テーマ:アブラナ科

ヘリオフィラ(Heliophila)

ヘリオフィラ(学名:Heliophila coronopifolia)はアブラナ科ヘリオフィラ属の半耐寒性一年草。草丈は30~50cm。原産地は南アフリカ。細い茎が多数枝分かれして、小葉は線状で、繊細な草姿をしている。花期は3~6月。花は1cm程度の小さなものだが、総状に多数咲き、花色は輝青~紫青、白、桃色。中心部に緑黄色の目がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルコミア(Malcomia)

マルコミア(学名:Malcolmia maritima)はアブラナ科マルコルミア属の耐寒性秋まき一年草。草丈10~30cm。原産地は地中海沿岸(ギリシャからスペイン)。花期は10~4月。2cmほどの小さな4弁の花が群れ咲き、辺りにやさしい香りを漂わせる。花色は咲き始めは白、次第に桃や青に変色していくので、2色の花が混じっているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうさいたい( 紅菜苔)

コウサイタイ(学名:Brassica chinensis f. honsaitai)はアブラナ科アブラナ属の一年草。高さは60~100cm。原産地はヨーロッパ、中国。唐時代には栽培が始まり、日本には昭和に渡来。花期 12~5月。黄色の花。紫紅色のトウを食べる冬~春野菜。ハナナと同じ仲間で、茎と花のつぼみを食用にする。収穫期 11~4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイートアリッサム(Sweet Alyssum)

スイート・アリッサム(学名:Lobularia maritima)はアブラナ科ロブラリア属(ニワナズナ属、以前はアリッサム属)の耐寒性一年草(本来は多年草)。草丈は10~15cm。原産地は地中海沿岸、南ヨーロッパ。本来は多年草だが、暑さで枯れてしまうので一年草扱いされる。花期は10月~翌5月。絨毯を敷き詰めたような花径2~3mmと小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むらさきはなな(紫花菜)

ムラサキハナナ(学名:Orychophragmus violaceus)はアブラナ科オオアラセイトウ属(マッティオラ属)の耐寒性一・ニ年草。草丈は20~50cm。原産地は中国。空き地や土手などに一面に咲いている。葉の基部は茎を抱き込み、茎の下部の葉は羽状に切れ込んでいる。春(3~5月)にアブラナ科特有の十字形をした、花径2~3cmの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなな(花菜)

ハナナ(学名:Brassica rapa var. amplexicaulis)はアブラナ科アブラナ属の耐寒性一年草。高さ50~150㎝。南ヨーロッパ原産。花を楽しむためにヨーロッパで食用のチリメンハクサイから改良されたといわれている。葉は縮れ、不規則に波状の切れ込みがある。11月~3月、太い茎に、黄色の十字形をした小花をたくさん咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イオノプシジウム・アカウレ(Ionopsidium acaule)

イオノプシジウム・アカウレ(学名:Ionopsidium acaule)はアブラナ科イオノプシディウム属の耐寒性一年草。草丈は5~10cm。原産地はヨーロッパ南西部(ポルトガル)。花期は11~5月。7~8mm程度の薄紫色または白の小さい花。きつめの独特な香り。5mmくらいの種を持った、種袋が沢山来、こぼれ種でも自然に増える。別名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウインタークローバー(Winter clover)

ウインタークローバー(学名:Malcolmia maritima)はアブラナ科マルコルミア属の耐寒性一年草。草丈は20~40cm。原産地はマルコルミアの園芸品種。花期は11~4月。バージニアストックの園芸品種で、バージニアストックは春の開花だが、ウインタークローバーは秋から春まで咲き続け、冬も寒さに負けずに花を咲かせる。花色はパール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストック(Stock)

ストック(学名:Mathiola incana)はアブラナ科マッティオラ属(アラセイトウ属ともいう)の多年草(高温多湿に弱いので、一年草扱い)。草丈は30~60cm。原産地は欧州南部。長楕円形の葉は毛が生え、互生する。花期は1~5月、10~12月。直立した茎に、芳香のある十字形花を総状に多数咲かせる。花径は20~30mm。八重咲きが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぶ(蕪)

カブ(学名:Brassica rapa var. glabra)はアブラナ科アブラナ属の多年草。草丈は90㎝前後。原産地はヨーロッパ~中央アジア。日本には弥生時代に中国から渡来した。春の七草の1つであり、鈴菜(すずな)の名前で登場する。カブ(蕪)は頭の意味で、根が頭状の塊になるとの意味。根生葉は、長楕円形で長さ60cmくらいで鋸歯が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェイランサス(Cheiranthus)

チェイランサス(学名:Cheiranthus cheiri、Erysimum cheiri)はアブラナ科エゾスズシロ属の多年草(一年草扱い)。草丈は20~80cm。原産地は南ヨーロッパ。日本へは明治時代の中期に渡来した。葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、互生。葉の先は鋭く尖り、縁に鋸歯はない。チェイランサス・ベガ(Cheiran…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブロッコリー(Broccoli)

ブロッコリー(学名:Brassica oleracea var. italica)はアブラナ科アブラナ属の半耐寒性一年草、野菜。草丈は30~100cm。原産地は地中海東部沿岸。日本には明治時代の初期に渡来したと言われている。 カリフラワーと同じ種類の野菜でキャベツの変種。茎の頂部に花蕾を1つだけつける頂花蕾型。野菜で食べるブロッコリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まめぐんばいなずな(豆軍配薺)

マメグンバイナズナ(学名:Lepidium virginicum)はアブラナ科グンバイナズナ属の二年草。草丈は20~50cm程度。北アメリカ原産の帰化植物。日本各地の道端や河原などに生える。葉はほとんど無柄で、互生、細長く、倒披針形~線状楕円形で不ぞろいの鋸歯がある。葉は互生,長さ2~6cm。茎葉は倒披針形~線状楕円形で、鋸歯がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルッコラ(Rucola)

ルッコラ(学名:Eruca vesicaria)はアブラナ科キバナスズシロ属の一年草。草丈は10~100cm。原産地は地中海沿岸~西アジア。葉は羽状で先の小葉は大きい。葉にゴマに似た風味とピリッとした辛味があり、サラダにして生食される。冬の寒さにも強いハーブ。欧州では、種子から、油をとる為に古くから栽培されていた。花期は4~8月。4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more