テーマ:スベリヒユ科

すべりひゆ(滑りひゆ)

スベリヒユ(学名::Portulaca oleracea)は、スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草(多年草)。草丈は5~10cm。原産地は南アメリカ。日本全土の日当たり良好な畑などに自生する。農業において執拗な雑草として嫌われる。地域によっては食料として畑作もされる。茎は赤紫色を帯び、地を這って分枝。葉は長円形の肉質で互生。花期は7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カランドリニア(Calandrinia umbellata)

カランドリニア(学名:Calandrinia umbellata)はスベリヒユ科カランドリニア属の半耐寒性一年草ま(多年草)。草丈は10~15cm。細い葉をつけた芝のような株。原産地はペルー、チリ 。花期は5~7月。花茎を伸ばして鮮やかな赤紫の花径は1.5~2cmほどの小花を数輪咲かせる。別名アンデスマツバボタン(アンデス松葉牡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スベリヒユ科(Portulacaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Calandrinia umbellata ■カランドリニア(Calandrinia umbellata)  ▲アンデスマツバボタン  〔草〕 ●Cisanthe grandiflore ■シザンテ’ブライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーチュラカ(Portulaca)

ポーチュラカ(学名:Portulaca oleracea)はスベリヒユ科スベリヒユ属の多年草(日本では冬の寒さに耐えられずに枯れてしまうため、一年草として扱われてる)。熱帯、亜熱帯地方が原産。草丈は10~20cm。茎や葉は多肉質で、強い乾燥にも耐えられるようになっている。同じ仲間のマツバボタンによく似ているが、マツバボタンの葉が細長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more