テーマ:カエデ科

うりかえで(瓜楓)

ウリカエデ(学名:Acer crataegifolium)はカエデ科カエデ属の落葉小高木。高さは5~10m。原産地は日本。福島県以南〜九州の山地に生える。幹は直立し、樹皮は緑色に黒い縦の筋が入り、なめらか。若い枝は緑色~暗紅紫色。葉は小さく、長さ4~8cmで対生。成木では卵形であるが、若木や伐採から再生した萌芽など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かえで(槭、楓)

カエデ(学名:Acer)は、カエデ科(APG植物分類体系ではムクロジ科に含める)カエデ属の木の総称。モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれるが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。植物分類上ではカエデとモミジは区別はしていない。 一般的にはカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のもの)をモミジと区別して呼んでいる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さとうかえで(砂糖楓)

サトウカエデ(学名:Acer saccharum)はカエデ科(APGⅢ分類体系はムクロジ科)カエデ属の落葉高木。高さは30~40m。原産地は北アメリカ。日本では明治時代以降に移入されたが、樹液採取はあまり行われず、もっぱら街路樹として用いられている。葉は3~5片に裂け、少数のあらい鋸歯があり、下面は白っぽい。花期は4~5月。緑黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパかえで(ヨーロッパ楓)

ヨーロッパカエデ(学名:Acer platanoides)はカエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉高木。高さは10~25m。原産地はヨーロッパ~アジア。樹皮は灰褐色で成木になると縦に割れ目が入る。長い葉柄に葉は掌状に5~7裂して対生。花期は4~5月。小さな黄緑色の花を咲かせる。果実は翼果で、ほとんど水平に開く。街路樹や公園木として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こはうちわかえで(小羽団扇楓)

コハウチワカエデ(学名:Acer sieboldianum)はカエデ科カエデ属 の落葉高木。高さは10~15m。原産地は日本。全国に分布。樹皮は、灰青褐色で滑らかだが、立てに筋が入る。葉は対生し、葉身はほぼ円形で7~11中裂する。縁は重鋸歯。黄色~鮮やかな茜色に紅葉。花期は4~5月。葉の展開に先駆けて開花しはじめる。花の直径は5mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てつかえで(鉄楓)

テツカエデ(学名:Acer nipponicum)はカエデ科(APG植物分類体系ではムクロジ科)カエデ属の落葉高木。高さは10~18m。原産地は日本。樹皮は灰褐色でなめらか。葉は長さ2~11cmの葉柄をもって対生する。葉身は5角形で、長さ6~15cm、3~5浅裂し、裂片の先端は尾状、基部は浅心形から切形になり、縁には細かく鋭い重鋸歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みつでかえで(三手楓)

ミツデカエデ(学名:Acer cissifolium)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さは10~15m。原産地は日本。山地に生える。樹皮は灰褐色で全体的になめらか。細かい皮目が多い。葉は3出複葉で対生。葉柄は細長くて赤味を帯びる。小葉は長楕円形、卵状楕円形で、中程から先に粗い鋸歯がある。裏面の脈上にまばらに白い毛がある。秋に真っ赤に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞいたや(蝦夷板屋)

エゾイタヤ(学名:Acer mono var. glabrum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さは20~25m位。原産地は日本、南千島、樺太、朝鮮、アムール。イタヤカエデの変種。北海道~本州中部までの山地に生育。葉は暗緑色、掌状に5~7浅裂ないし中裂、裂片の先は鋭くとがり、全縁、裏面の脈の基部に毛がある。葉柄の上部と若枝にも毛があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエデ科(Aceraceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Acer ■かえで(槭、楓)  ▲モミジ、カエルデ  〔樹木〕 ●Acer amoenum ■おおもみじ(大紅葉)  ▲ヒロハモミジ  〔樹木〕 ●Acer buergerianum ■とう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いたやかえで(板屋楓)

イタヤカエデ(学名:Acer mono)はカエデ科の落葉高木。高さ15~20m。北海道~九州の山地に自生し、庭木ともされる。葉は対生し、5~7裂。裂片は三角状で幅が広く全縁で先は鋭くとがる。春(4~5月)、葉よりも先に、枝先に黄緑色の小花を多数つける。果実は翼果。材は装飾用建材・楽器・運動具などに利用される。樹液にショ糖を多く含む。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネグンドかえで(negundo 楓)

ネグンドカエデ(学名:Acer negundo)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は北米。葉は羽状に3~7枚。小葉は楕円形で、先端が尖り、少し切れ込みがある。花期は4月頃。葉が出る前に黄緑色の花が咲く。下垂して長い。雌雄異花。落葉樹であるが紅葉はしない。別名トネリコバノカエデ(とねりこ葉の楓)。成長が早く、庭木や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からこぎかえで(鹿子木楓)

カラコギカエデ(学名:Acer ginnala)はカエデ科カエデ属の落葉小高木。高さ2~8m。原産地は日本、アジア東北部。本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の湿地に分布 。樹皮は灰褐色で縦に不規則に割れ、鱗片状に剥がれる。葉は単葉で対生し、葉身は卵状楕円形(長さ5~10cm、幅3~7cm)。葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。葉縁は3浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はうちわかえで(羽団扇楓)

ハウチワカエデ(学名:Acer japonicum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本固有種。北海道から本州にかけての山地に生え、庭木ともされる。葉は大形で、掌状に浅く8~11裂して重鋸歯がある。花期は5~6月。葉の展開と同時に開花し、紅紫色の花10~15個からなる散房花序をつける。雌雄同株で、ひとつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちどりのき(千鳥の木)

チドリノキ(学名:Acer carpinifolium)はカエデ科カエデ属の落葉小高木。高さ8~10m。山中に自生。樹皮は暗灰側色~灰色で皮目が点在する。若木ではなめらかだが、成木では縦にわれる。葉は対生し、狭倒卵形で先がとがり重鋸歯がある。雌雄異株。5月ころ淡黄色の花を5~15個つける。翼果の翼は鈍角に開く。別名ヤマシバカエデ(山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めぐすりのき(眼薬の木)

メグスリノキ(学名:Acer maximowiczianum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さ10~20m。原産地は日本。山地に生える。葉は楕円形の小葉3個から成る。葉の裏や柄に毛が多い。雌雄異株。5月、展葉と同時に枝先から散状花序が出て、黄緑色および白い小さな花が下垂する。翼果は大きく密毛がある。樹皮を煎じて目薬とした。別名チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のむらもみじ(濃紫紅葉)

ノムラモミジはカエデ科の落葉高木。オオモミジの園芸品種。新芽は毛に覆われて暗赤色をしている。夏が近づくにつれ、だんだんと緑色に変化する。晩秋には春とは違う赤黄色に紅葉する。葉もイロハモミジより大きめで、縁の鋸歯は細かく揃っている。花期は5月ころ。葉の色が濃い紫色「濃紫(ノウムラ)」であることから、ノムラの名がついた。翼果は、桃色帯び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うりはだかえで(瓜膚楓、瓜肌楓)

ウリハダカエデはカエデ科(APG植物分類体系ではムクロジ科)カエデ属の落葉高木。高さ10~15m。原産地は日本。本州、四国、九州の山地に自生。樹皮はマクワウリの皮に似る。葉は対生し、葉身はやや扇状5角形で、上部が浅く3裂する。縁には細かい重鋸歯がある。花は5~6月に葉といっしょに出て下垂し、淡黄色。葉は秋紅葉する。果期は7~10月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにいたや(鬼板屋)

オニイタヤはカエデ科の葉高木。高さ15~20m。北海道の日高地方以南、本州、四国、九州に広く分布。この仲間はカエデの仲間では珍しく葉縁に鋸歯がないタイプで、イタヤカエデと総称されている。イタヤカエデは板屋カエデの意味で、葉がよく茂るために、板で屋根を葺いた板屋のように漏れることがないと言う意味でつけられたと言われている。早春(4~5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうかえで(唐楓)

トウカエデ(学名:Acer buergerianum)はカエデ科の落葉小高木。中国原産。江戸時代に渡来し、街路や公園などに植えられる。葉は対生し、上半が浅く3裂する。4~5月月、黄色の小花をつけ、鋭角に開いた翼果を結ぶ。写真は甲山森林公園(3/10)。 名古屋ノリタケの森(5/19)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろはもみじ(いろは紅葉)

イロハモミジ(学名:Acer palmatum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さは20~45m。原産地は日本などの東アジア。山地に多く自生する。葉は対生し、掌状で5~7に深裂し、裂片には鋭い鋸歯(きよし)がある。4~5月、暗紅色の小さな5弁花をつけ、翼果を結ぶ。秋(10~11月)、美しく紅葉する。和名は7裂する葉の裂片を「いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんこうかえで(猿猴楓)

エンコウカエデ(学名:Acer mono ssp. dissectum f. dissectum)はカエデ科の落葉高木。高さ10~20m。本州、四国、九州の山地に生える。イタヤカエデの一変種。葉は基部近くまで深裂し、手長猿の手を思わせる。花期は4~5月。紅葉は10~11月。写真は甲山森林公園map(4/26)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおもみじ(大紅葉)

オオモミジ(学名:Acer amoenum)はカエデ科の落葉高木。高さは、10~15m。北海道、本州、四国、九州に分布。やや湿った日当たりのよい場所に生える。樹皮は灰褐色。壮齢樹は縦に浅く裂ける。葉は単葉で対生し、葉身はほぼ円形で、長さ4.5~8cm、幅は5.5~8cm。葉の表面は緑色、葉の裏面は淡緑色で、表裏面ともに初め毛があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなのき(花の木)

ハナノキ(学名:Acer pycnanthum)はカエデ科カエデ属の落葉高木。高さ15~25m。中部地方の山間の湿地にまれに自生。葉は三浅裂する。雌雄異株。4月、葉の出る前に濃紅色の花がかたまってつく。秋の紅葉も美しい。和名は葉が出る前に美しい花が咲くことから。別名ハナカエデ(花楓)。写真は甲山森林公園(2007/2/15)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまもみじ(山紅葉)

ヤマモミジ(学名:Acer palmatum var. matsumurae)はカエデ科の落葉高木。高さ5~10m。イロハモミジの変種。北陸地方の山地に自生し、ときに栽植される。葉は径5~9cmと大きく、掌状に七~九深裂、不正の鋸歯がある。4~5月、本年枝の枝先に複散房状花序が下垂し、紅色の、小さな雄花と両性花が混じってつく。秋の紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more