テーマ:リュウゼツラン科

アガベ・ストリクタ(Agave stricta)

アガベ・ストリクタ(学名:Agave stricta)はリュウゼツラン科(キジカクシ科)アガヴェ属(リュウゼツラン属)の常緑多年草。草丈は20~70cm。原産地はメキシコ。細く鋭い葉が放射状に展開。葉やノギも硬く、葉の長さは25~30cm程度の細長い多肉質の葉で、葉色は、やさしい明るめな緑色。先端は、尖っていて茶色くなっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユッカ・ロストラタ(yucca-rostrata)

ユッカ・ロストラタ(学名:Yucca rostrata)はリュウゼツラン科イトラン属(ユッカ属)の常緑低木。高さは3~5m。原産地はメキシコ。葉は線形で鋭利な先端がある。葉は枯れても幹に残る。花期は6~7月。花序をだして白色の花を咲かせる。別名-。英名は Beaked yucca、Big Bend yucca。京都府立植物園(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

においしゅろらん(匂棕櫚蘭)

ニオイシュロラン(学名:Cordyline australis)はリュウゼツラン科センネンボク属の常緑高木。高さは3~20m。原産地はニュージーランド。幹は直立し、細長い葉を四方に出す単子葉植物の樹木。葉は革質で、30~90cmの披針形から線形。花期は5~6月。葉の間からたくさんの白い花をつけた大きな複円錐花序を出す。庭木などで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ささのゆき(笹の雪)

ササノユキ(学名:Agave victoriae-reginae)はリュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多肉植物植物(多年草) 。草丈は30~40cm。原産地はメキシコ。山地の岸壁に生育。リュウゼツラン(竜舌蘭)の代表的な栽培品種。上から見ると球形で、 葉は、深緑色で、葉縁や葉裏の稜線に白い流線形の筋が入る。 葉の先には黒褐色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まおらん(真麻蘭)

マオラン(学名:Phormium tenax)はリュウゼツラン科フォルミウム属の常緑多年草(宿根草)。草丈は2~3m。原産地はニュージーランド。日本には明治時代の初めに渡来。葉は長さ1~3mほどになり、光沢があり、黄色い縦縞が入り、細長く先端が鋭く尖っている。花期は6~8月 。細長い葉の塊として成長し、その中から花茎が伸び、鮮や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きみがよらん(君が代蘭)

キミガヨラン(学名:Yucca recurvifolia)はリュウゼツラン科キミガヨラン属(ユッカ属)の常緑低木。高さは150~200cm。原産地は北アメリカ。茎は太く、直立をする。根際から生える葉は剣形で分厚く、先が鋭く尖る。葉は少し垂れ下がり気味になる。花期は6~11月。茎先に円錐花序を出し、花径5~6cmの淡いクリーム色を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りゅうけつじゅ(竜血樹)

リュウケツジュ(学名:Dracaena draco)はリュウゼツラン科(APG分類体系ではスズラン科)ドラセナ属(リュウケツジュ属)の常緑高木。高さは10~20m。原産地はカナリア諸島、マデイラ島、南モロッコ、ベルデ岬諸島。成長は非常に遅く、樹齢は数百年から千年以上に及ぶものもあるという。葉は硬く、線状披針形で無柄。全面灰白色を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっくりらん(徳利蘭)

トックリラン(学名:Beaucarnea recurvata、Nolina recuravata)はリュウゼツラン科トックリラン属の常緑低木、小高木。高さは2~10m。原産地はメキシコ。日本では観葉植物として扱われる。幹の下部が膨れて徳利のような形になる特徴がある。膨れた部分に水を貯蔵するCaudiciform(ボトルツリー、壺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コルディリネ・アイチアカ(Cordyline愛知赤)

コルディリネ・アイチアカ(学名:Cordyline terminalis cv. Aichiaka)はリュウゼツラン科センネンボク属の半耐寒性常緑低木。高さは30~300cm。原産地は東南アジア。愛知県の園芸品。葉は長さ20cm程度の狭楕円形で、茎頂に10数枚つく。新葉が紅赤色で、徐々に濃赤紫色になる。葉縁に赤斑が入る。花期は不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューさいらん(New西蘭)

ニューサイラン(学名:Phormium tenax)はリュウゼツラン科フォルミウム属の常緑多年草(宿根草)。草丈は。原産地はニュージーランド。葉には、光沢があり、緑色の地に黄色い縦縞が入り、細長く先端が鋭く尖っている。リュウゼツラン(竜舌蘭)より葉厚は薄い。花期は7~8月。花茎を伸ばして橙色の花を多数咲かせる。葉から取る繊維は製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あおのりゅうぜつらん(青の竜舌蘭)

アオノリュウゼツラン(学名:Agave americana)リュウゼツラン科リュウゼツラン属の常緑多年生多肉植物。草丈は4~8m(花茎)。原産地は南米メキシコ。葉は根生して多数つきロゼットを形成し、細い披針形で厚く、長さは1~2mになる。色は暗緑色で、あらい角質のとげがある。リュウゼツラン(竜舌蘭、学名:Agave)に黄色い斑が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウゼツラン科(Agavaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Agave americana ■あおのりゅうぜつらん(青の竜舌蘭)  ▲センチュリー・プラント、アガベ・アメリカーナ、アメリカン・アロエ、アガベ  〔草〕 ●Agave stricta ■アガベ・ストリク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いとらん(糸蘭)

イトラン(学名:Yucca filamentosa)は リュウゼツラン科ユッカ属の常緑小低木。高さは1.5~2mくらい。北アメリカ原産。短い茎から葉が束生し、葉は剣状で硬く、若い葉の縁が白い糸状に剥げるのが特徴。花期は6~8月頃で緑白色の花を多数咲かせる。90~180cmの花茎を伸ばして、総状花序にベル形の白い花を咲かせる。京都府立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more