テーマ:ナデシコ科

シレネ(Silene)

シレネ(学名:Silene pendula)はナデシコ科マンテマ(シレネ)属の一秋まき年草(常緑多年草)。草丈は20~60cm。原産地は主に北半球、地中海沿岸地方。1890年頃に渡来。シレネにはたくさんの品種があり、姿や性質も多少異なる。暑さ、寒さに強く育てやすいのは一年性の品種。花期は4~7月。5弁花(10枚にも見える)のくっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シレネ・ディオイカ(Silene dioica)

シレネ ディオイカ(学名:Silene dioica)はナデシコ科マンテマ属の耐寒性多年草。草丈は20~90cm。ヨーロッパ原産。道端や牧場などでよく見られる。直立する茎はよく分岐し、葉は濃緑色の卵形から披針形で対生し、有毛、茎上部の葉は無柄。4~7月に可憐な一重の花をたくさん咲かせる。花色はピンクと白。雌雄異株。花弁は高杯形で縁が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイアンサス(Dianthus)

ダイアンサス(学名:Dianthus hybrids)は、ナデシコ科ダイアンサス属(ナデシコ属) の耐寒性常緑多年草。カワラナデシコ(河原撫子)や、エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)、カーネーション、ビジョナデシコ(美女撫子撫子)、セキチク(石竹)、タツタナデシコ(竜田撫子)、ハマナデシコ(浜撫子)、オヤマナデシコ(小山)のナデシコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわらなでしこ(河原撫子)

カワラナデシコ(学名:Dianthus superbus var. longicalycinus)は、ナデシコ科ナデシコ属の多年草。高さ30~50cm。原産地は日本、東アジア。茎は根から叢生し、節が膨らむ。葉は対生、線形~線状披針形で長さ4~7cm、先端は鋭く尖り、基部は茎を抱きこみ、無毛で、粉白色。葉柄は無い。花期は7~10月。花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すいせんのう(酔仙翁、水仙翁)

スイセンノウ(学名:Lychnis coronaria (=Silene coronaria).)はナデシコ科センノウ属(マンテマ属、シレネ属)の多年草。草丈は50~70cm。ヨーロッパ南部原産。丘陵の低木地帯や岩の多い場所などに生える。葉は披針形をしている。葉と茎を覆っている白い綿毛が軽くて柔らかな紡毛織物のフランネルに似ているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アグロステマ(Agrostmma)

アグロステマ(学名:Agrostemma githago)はナデシコ科アグロステマ属の秋まき一年草。高さ 60~100cm。原産地はヨーロッパ、西アジア 。花期は4~7月。1本に着く花数は10輪前後。花は5弁で直径約8cm。花色は紫。花弁には濃い紫色の線がある。別名ムギセンノウ(麦仙翁)、ムギナデシコ(麦撫子)、コーンコックル。写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more