テーマ:イノモトソウ科

まつざかしだ(松坂羊歯)

マツザカシダ(学名:Pteris nipponica)はイノモトソウ科イノモトソウ属の常緑多年性。草丈は70~100cm。原産地は日本朝鮮半島、台湾など。房総以西の沿岸部、島根県以西の日本海側、四国、九州の林内に生える。根茎は短く横に這う。葉の質はやや厚く硬くて艶がある。側羽葉は線状の長い楕円形で1~3対あり、葉は波のようにうね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアンタム・ラッディアヌム(Adiantum raddianum)

アジアンタム・ラッディアヌム(学名:Adiantum raddianum)はイノモトソウ科(ワラビ科)アジアンタム属の非耐寒性常緑シダ(多年草)。草丈は30~50cm。原産地は熱帯アメリカ(ブラジル)。葉は、地際から叢生する。光沢のある黒~濃褐色の固い葉柄に、淡緑色の小葉を多数つける。葉片の縁に不規則な切れ込みが入り、裏側に胞子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イノモトソウ科(Pteridaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Adiantum raddianum ■アジアンタム・ラッディアヌム(Adiantum raddianum)  ▲アジアンタム、カラクサホウライシダ、コバホウライシダ  〔草〕 ●Pteris nipp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more