テーマ:ジンチョウゲ科

なにわず(難波津)

ナニワズ(学名:Daphne jezoensis、Daphne pseud-mezereum subsp. jezoensis)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の落葉小低木。高さは15~50cm。原産地は日本、南千島、サハリン。北海道、本州・北陸以北の日本海側の山地や林縁に生育。全体に無毛で、太い枝がまばらに分枝する。葉は枝端に互…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

べにばなみつまた(紅花三椏)

ベニバナミツマタ(学名:Edgeworthia papyrifera 'Rubra'、Edgeworthia chrysantha 'Rubra')はジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は中国~ヒマラヤ。日本へは室町時代に渡来。赤い花の園芸品種。葉は細長い楕円形で、互生。葉の表面は鮮やかな緑色で、裏面には毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おにしばり(鬼縛り)

オニシバリ(学名:Daphne pseudo-mezereum)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の落葉小低木。高さは1mほど。原産地は日本。疎林の林床に生育する。全体に有毒である。夏に落葉する珍しい冬緑樹である。雌雄異株。葉は枝先に集まって互生する。長さ10cm前後の倒披針形で質は薄く、表裏ともに無毛。鋭頭あるいは鈍頭で縁は全縁である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Daphne genkwa ■ふじもどき(藤擬き)  ▲サツマフジ、チョウジザクラ、チョウジュザクラ  〔樹木〕 ●Daphne jezoensis、Daphne pseud-mezereum subsp.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふじもどき(藤擬き)

フジモドキ(学名:Daphne genkwa)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の落葉低木。高さは1m前後。中国・台湾・朝鮮半島原産。江戸初期に薬草として中国から入った木で、シーボルトの図版にも出ている。花期 は3~5月。花の色は紫。花弁のように見える萼片をもつ。萼片は4枚に分かれ、花の直径は1cm強。芳香がある。藤の花にも優るとも劣ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みつまた(三椏/三叉)

ミツマタ(学名:Edgeworthia chrysantha)はジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は中国南部、ヒマラヤ。樹皮は黄褐色、若枝は緑色。古く中国から渡来、樹皮の繊維で和紙を作るため栽培。枝は3個ずつ分枝する。葉は長楕円形~披針形。冬の間中、各枝先に筒状の白いつぼみを密に下垂してつけたまま過ごす。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じんちょうげ(沈丁花)

ジンチョウゲ(学名:Daphne odora)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。高さは1~2m。原産地は中国。葉は倒披針形で革質。花期は2~3月。雌雄異株。多数の花が開き、芳香を放つ。萼(がく)は筒形の花冠状で先が4裂し、外面は紅紫色、内面は白色。園芸品種に葉の縁の白いものや花が白色のものなどがある。別名チョウジ(丁字)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more