉型変種とされている。花茎は暗い紫色を帯びる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いそのぎく(磯野菊)

イソノギク(学名:Aster asa-grayi)はキク科シオン属の多年草。草丈は15~50cm。原産地は日本。奄美大島から沖縄本島生育地:海岸の岩場や草地に生育。茎はよく枝分かれをし、斜上するか地を這う。根際から生える葉はさじ形で、ロゼット状となる。 茎につく葉はへら形で、互生。 葉の質はやや多肉質である。花期は周年。茎先に1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もみじはぐま(紅葉白熊)

モミジハグマ(学名:Ainsliaea acerifolia)はキク科モミジハグマ属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は不明。本州近畿以西、四国、九州の山地の木陰などに生育。葉は茎の中部に輪生状につき、長さ6~12㎝の円心形で掌状に中裂する。花期は8~10月。上部に穂状に頭花をつける。頭花は3個の小花からなり、小花の花冠は白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶたばこ(藪煙草)

ヤブタバコ(学名:Carpesium abrotanoides)はキク科ヤブタバコ属の1~越年草。草丈は25~150cm。原産地は日本、朝鮮、中国、ヒマラヤ。日本全土の人家近くのやぶや林のふちなどに多い。根際から生える葉と茎の下部につく葉は広めの楕円形で皺があり、縁には鋸歯がある。 茎の上部につく葉は長めの楕円形で、葉は互生。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やくしそう(薬師草)

ヤクシソウ(学名:Youngia denticulata、Crepidiastrum denticulatum)はキク科オニタビラコ属(アゼトウナ属)の越年草(二年草)。草丈は30~120cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、インドネシア、インド。北海道~九州の山野の日当たりのよいところに生える。茎は赤紫色を帯びるものが多い。根生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうらいうすゆきそう(高麗薄雪草)

コウライウスユキソウ(学名:Leontopodium leiolepis)はキク科ウスユキソウ属の多年草。草丈は10~25cm。原産地は朝鮮半島(雪岳山) 。葉は淡い緑色で倒披針形で茎に互生する。綿毛が生えている。花期は5~6月頃。綿毛に覆われた花を咲かせる。花弁ように見えるのは苞葉と呼ばれる葉が変形したもので、花はその中心の小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゅむしゅのこぎりそう(占守鋸草)

シュムシュノコギリソウ(学名:Achillea alpina subsp. camtschatica)はキク科ノコギリソウ属の多年草。草丈は:20~40cm。原産地は北千島シュムシュ島。礼文島や利尻島など北海道の北部の山地の草原などに生育。葉は羽状に深い切れ込みがあり、互生。花期は7~8月。花径は10~15mm10くらいで、舌状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおひらうすゆきそう(大平薄雪草)

オオヒラウスユキソウ(学名:Leontopodium miyabeanum)はキク科ウスユキソウ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本。北海道後志総合振興局管内の大平山と夕張山地の崕山(きりぎしやま)のみに特産する種で、高山帯の石灰岩地の岩場に生える。茎は分枝しないで、白い綿毛がある。茎につく葉は15~30個が互生し、先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はやちねうすゆきそう(早池峰薄雪草)

ハヤチネウスユキソウ(学名:Leontopodium hayachinense)はキク科ウスユキソウ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本。岩手県早池峰山特産で、山頂部の蛇紋岩地の礫地に生える。根出葉は線状倒披針形で、長さ3~8cmになり、両面に白毛がある。茎につく葉は7~10個が互生し、線状披針形で先端がとがり、長さ3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコレートコスモス(Chocolate cosmos)

チョコレートコスモス(学名:Cosmos atrosanguineus)はキク科コスモス属の常緑多年草。 草丈は30~70cm。原産地はメキシコ。切れ込みのない葉。花期は5~7月、9~11月。4~5cmほどの濃赤紫色の一重の花を咲かせる。チョコレートのような香りがする。根が塊茎状になり、暖地では地上部を大部分枯らして冬越する。球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラダンツス・アラビクス(Cladanthus arabicus)

クラダンツス・アラビクス(学名:Cladanthus arabicus)はキク科クラダンツス属の一年草。草丈は40~60cm。原産地は地中海沿岸スペイン南部、アフリカ北西部。葉は細かく切れ込んで、線状に細かく切れ込む。花期は4~6月。花はコイン型の鮮黄色の頭状花である。花径は3~4cm。別名クラダンツス(Cladanthu)。京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more