テーマ:アブラナ科

むらさきはくさい(紫白菜)

ムラサキハクサイ(学名:Brassica rapa var. pekinensis cultivar)はアブラナ科アブラナ属の一年草~越年草。草丈はー。原産地はー。一般のハクサイ(白菜)からの品種改良。アントシアニンを含むため葉が紫色になる。若葉は緑色で成長すると紫色に変わっていく。白菜のように結球しないで、葉が外側に反りかえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロッコなずな(モロッコ薺)

モロッコナズナ(学名:Aethionema armenum)はアブラナ科エティオネマ属の宿根草(多年草)/常緑亜低木。草丈は5~15cm。原産地はコーカサス~トルコ。葉は灰緑色で、広披針形で、葉長0.7~1cm、基部は茎を抱き、螺旋状に互生する。匍匐性で、カーペット状に広がる。花期は4~6月。ピンクの4弁花の花径6~7mmの小花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリシマム ’コッツウォルド ジェム’ (Erysimum 'Cotswold Gem')

エリシマム ’コッツウォルド ジェム’ (学名:Erysimum linifolium 'Cotswold Gem')はアブラナ科エリシマム属の多年草。草丈は50~60cm。原産地は南ヨーロッパ。ウォールフラワー(最近はエリシマムという名前も広く知られている)の葉に斑が入る園芸品種。細長い葉に黄色みがかった斑入りの葉。花期は3~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わさびな(山葵菜)

ワサビナ(学名:Brassica juncea)はアブラナ科アブラナ属のセイヨウカラシナ種カラシナ変種を選抜育成品種した耐寒性越年草。草丈は20cm。原産地は育成品種。葉色は黄緑で、葉形はチリメン状で、葉縁には鋸歯がある。葉は全体的に柔かい。花期は一年中。次々と黄色い花が咲くので20cm未満で葉を収穫する。 強い辛味はなく、生食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞいぬいずな(蝦夷犬薺 )

エゾイヌナズナ(学名:Draba borealis)はアブラナ科イヌナズナ属の多年草。草丈は5~20cm。原産地は北海道。北方領土を含む北海道から本州の中部地方の岸の岩場や高山の岩場に生育。 根際から生える葉は倒卵形で、ロゼット状となる。葉の縁には鋸歯があり、両面に毛が生える。茎につく葉は幅の広い楕円形で2~7枚くらいつく。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールラビ(Kohlrabi)

コールラビ(学名:Brassica oleracea var. gongylodes)はアブラナ科アブラナ属の越年草。草丈は20~30cm。原産地は地中海沿岸。野生の「キャベツ」から、人為選別された品種。花期は4月。黄色い花。球状に肥大した紫色 (中身は薄緑色) の茎部を食用とする。風味や食感はブロッコリーの茎やキャベツの芯にや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぬがらし(犬芥子)

イヌガラシ(学名:Rorippa indica)はアブラナ科イヌガラシ属の多年草。草丈は8~50cm。原産地は日本、朝鮮、台湾、中国、インド、フィリピン 。北海道~九州の野原や道ばたに生える。茎は枝分かれし、全体無毛。根生葉は長楕円形で羽状に分裂する。茎葉は鋸歯のある披針形。基部は耳状に小さく張り出し、やや茎を抱く。花期は4~9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレソン(Cresson)

クレソン(学名:Nasturtium officinale)はアブラナ科オランダガラシ属の多年草。草丈は15-60cm 。原産地は。茎水中または湿地に生育して、乾燥にも強い。は多肉質で下部は水中を這う。葉は羽状複葉で互生。花期は5~10月。白色の小花の花房。特有の香気と爽やかな辛味がある野菜。別名オランダガラシ(和蘭芥子)、ウォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みぶな(壬生菜)

ミブナ(学名:Brassica campestris var. laciniifolia)はアブラナ科アブラナ属の一年あるいは二年草。草丈は25~30cm。原産地は日本の京都地方。ミズナの一品種。ミブナの葉には切れ込みがない。 ミズナはシャキシャキした歯ごたえの有る辛味やクセの無い緑黄色野菜だが、 ミブナは独特の辛味と香りのある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフラワー(Cauliflower)

カリフラワー(学名:Brassica oleracea var. botrytis)はアブラナ科アブラナ属の一年草。草丈は30~100cm。原産地は地中海沿岸のヨーロッパ。日本には明治初期に渡来。食用としても観賞用としても普及しなかったが、第二次世界大戦後に進駐軍向けに栽培が行われ、日本での洋食文化の広まりと、改良種の輸入、栽培…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずな(水菜)

ミズナ(学名:Brassica rapa var. nipposinica)はアブラナ科アブラナ属の越年草。草丈は15~30cm。原産地は地中海、中央アジア、改良種は日本の京都地方。根元からたくさんの葉が生え、葉柄が白く、細長い。葉には数多くの鋸歯状の切れ込みがある。花期は3~4月。花茎は30~60cmで、黄色の4弁花の花をつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はくさい(白菜)

ハクサイ(学名:Brassica rapa var. pekinensis、Brassica rapa var. glabra、Brassica campestris)はアブラナ科アブラナ属の一年草~越年草。草丈は20~100cm。原産地は地中海地方、中国。中国で古くから栽培・改良され、日本へは明治時代初期に政府によって本格導入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンゲンサイ(青梗菜)

チンゲンサイ(学名:Brassica rapa var. chinensis)は、アブラナ科アブラナ属の一年草。草丈は15~50cm。原産地は中国華南地方。日本には1970年代の日中国交回復の頃に入ってきたと言われる。20cmくらいまでのものが食用とされる。アルカリ性のミネラルが豊富な緑黄色野菜である。葉は緑色、肉厚な軸の部分は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんろんそう(崑崙草)

コンロンソウ(学名:Cardamine leucantha)はアブラナ科タネツケバナ属の多年草。草丈は30~50cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ロシア、モンゴル。北海道~九州の山地谷沿いの湿地に生える。葉は長柄がある奇数羽状複葉。小葉は5~7個。長楕円状披針形で長さ3~7cm、先がとがり、鋸歯がある。両面有毛。花期は5~6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまだいこん(浜大根)

ハマダイコン(学名:Raphanus sativus var. raphanistroides)はアブラナ科ダイコン属の越年草。草丈は30~70cm。原産地は地中海沿岸。北海道~九州の海岸の砂地に生える。野菜のダイコンが海辺で野生化したもの。根はかたく食べられない。葉は根生し、太い葉柄があり水平に開出する。長さは4~20cmで、頭大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わさび(山葵)

ワサビ(学名:Wasabia japonica)はアブラナ科ワサビ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。山間の涼しい谷川の浅瀬に自生。古来より日本原産の刺激性のある香辛料として栽培。栽培に際しては水質、水温、土壌などの条件が厳しく、収穫できるまで日数がかかるので希少価値が高く、非常に高価なものになっている。東欧では自産のセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゅっこんアリッサム(宿根Alyssum)

シュッコンアリッサム (学名:Aurinia saxatilis)はアブラナ科アリッサム属(イワナズナ属、アウリニア属)の耐寒性多年草。草丈は15~25cm。原産地はギリシャ。へら状の根出葉を出す。花期は4~5月。小さな4弁の杯型の濃黄色の花が密集して咲く。花にはほんのり甘い香りがある。別名イワナズナ(岩薺)、バスケットオブゴー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケール(Kale)

ケール(学名:Brassica oleracea var. acephala)はアブラナ科アブラナ属の二年草。草丈は1~2m。原産地はヨーロッパの地中海沿岸。わが国へは江戸時代に導入される。キャベツの原種のヤセイカンラン(学名:Brassica oleracea に近く、温暖な気候であれば一年中栽培可能で収穫量も多い。茎は直立し、葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベリス(Iberis)

イベリス(学名:Iberis sempervirens)はアブラナ科イベリス属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は西部アジア、北アメリカ、地中海沿岸。明治時代に渡来。スペインに多く見られたので、スペイン地方の古名イベリアにちなんで名づけられた。花期は4~6月。花色は白だが、紅色や八重咲きの園芸品種もある。花壇植えの他、ロックガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はぼたん(葉牡丹)

ハボタン(学名:Brassica oleracea var. acephala f. tricolor)は、アブラナ科アブラナ属の耐寒性多年草(一年草)。草丈は20~80cm。原産地はヨーロッパ南西部。キャベツの仲間のケールを観賞用に改良したもの。日本には江戸時代の中期に渡来。品種改良は日本で発展。冬に葉が白、ピンク、紫色など鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいこん(大根)

ダイコン(学名:Raphanus sativus var. longipinnatus)はアブラナ科ダイコン属の越年草(一年草)。草丈は10~100cm。原産地は地中海地方や中東。日本には弥生時代には伝わり、在来種と中国ダイコンの交雑で栽培品種が成立したとされる。野菜として広く栽培される。主に肥大した根を食用とするほか、種子から油を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アブラナ科(Brassicaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Aethionema armenum ■ モロッコなずな(モロッコ薺)  ▲エティオネマ  〔草/樹木〕 ●Aubrieta × cultorum ■オーブリエタ(Aubrieta)  ▲ムラサキナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルナリア(Lunaria)

ルナリア(学名:Lunaria annua)はアブラナ科ルナリア属(ギンセンソウ属、ゴウダソウ属)の二年草(一年草)。草丈は60~100cm。原産地はヨーロッパ中部~南部。日本には20世紀初頭に入ってきた。茎や葉に軟毛があり、葉は大きく有柄で、不規則な鋸歯がある。花期は4~6月。花は直径約2cmの淡い紫紅色や白で花びらが十字状につき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリシマム・アリオニー(Erysimum allionii)

エリシマム・アリオニー(学名:Erysimum allionii)はアブラナ科エリシマム属の多年草(秋まき一年草)。草丈は30~80cm。原産地はヨーロッパ南部。花期は4~6月。菜の花に似た甘い香りのするニオイアラセイトウ(匂い紫羅欄花:ウオールフラワー)を小型にしたような濃黄色の小さな花がたくさん咲く。別名シベリアンウオールフラワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーブリエタ(Aubrieta)

オーブリエタ(学名:Aubrieta x cultorum)はアブラナ科オーブリエタ属の常緑多年草。草丈は5~10cm。原産地は地中海沿岸。岩礫地に生え、マット状に広がる。複雑な交配から生まれた園芸品種。葉は狭倒卵形から倒卵形で、白い毛に被われている。4~6月ごろ、枝先の葉腋から総状花序をだし、青紫色、淡青色、赤紫色などの花を咲かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターサイ(搨菜)

ターサイ(学名:Brassica chinensis var. rosularis)はアブラナ科アブラナ属(ブラシカ属)の二年草。高さは20cmくらい。中国原産。日本へは1934年に導入。1940年頃から栽培されるようになる。ハクサイと同じ仲間で、中国の代表的な冬野菜。葉は楕円形、濃緑色、肉厚、内側に曲がり縮みがある。花期は3月。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バージニアストック(Virginia stock)

バージニアストック(学名:Malcolmia maritima)はアブラナ科マルコルミア属の耐寒性一年草。草丈は20~40cm。原産地は地中海沿岸。同じアブラナ科のストックに似た花を咲かせるところからこの名前があるが、ストックとは別属。花期は4~5月、9~10月。花の大きさは1cm程度で芳香がある。咲き始めは白で徐々にピンクや紫に色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なずな(薺)

ナズナ(学名:Capsella bursa-pastoris)はアブラナ科ナズナ属の越年草(一年草)。高さは20~40cm。畑や水田、道端、荒れ地などに普通に見られる。茎は直立して分枝。根生葉は、羽状に裂け、放射状に地面にへばりついて冬を越す。茎の上部の葉は楕円で先端が尖る。花期は3~ 5月。4枚の白い花弁を持つ直径3mmほどの小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキゾペタロン(Schizopetalon)

スキゾペタロン(学名:Schizopetalon walkeri)はアブラナ科イヌガラシ属の一年草。草丈は15~30㎝。南米チリ原産。羽状に深く分裂した葉を持ち、春~夏(3~6月)、切れ込みの入った花は夕方から開花してアーモンドのようないい香りを出す。花弁の外側は黄緑色で、切れ込みの深い花弁が開くと内側は白。別名スキゾペタロン・ワル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルカ(Eruca)

エルカ(学名:Eruca vesicaria)はアブラナ科キバナスズシロ属の一年草。草丈は10~100cm。原産地は地中海沿岸~西アジア。葉は羽状で先の小葉は大きい。葉にゴマに似た風味とピリッとした辛味があり、サラダにして生食される。冬の寒さにも強いハーブ。欧州では、種子から、油をとる為に古くから栽培されていた。4~8月にかけて開花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more