テーマ:シソ科

にがくさ(苦草)

ニガクサ(学名:Teucrium japonicum、Teucrium fruticans)はシソ科ニガクサ属の多年草。草丈は30~70cm。原産地はヨーロッパ。北海道~九州の野や山の水辺など、湿ったところに生える。茎は太く4稜があり、まばらに下向きの毛がある。葉は卵形で対生し、長さ5~10cm。先端は鋭くとがり、不ぞろいの鋸歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおあきぎり(大秋桐)

オオアキギリ(学名:Salvia glabrescens f. robusta)はシソ科アキギリ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本。北陸地方の山地の木陰に生える。葉は対生、幅広く丸みがあり、先がとがる。鋸歯は不揃い。アキギリよりも全体に大きく、葉が幅広い。花期は8~10月。枝先に唇弁花を集まってつけ、萼は2唇形。花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにサルビア(鬼Salvia)

オニサルビア(学名:Salvia sclarea)はシソ科アキギリ属の二年草。草丈は60~90cm。原産地は南ヨ-ロッパ、中東。葉は長さが15cmくらいの大きな楕円形で、対生。花期は5~7月。茎先に長くて大きな総状花序を出し、ピンクの苞に包まれた花を咲かせる。花の色には、淡い青紫色や桃色などのものがある。葉から採る精油は調味料や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あおじそ(青紫蘇)

アオジソ(学名:Perilla frutescens var. crispa)はシソ科シソ属の一年草。草丈は50~100cm。原産地は中国。栽培種が逸出し野生化している帰化植物。茎には長軟毛が疎生する。葉は広卵形で時に縮み、質は薄く、長さ8~10cm、色は赤紫色、または緑色。葉の上面が緑色で裏面は赤紫色のものもある。先は尖り、鋸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきのたむらそう(秋の田村草)

アキノタムラソウ(学名:Salvia japonica)はシソ科アキギリ属の多年草。草丈は20~80cm。原産地は日本、朝鮮半島、台湾、中国。本州~九州の山野の道ばたなどに生える。葉は対生し、3~7個の小葉からなる奇数羽状複葉。下部の葉には長い柄がある。小葉は長さ2~5cmの広卵形~長卵形。鋸歯の先は丸みを帯び、葉先は鈍頭~鋭頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひきおこし(引起こし)

ヒキオコシ(学名:Rabdosia japonica)はシソ科ヤマハッカ属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本、朝鮮半島。北海道西南部から九州にかけて分布する在来種。地下茎があり、直立し、茎は4稜(断面四角形)があり、下向きの毛がある。葉は対生し、長さ5~15cmの広卵形で、鋸歯があり、先端は鋭頭。葉脈上に短毛がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんにんそう(天人草)

テンニンソウ(学名:Leucosceptrum japonicum)はシソ科テンニンソウ属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本。北海道~九州にかけての山地の木陰や谷沿いなどの湿った場所に生育。地下茎は木質化している。茎の断面は四角形。葉は細長い楕円形で、長さ10~20cmくらいあり、黄緑色をしていて、ほとんど毛は生えず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビア・フォルスカオレイ(Salvia forsskaolii)

サルビア・フォルスカオレイ(学名:Salvia forsskaolii)はシソ科サルビア属の耐寒性多年草。草丈は50~100cm。原産地はギリシャ、ブルガリア、トルコ。花期は6~9月。株元から花茎を伸ばし、白く筋の入ったバイオレットブルーの花を段状に咲かせる(鮮やかな青、白の舌弁)。京都府立植物園(2013/6/25)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビア・グルティノサ(Salvia glutinosa)

サルビア・グルティノサ(学名:Salvia glutinosa)はシソ科サルビア属(アキギリ属)の多年草。草丈は40~70cm。原産地ははヨーロッパ中部~西アジア。葉は卵形で、対生。葉には細かい切れ込みが入る。花期は6~9月。花の色は黄色く、甘い香りがする。花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)。別名ジュピターズ・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かっこうちょろぎ(郭公草石蚕)

カッコウチョロギ(学名:Stachys officinalis)はシソ科イヌゴマ属の耐寒性多年草。草丈30~60cmは。原産地はヨーロッパ、アジア。草地や河岸、荒れ地に生える。茎の断面は四角形。葉は長い楕円形で、対生。葉の縁には鋸歯があり、さわやかな香りがある。茎や葉には銀白色の毛が密集。花期は6~9月。茎先に穂状の総状花序を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつぼぐさ(空穂草、靫草)

ウツボグサ(学名:Prunella vulgaris subsp.asiatica)はシソ科ウツボグサ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。日本全土の日当たりのよい山野の草地、路傍に多く自生。茎は四角で、基部からは走出枝が出てふえる。 葉は対生し、長さ2~5cmの長楕円状披針形、少数の低い鋸歯がある。全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカンブルーバジル(African blue basil)

アフリカンブルーバジル(学名:Ocimum basilicum 'African Blue')はシソ科メボウキ属の多年草。草丈は60~120cm。原産地はインド、熱帯アジア。ダークオパールバジル(学名:Ocimum basilicum 'Dark Opal')とカンファーバジル(学名:Ocimum kilimandscharium)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アガスターシェルゴサアルバ(Agastache rugosa Alba)

アガスターシェ ルゴサアルバ(学名:Agastache rugosa Alba)はシソ科アガスターシェ属の半耐寒性宿根草(多年草)。草丈は10~100cm。原産地はメキシコ。花期は6~7月。花色は純白でアニス(anise)に似た爽やかな香り。西宮市北山緑化植物園(2013/6/14)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こばのたつなみそう(小葉の立浪草)

コバノタツナミソウ(学名:Scutellaria indica var.parvifolia)はシソ科タツナミソウ属の多年草。草丈は5~20cm。原産地は日本、アジア。本州関東以西~九州の海岸沿いや丘陵地などに自生する。タツナミソウの変種で全体にひと回り小さい。茎の下部は地面をはい、径1cmほどのまるいハート形の葉を付ける。両面にビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひいらぎそう(柊草)

ヒイラギソウ(学名:Ajuga incisa)はシソ科キランソウ属の多年草。草丈は30~50cm。原産地は日本。本州の関東地方と中部地方の山地のやや湿った木陰に生える。葉は長さ5~10cmの卵形で、互生し、葉の縁には不揃いで鋭い切れ込みがある。葉の柄は長さが3~5cmくらいある。花期は4~6月。花は茎上部の葉腋に3~5段にかたまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミント(Mint)

ミント(学名:Mentha)はシソ科ハッカ属(ミント属、メンタ属)の総称。ほとんどは多年草だが、一年草の種も少しある。草丈は20~100cm。原産地はユーラシア大陸。繁殖力が旺盛であり、零れ種と地下茎により繁殖する。花期は7~10月。白、ピンク色の花を咲かせる。ミントに含まれる有効成分はメントールで医薬品の材料として広く使われ、消化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエストリンギア(Westringia)

ウエストリンギア(学名:Westringia rosmariniformis、Westringia fruticosa)はシソ科ウエストリンギア属の常緑小低木。高さは100~150cm。。原産地はオーストラリア。海岸の岸壁などに生える。葉は針状の線形で、対生。葉の質は分厚く、艶がある。花期は4~10月(暖地では周年)。花は青みが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゅうにひとえ(十二単)

ジュウニヒトエ(学名:Ajuga nipponensis)はシソ科キランソウ属の多年草。 草丈は10~30cm。原産地は日本。本州と四国の山際などのやや湿った場所に生育する。葉や茎に毛が多く、緑白色に見える。葉は長さ3~5cmほどの長楕円形で葉先は丸みを帯び、縁に少数の波状鋸歯がある。葉は対生し、茎に2~3対つく。花期は4~5月。茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えごま(荏胡麻)

エゴマ(学名:Perilla frutescens var. frutescens)はシソ科シソ属の一年草。草丈は60~250 cm。原産地は東南アジア。山野の林縁や道ばたに生育。日本ではインド原産のゴマよりも古くから利用されている。茎は四角く、直立し、長い毛が生える。葉は対生につき、広卵形で、先がとがり、鋸歯があるが付け根に近い部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はっか(薄荷)

ハッカ(学名:Mentha arvensis var.piperascens)はシソ科ハッカ属の耐寒性多年草。草丈は20~70㎝。原産地は日本。湿地や用水路脇、河畔などに生える。葉は狭卵形~長楕円形で、長さ2~8cm、葉縁には鋭い鋸歯があり、鋭頭、基部はくさび形となり、6~20mmの葉柄がある。花期は7~10月。長さ4~5㎜の藤色ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きせわた(着せ綿)

キセワタ(学名:Leonurus macranthus)はシソ科メハジキ属の多年草。草丈は50~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。山地の草原に生える。茎は四角。葉は洋紙質で粗い毛があり、長さ5~9cmの楕円形で対生。縁に粗い切れ込みがある。花期は8~10月。花は舌状の合弁花で葉腋に数個つける。花は茎に段状につく。花弁は上唇と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みそがわそう(味噌川草)

ミソガワソウ(学名:Nepeta subsessilis)はシソ科イヌハッカ属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は日本。山地帯~高山帯の湿った草地に生える。四角い茎は分岐しないで直立する。葉は対生し、長卵形で先が細く尖っていて、両面にまばらな細毛がり、縁に細かい波状の鋸歯がある。花期は7~8月。花は淡青紫色で、茎の上部の葉腋から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぶきじゃこうそう(伊吹麝香草)

イブキジャコウソウ(学名:Thymus quinquecostatus)はシソ科イブキジャコウソウ属の匍匐性常緑低木。高さは3~5cm。原産地は日本、中国、インド 。日本全土の高山から低山までの日当たりのよい岩場や草地に生育する。茎は細く、地表を這い、よく分枝する。枝には短い毛がある。葉は茎に対生する。葉身は卵形から狭卵形で、先端は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレガノ(Oregano)

オレガノ (学名:Origanum vulgare) はシソ科ハナハッカ属の多年草。草丈は30~90cm。原産地はヨーロッパの地中海沿岸地方。茎は柔らかく枝分かれしていて、毛深い。茎が直立するタイプのものと這うように横に広がるタイプのものがある。葉は卵形で、表面が滑らかなものと毛が生えたものに分かれる。花期は5~8月。長く伸びた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いぬごま(犬胡麻)

イヌゴマ(学名:Stachys japonica var.intermedia 、Stachys riederi var.intermedia)はシソ科イヌゴマ属の多年草。草丈は30~70cm。原産地は日本、朝鮮半島。日本各地の湿地に生える。茎は四角形で直立する。茎の稜の上には、下向きの短い棘がある。葉は鋸歯のある披針形で、対生し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンタイム(Lemon Thyme)

レモンタイム(学名:Thymus x citriodorus)はシソ科イブキジャコウソウ属の多年草(常緑小低木)。草丈は20~40cm。原産地は地中海沿岸地方。ティムス・プレギオイデス(学名:Thymus pulegioides)とコモンタイム(学名:Thymus vulgaris)の交雑種。茎は立ち、葉は卵形で対生。葉には細かい毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きばなあきぎり(黄花秋桐)

キバナアキギリ(学名:Salvia nipponica)はシソ科アキギリ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。本州から九州の山の木陰に生える。茎は四角形の断面で、その根本はやや横に這う。葉柄は長く、葉身は3角状ほこ形で基部が横に張り出す。花期は8~10月。花穂は10~20cmの長さとなり、花冠は長さ 2.5~3.5 c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタキス・コッキネア(Stachys coccinea )

スタキス・コッキネア(学名:Stachys coccinea)はシソ科スタキス(イヌゴマ)属の多年草。草丈は20cm。原産地は北アメリカ。茎は断面が四角形をしている。全体的に毛が密生している。葉は鋸歯があり、葉脈が目立つ。茎を立ち上げて節ごとに車輪状に花を咲かせる。花期は5~10月。花色が鮮やかな紅色。花穂は下から順々に咲き続ける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンタイム(Lemon thyme)

レモンタイム(学名:Thymus×citriodorus)はシソ科イブキジャコウソウ(ティムス)属の常緑低木。高さは10~40cm。原産地はヨーロッパ、アジア。ティムス・プレギオイデス(学名:Thymus pulegioides)とコモンタイム(学名:Thymus vulgaris)との種間交雑種。よく分枝する。葉はつやのある緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレンジ スパイスタイム(Orange Spise Thyme)

オレンジ スパイスタイム(学名:Thymus 'Orange-spice'はシソ科イブキジャコウソウ属のほふく性の耐寒性常緑低木。高さは5~20㎝。原産地は地中海沿岸。立ち上がりのない細い葉が密集。花期は5~8月。淡いピンク の小さい花が特徴的。オレンジスパイスの香りのする。料理、ティー、薬用に利用するほか、ポプリ、香料としても使わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more