テーマ:オモダカ科

おもだか(面高、沢瀉)

オモダカ(学名:Sagittaria trifolia)はオモダカ科オモダカ属の多年草。草丈は:20~120cm。原産地は中国。北海道~沖縄の湖沼やため池、水路、水田などに生育する抽水~湿生植物。特徴のある矢じり型の葉は最初、線形だが、成長に伴い狭長楕円形の葉を経て、先端が尖って矢じり型の葉身となる。葉身の頂裂片は挟三角形~卵形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オモダカ科(Alismataceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Sagittaria trifolia ■おもだか(面高、沢瀉)  ▲ハナグワイ、サンカクグサ、イモグサ、オトゲナシ、カチグサ、アローヘッド  〔草〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more