テーマ:キンポウゲ科

からまつそう(落葉松草、唐松草)

カラマツソウ(学名:Thalictrum aquilegifolium var. intermedium) はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本。北海道から本州の山地~高山帯の草地に生える。葉は根本から出て、2回ないし3回羽状複葉。小葉は長さ2~3cmで楕円形。葉は互生し、下部に葉に柄があり、上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おくとりかぶと(奧鳥兜)

オクトリカブト(学名:Aconitum japonicum)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草。草丈は60~200cm。原産地は日本。北海道、本州中部北部の山野の渓流沿いや林内、沢筋など湿ったところに多い。茎は直立または斜上し、葉はやや厚みをもった円心形で5~7裂するが、丸みがある。各裂片には粗い鋸歯がある。花期は8~10月。長さ4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞとりかぶと(蝦夷鳥兜)

エゾトリカブト(学名:Aconitum sachalinense subsp. yezoense)はキンポウゲ科トリカブト属の多年草。草丈は60~150cm。原産地は日本。北海道の山地の林の中や沢沿いに生える。茎は中ほどから上部で湾曲する。上部で枝分かれする。葉は3つに裂け、小葉が更に2つに深く裂ける。花期は8~10月。茎先や葉の付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきからまつ(秋唐松)

アキカラマツ(学名:Thalictrum minus var. hypoleucum)はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は1~1.5m。原産地は日本、朝鮮半島、中国、ロシア。主に草原や路傍に生育するが、沖縄島では山地に生育する。葉は、複数回3出複葉。小葉は円形~広卵形で、長さ1cm。花期は7~9月。花序は円錐花序で、茎の頂端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレボルス・フォエティダス(Helleborus foetidas)

ヘレボルス・フォエティダス(学名:Helleborus foetidas)はキンポウゲ科クリスマスローズ(ヘレボルス)属の常緑多年草(耐寒性)。草丈は40~120cm。原産地は西南ヨーロッパ(イタリア、スペイン、ポルトガル他)。ヘレボルス・アルグティフォリウスと同様に、クリスマスローズ(Helleborus)の中で、原種に近く、最も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまのあしがた(馬の足形、馬の脚形)

ウマノアシガタ(学名:Ranunculus japonicus)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は。北海道、本州、四国、九州の山野の日当たりのよい場所に生える。有毒植物。根生葉には長い柄があり、掌状に3~5裂し、裂片は更に浅く裂ける。葉身は円心形で、長さ2.5~7cm。花期は4~5月。花弁は5枚で広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆきわりいちげ(雪割一華)

ユキワリイチゲ(学名:Anemone keiskeana)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。草丈は10~20㎝。原産地は日本。本州西部から九州に分布し、丘陵地帯の山際や道の側などに生育する。地下茎があり、群生する。前年から葉を出して年を越す。根生葉は3小葉で、小葉は三角状卵形で鋸歯がある。紫色を帯びた濃い緑色で白斑が入り、茶色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おうれん(黄連)

オウレン(学名:Coptis japonica)はキンポウゲ科 オウレン属の常緑の多年草。草丈は40cm。原産地は日本。北海道、本州、四国の山地の木陰に自生。葉は根出状に出て、葉質はやや硬くてつやがある。葉の形は1回3出複葉で、小葉は卵形で荒い鋸歯があり、3出状に裂けることもある。雌雄異株。花期は3~5月。高さ15~40cmの花茎が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えんこうそう(猿猴草)

エンコウソウ(学名:Caltha palustris var. enkoso)はキンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。草丈は60cmほど。わが国の各地をはじめ、北半球に広く分布。山地の川沿いや湿地、沼地などに生える。リュウキンカ(立金花)に似ているが、茎は横に長く這って、四方に広がる。根生葉は長い葉柄があり、腎形で縁に粗い鋸歯がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレボルス・リグリクス(Helleborus liguricus)

ヘレボルス・リグリクス(学名:Helleborus liguricus)はキンポウゲ科クリスマスローズ属の常緑性多年草。草丈は10~30cm。原産地は北イタリア。ヘレボルス原種。花期 12~3月。花色は淡黄緑。花弁は小型で微かな柑橘系の香りが漂う。西宮市北山緑化植物園(2011/4/12)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレボルス・ニゲル(Helleborus niger)

ヘレボルス・ニゲル(学名:Helleborus niger)はキンポウゲ科クリスマスローズ属の常緑の多年草。草丈は20~30cm。原産地はヨーロッパ~西アジア。花期は12~2月。花のように見えるものは萼で、白または桃色で、下向きに咲かせる。花径は6cm。レンテン・ローズと呼ばれるヘレボルス・オリエンタリスと似る。キンポウゲ科であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレボルス・リビダス(Helleborus lividus)

ヘレボルス・リビダス(学名:Helleborus lividus)はキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草。草丈は30~60cm。原産地はスペインのマジョルカ島。茎は灰紫。紫がかった葉に銀色の網目模様。花期は2~3月。花弁のように見えるのは萼片で、5枚ある。花は下向きに咲く。花の色には緑色のものと小豆色のものがある。京都府立植物園(201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらしなしょうま(晒菜升麻、更科升麻)

サラシナショウマ(学名:Cimicifuga simplex)はキンポウゲ科サラシナショウマ属 の多年草。草丈は40~150 cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、シベリア。葉は互生して、2~3回3出複葉。小葉は長さ3~8cmで先の尖った卵形で不ぞろいの鋸歯があり、3深裂する。花期は8~10月。茎の先に15~30cmの穂状花序を出し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンポウゲ科(Ranunculaceae)2

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Helleborus x stern ■ヘレボルス・ステルニー(Helleborus sternii)  ▲-  〔草〕 ●Helleborus argutifolius ■ヘレボレス・アウグティフォリウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンポウゲ科(Ranunculaceae)1

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Aconitum japonicum ■おくとりかぶと(奧鳥兜)  ▲-  〔草〕 ●Aconitum sachalinense subsp. Yezoense ■えぞとりかぶと(蝦夷鳥兜)  ▲ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はすばからまつ(蓮葉唐松)

ハスバカラマツ(学名:Thalictrum coreanum)はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は15~30cm。原産地は朝鮮。葉がハスの葉をやや細くした形。葉柄が葉裏に垂直につく。花期は6月。花は淡紅色の線香花火のよう。実は円形・広楕円形。西宮市北山緑化植物園(20110617)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまおだまき(山苧環)

ヤマオダマキ(学名:Aquilegia buergeriana)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草。草丈は30~60㎝。北海道、本州、四国、九州の山地の草原に生える。根生葉は長柄があり、2回3出複葉。小葉は扇形で2~3裂し、長さ2~4㎝。花期は6~8月。茎の上部に3~3.5㎝の花を下向きにつける。萼片が赤褐色をしているものがもっとも広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くさぼたん(草牡丹)

クサボタン(学名:Clematis stans)はキンポウゲ科センニンソウ属の落葉半低木(多年草)。高さは50~100cm。原産地は日本。本州全土の日当たりの良い山野、草原、林縁などに自生。茎の下部は木化しており直立するが、上部は木化していないので、見かけでは多年草だが、半木本という事になる。葉は、対生し、葉縁に鋸歯がある。雌雄異種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくしからまつ(筑紫唐松)

ツクシカラマツ(学名:Thalictrum kiusianum)はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は8~15cm。原産地は日本。カラマツソウの仲間の山野草。葉は2回3出複葉、小葉は円形~広卵形。匍匐枝を出して地を這うように広がる。花期は6~7月。淡紅紫色の径1cmほどの小さな花が多数咲く。花弁はなく、萼片が花弁状で、すぐに脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くろたねそう(黒種草)

クロタネソウ(学名:Nigella damascena)はキンポウゲ科クロタネソウ属の一年草。草丈は20~60cm。原産地は地中海沿岸地方。日当たりの良い砂礫地に生える。ヨーロッパでは16世紀末から栽培され、わが国へは江戸時代に渡来。葉は羽状複葉で、小葉は糸状に細裂。5~7月ごろ、枝先に青色や白色、紫色などの花を咲かせる。花弁のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレマチス(Clematis)

クレマチス(学名:Clematis)は、キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)のこと。落葉~半落葉蔓性植物。原産地は地中海沿岸、中国、日本。葉は三出複葉か二回三出複葉で、葉柄は他の植物の茎などにやや巻き付き、掴むような感じになって茎を固定する。花期は春咲き系は5~6月、冬咲き系は12~2月、四季咲きは5~10月。花径は種類に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかさごからまつ(高砂唐松、高砂落葉松)

タカサゴカラマツ(学名:Thalictrum urbaini)はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は10~50cm。原産地は台湾。低山の林の中に生える。茎は滑らかで光沢がある。葉は2~3回3出複葉である。花期は3~4月である。開花弁はなく、萼が花びらのように見える。花の色は白く、雄しべが目立つ。別名タイワンバイカカラマツ(台湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にりんそう(二輪草)

ニリンソウ(学名:Anemone flaccida)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。草丈は15~25 cm程度。東アジアに分布する。日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育する。深く裂けた根生葉を持つ。茎に3枚が輪生する葉には、サンリンソウのような柄はない。4~6月に、白い萼片を持つ花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼたんきんばい(牡丹金梅)

ボタンキンバイ(学名:Trollius pulcher)はキンポウゲ科キンバイソウ属の多年草。草丈は20~60cm。北海道の利尻島にのみ分布する固有種で、利尻山の高山草原に生える。北海道のレッドデータブックでは希少種に登録されている。茎は枝別れはほとんどしない。葉は拳状に5つに深く裂け、裂片が更に切れ込む。根元から生える葉や根元に近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おきなぐさ(翁草)

オキナグサ(学名:Pulsatilla cernua)はキンポウゲ科オキナグサ属の多年草。草丈は10~40cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。日本では、本州、四国、九州に分布し、山地の日当たりのよい草原や河川の堤防などに生育する。根出葉は2回羽状複葉で、長い柄をもち束生する。小葉はさらに深裂する。茎につく葉は3枚が輪生し、無柄で基部…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

みやまおだまき(深山苧環)

ミヤマオダマキ(学名:Aquilegia flabellata var. pumila)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草。草丈は10~25cm。北海道、本州中部・北部に分布。高山の礫地や草地に生える。根は太くてまっすぐに下に伸びる。葉は根出状に数枚出る。それぞれ2回3出複葉で、1回目の枝ははっきり出るが、2回目はごく短く、小葉は互い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばいかからまつ(梅花落葉松)

バイカカラマツ(学名:Anemonella thalictroides)はキンポウゲ科バイカカラマツソウ属の多年草。草丈は10~20cm。原産地は北アメリカ東北部。葉は浅く切れ込んだ丸い小さな葉。花期は4~5月。花は茎の先端に大きく1輪開いたのち、そのわきに小花を2輪開く。花径は2~3㎝で、基本種は一重だが、八重咲き、千重咲きがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りゅうきんか(立金花)

リュウキンカ(学名:Caltha palustris var. nipponica)はキンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。草丈は15~50cm。原産地は中国、朝鮮、日本。本州、九州の水辺や湿地などに生育。根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉身は心円形から腎円形で、長さ、幅とも3~10cm、縁には低い鈍鋸歯を持つ。茎は直立し、中空で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おだまき(苧環)

オダマキ(学名:Aquilegia flabellata)はキンポウゲ科オダマキ属の耐寒性宿根多年草。草丈は30~50cm。原産地は北半球の温帯~亜寒帯。オダマキはミヤマオダマキを園芸化したもので、日本では単にオダマキというとこの種を指すことが多い。葉は長い軸の先に3枚の小さな葉が付いた3出複葉(さんしゅつふくよう)。花期は5~8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デルフィニューム(Delphinium)

デルフィニューム(学名:Delphinium)はキンポウゲ科ヒエンソウ属の多年草(日本では秋まき一年草)。草丈は30~200cm。原産地はヨーロッパ、アジア、北アメリカ、アフリカ。ヨーロッパを中心として約250種が分布する花期は5~8月。花径3cm程度、花穂長は20cm。花色は青、水色、紫、白、桃、赤、黄、橙。別名デルフィニウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more