テーマ:キク科

ははこぐさ(母子草)

ハハコグサ(学名:Gnaphalium affine、Pseudognaphalium affine)はキク科ハハコグサ属の越年草。草丈は10~40cm。原産地は日本、朝鮮半島、台湾、東南アジア。日本各地の道端、畑などに生える。全体に綿毛におおわれ、白っぽく見える。根生葉は花期には枯れる。茎は根元で枝分かれする。茎葉は長さ2~6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エーデルワイス(Edelweiss)

エーデルワイス(学名:Leontopodium alpinum)はキク科ウスユキソウ属の多年草。草丈は20~30cm。原産地はヨーロッパアルプス。高山の石灰岩地に生息。スイスアルプスの妖精と呼ばれる高山植物。地下茎からロゼット葉と直立した花茎を出しますが、 過酷な環境に耐えられるよう全草を密集した白い綿毛に覆われており、薄雪のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

べにばな(紅花)

ベニバナ(学名:Carthamus tinctorius)はキク科ベニバナ属の一年草または越年草。草丈は60~120cm。原産地は西アジア、地中海沿岸(アラビア、エジプト付近)。日本にはシルクロードを経て4 ~ 5世紀ごろに渡来。葉は幅の広い披針形で、互生。葉の質は硬くて先は尖り、縁には棘がある。花期は6~8月。茎先につく花は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラキカム・イベリディフォリア(Brachyscome iberidifolia)

ブラキカム・イベリディフォリア(学名:Brachyscome iberidifolia)はキク科ブラキコメ属(ヒメコスモス属)の半耐寒性一年草(交雑により多年草になっているものもある)。草丈は30~40cm。原産地はオーストラリア。葉はコスモスに似て羽状に細裂して、裂片は線形。花期は4~6月。舌状花の基本色は青だが、紫紅、桃、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーデージー(Blue daisy)

ブルーデージー(学名:Felicia amelloides/amoena)はキク科ルリヒナギク(フェリシア)属の半耐寒性多年草。草丈は20~50cm。原産地は南アフリカ。フェリシア・アモエナ(Felicia amoena)とフェリシア・アメロイデス(Felicia amelloides)のどちらも肉厚の葉をこんもりと茂らせ、細い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウインターヘリオトロープ(Winter heliotrope)

ウインターヘリオトロープ(学名:Petasites fragrans)はキク科フキ属の多年草。草丈は10㎝程。原産地は地中海沿岸。日本には昭和の始めに園芸用として渡来。葉はハート形で鋸歯がある。花期は2~5月頃。フキノトウに似た薄紫の花を咲かせる。茎も暗紫色で目立たない花だが、甘いバニラの香りがする。別名ニオイカントウ(匂款冬)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はんごんそう(反魂草)

ハンゴンソウ(学名:Senecio cannabifolius)はキク科キオン属の多年草。草丈は1~2mほど。原産地は日本、朝鮮半島~サハリンなど。北海道から本州の中部地方の山地から高山の湿った草地に生育。茎や葉柄は赤みを帯びる。葉は葉柄をもち、茎に互生する。形は羽状深裂で3から7つの深い切れ込みが入る。先は尖り、縁は鋸歯状で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーフレタス(Leaf lettuce)

リーフレタス(学名:Lactuca sativa var. crispa)はキク科アキノノゲシ属の一年草。草丈は10~50cm。原産地は地中海沿岸。レタスには大別すると玉レタス(玉苣)、ステムレタス(茎苣, 掻き苣)、コスレタス(立ち苣)、リーフレタスという4つの品種群がありる。このリーフレタスは非結球レタスで、葉が緑色のグリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうぎく(抗菊、黄菊)

コウギク(学名:Dendranthema X grandiflorum)はキク科キク属の多年草。草丈は30~90cm。原産地は中国。花期は9~11月。お茶にして頭痛、眩暈に服用するという。京都府立植物園(2013/6/25)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリソセファラム・スマイリープー(Chrysocephalum Smiley Pooh)

クリソセファラム・スマイリープー(学名:Chrysocephalum hybrids)はキク科クリセソファラム属の耐寒性多年草(一年草)。草丈は50~60cm。原産地はオーストラリア。花期は5~9月。黄色の花を咲かせる。別名イエローボタン(Yellow buttons)、クリソケファルム・アピクラツム(Chrysocephalu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かせんそう(歌仙草)

カセンソウ(学名:Inula salicina var. asiatica)はキク科オグルマ属 の多年草。草丈は60~80cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、シベリア。北海道~本州の日当りのよい山野の草原に生える。地下茎を長くのばしてふえる。茎は細いがかたく、やや密に毛が生える。根生葉は鱗片状で、下部のやや大型の葉とともに花の頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおよもぎ(大蓬)

オオヨモギ(学名:Artemisia montana)はキク科ヨモギ属の多年草。草丈は150~200㎝。原産地は日本、サハリン、千島列島。ブナ帯を中心とした山地帯の草地に生育する大形のヨモギ。近畿地方以東の本州、北海道、南千島などに分布。茎は太く、直立する。葉は羽状に中~深裂し、裂片が尖る。茎中部の葉身は長さ15~20cm、幅4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアンウィード(Ironweed)

アイアンウィード(学名:Vernonia noveboracensis)はキク科ショウジョウハグマ属の多年草。草丈は150~200cm。原産地は北アメリカの合衆国東部。湿地ややや湿った草原に生育する。葉は細長い楕円形で、長さは20cm以上になる。 花期は8~10月。鮮やかな紫赤色花を咲かせる。花の後にできる実はそう果(熟しても裂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごまな(胡麻菜)

ゴマナ(学名:Aster glehnii var. hondoensis)はキク科シオン属の多年草。草丈は100~150cm。原産地は日本。北海道、本州、四国の 山間の草地や道端に生える山間の草地や道端に生える。葉は長い楕円形で、互生し、葉の先は尖り、縁には粗い鋸歯がある。茎や葉には細かい毛があり、ざらつく。花期は8~10月。茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとこよもぎ(男蓬)

オトコヨモギ(学名:Artemisia japonica)はキク科ヨモギ属の多年草。草丈は40~140cm。原産地は日本。北海道~九州の原野、道ばた、あき地などに生育する。茎につく葉は互生し、葉身はへら状くさび形で長さ4~8cmになる。葉の先端は3中裂~浅裂、羽状中裂または深裂、まれに全裂と形状はさまざま、葉の基部は托葉状に茎を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぶき(野蕗)

ノブキ(学名:Adenocaulon himalaicum)はキク科ノブキ属の多年草。草丈は50~80cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ヒマラヤ。北海道~四国のやや湿った林の下などに生える。葉は薄くて大きく地面に広がる。幅10~20cmの三角状腎形で長さ10~20cmの葉柄には狭い翼があり、葉裏は綿毛が生えて白っぽい。花期は8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばよめな(大葉嫁菜)

オオバヨメナ(学名:Aster miqueliana)はキク科シオン属の多年草。草丈は30~90cm。原産地は日本。四国、九州の山地の木陰にはえる。茎は細く、葉は卵心形で長さ4~9cm。粗い鋸歯。花期は8~9月。頭花は長柄の先につき直径2.5cmほど、少数の白色の舌状花をつける。和名はヨメナより葉が広大なことによる。京都府立植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレオプシス・アメリカンドリーム(Coreopsis American Dream)

コレオプシス・アメリカンドリーム(学名:Coreopsis rosea 'American Dream')はキク科コレオプシス属の耐寒性多年草。草丈は15~40cm。原産地は北米西部。イトバハルシャギクの園芸品種。細い葉と茎。花期は6~10月。コスモスに似たピンクの小花を咲かせる。別名シュッコンコスモス・アメリカンドリーム(宿根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノクリニウム・コエレスティウム(Conoclinium coelestinum)

コノクリニウム・コエレスティウム(学名:Conoclinium coelestinum)はキク科コノクリニウム属(以前はヒヨドリバナ属/ユーパトリウム属)の多年草。草丈は40~80cm。原産地は北アメリカ。川沿いや湿った草地に生える。地下茎を伸ばして増える。葉は三角状で、対生。葉の縁には粗い鋸歯。花期は7~10月。よく枝分かれし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうげぶき(峠蕗)

トウゲブキ(学名:Ligularia hodgsonii)はキク科メタカラコウ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本、中国、ロシア。北海道、本州北部の低地~山地の湿った草原や沢筋などに生える。根出葉は長さ30cmになる葉柄があり、葉身は腎形で、長さ4.5~13cm、幅は7.5~27cm。先端はまるく、基部は心形で、縁には不ぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta)

ルドベキア・ヒルタ(学名:Rudbeckia hirta)はキク科オオハンゴンソウ属の多年草。草丈は30~70cm。原産地は北アメリカ。疎らな林内や草原、荒れ地などに生える。全体に粗い毛に被われ、基部の葉は菱形で3脈が目立ち、上部の茎葉は披針形。花期は5~9月。分枝した枝先に直径4~5cmの黄色い頭花を咲かせる。筒状花は球状で、暗褐色。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんじゅぎく(新寿菊)

シンジュギク(学名:Aster savatieri var. pygmaeus)はキク科ミヤマヨメナ属の多年草。草丈は5~20cm。原産地は日本。本州の近畿地方から西と四国の山地の林中などの蛇紋岩地帯に生える。根生葉は長い柄があり楕円形で、縁には粗い鋸歯がある。葉の質はやや硬く、表面は濃い緑色。茎葉はまばらに2~3枚互生。花期は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よもぎぎく(蓬菊)

ヨモギギク(学名:Tanacetum vulgare)はキク科タナセツム属の宿根多年草。草丈は80~200cm。原産地はシベリア、ヨーロッパ 。日本へは明治時代に渡来。葉は細かい切れ込みがあり、互生。 花期は7~10月。茎先に丸くて平べったい黄色の花を多数咲かせる。花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はんかいそう(樊会草)

ハンカイソウ(学名:Ligularia japonica/Ligularia palmatifida)はキク科メタカラコウ属の多年草。草丈は60~100cm。原産地は中国。本州の中部以西、四国、九州の山地の湿った所に生える。葉は根元から生え、掌状で深く裂け、長さ30~40cm。茎につく葉は3枚で、茎に互生し、葉柄の基部は広い鞘となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リアトリス・スピカータ(Liatris spicata)

リアトリス・スピカータ(学名:Liatris spicata)はキク科リアトリス属の耐寒性多年草。草丈は30~150cm。原産地は北アメリカ 。スピカータは日本へは大正時代に観賞用として渡来。葉は線形で互生。花期は6~9月。紫紅、ピンク、白色などの穂状の小さな5弁花を咲かせる。花は花序の上から、下方向に向かって咲かせる。別名ユリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキレア・プタルミカ(Achillea ptarmica)

アキレア・プタルミカ(学名:Achillea ptarmica)はキク科ノコギリソウ属の多年草。草丈は60cm。原産地はヨーロッパ。ノコギリソウの仲間。花期は6~10月。純白の花を咲かせる。ノコギリソウの花よりもやや大きく、八重咲き。花壇や切り花、ドライフラワーに利用。別名タマサキノコギリソウ(玉咲鋸草)。西宮市北山緑化植物園(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおじしばり(大地縛り)

オオジシバリ(学名:Ixeris japonica)はキク科ニガナ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は東アジア。北海道~九州の田のあぜや道端に生え、走出枝を地表に伸ばして繁殖する。葉は葉柄を含めて長さ6~20cmの倒披針形~へら状楕円形で、下部が羽状に切れ込むことが多い。質はやわらかく、白っぽい緑色をしている。花期は4~5月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じしばり(地縛り)

ジシバリ(学名:Ixeris stolonifera)はキク科ニガナ属の多年草。草丈は5~15cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。日本全国の日当たりのよい山野から田畑、市街地にまで自生。葉は根生し長い葉柄がつく。葉の形は卵形で縁は全縁。花期は4~7月。直径2~2.5cmの黄色の頭花を1~3個つける。総苞は0.8~1cmの円柱形で、内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のあざみ(野薊)

ノアザミ(学名:Cirsium japonicum)はキク科アザミ属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本。本州、四国、九州の山野の道端や土手に生える。根生葉は花期にも残り羽状に中裂する。茎葉の基部は茎を抱き、鋭い棘が多い。花期は5~8月。頭花は紅紫色で直径4~5cmあり、枝先に上向きにつく。総苞は幅2~4cmの球形。総苞片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みやこわすれ(都忘れ)

ミヤコワスレ(学名:Gymnaster savatieri、Miyamayomena savatieri)はキク科ミヤマヨメナ属の多年草。草丈は20~70cm。原産地は日本。本州の箱根以南、四国、九州の山野に自生するミヤマヨメナ(深山嫁菜)の園芸品種。半日影で水捌けの良い土を好む。葉は濃緑色で細長く縁がギザギザしている。花期は4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more