テーマ:多年草

うまのすずくさ(馬の鈴草)

ウマノスズクサ(学名:Aristolochia debilis)はウマノスズクサ科ウマノスズクサ属のつる性多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本、中国。川の土手や草地などに生息する。葉は長いハート形で、互生。花期はは6~8月。ラッパ状をした暗い紫色の花筒(萼)を横向きにつける。花弁はなく、3枚の萼が合生して筒状になっている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シレネ・ユニフローラ(Silene uniflora)

シレネ・ユニフローラ(学名:Silene uniflora)はナデシコ科シレネ属の耐寒性多年草。草丈は5~20cm。原産地は地中海沿岸地方。高山の岩場や砂礫地、海岸に自生。葉は対生し、やや厚みがある披針形~楕円形~へら形で、白みを帯びている。株は地面を這うように広がる。花期は5~6月。伸びた茎の頂部に花序を出す。花序には1~3個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みせばや(見せばや)

ミセバヤ(学名:Hylotelephium sieboldii)ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属のは宿根草。草丈は5~30cm。原産地は日本。花期は10~11月。花茎の先端に散房花序をなしそこに密生して開花する。色は淡紅色で花径は約1cm、花弁は5枚で長さ4mmほど。裂開前の葯は濃赤紫色でよく目立つ。雌しべは花弁よりも色が濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルテルナンテラ・デンタータ(Alternanthera dentata)

アルテルナンテラ・デンタータ(学名:Alternanthera dentata)はヒユ科ツルノゲイトウ属の多年草(耐寒性がないので、日本では一年草扱い)。草丈は30~100cm。原産地は西インド諸島、ブラジル。茎は直立し、よく分枝して広がる。葉は先が尖った楕円形で葉長は5~10cm、対生。原種はやや赤味がかった緑色。花期は8~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルテルナンテラ・フィコイデア(Alternanthera ficoidea)

アルテルナンテラ・フィコイデア(学名:Alternanthera ficoidea、旧学名:Telanthera amoena)はヒユ科ツルノゲイトウ属の多年草(耐寒性がないので、日本では一年草扱い)。草丈は15~30cm。原産地はメキシコ、アルゼンチン。地面を這うようにして広がり、葉は全縁の細長い卵形から披針形で対生。葉は、緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にせこばんそう(贋小判草、偽小判草)

ニセコバンソウ(学名:Chasmanthium latifolium)はイネ科カスマンティウム属(チャスマンティウム属)の多年草。草丈は。1m前後、原産地は北米 、メキシコ東部。葉は笹に似た線型で、茎は細め。花期は7~10月。花は花弁はなく苞が変化した頴に囲まれた小花が集まった小穂が付く。小穂は緑色、花後に銅色に変わって冬まで残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふうちそう(風知草)

フウチソウ(学名:Hakonechloa macra)はイネ科ウラハグサ属の多年草。草丈は20~70cm。原産地は日本。本州の太平洋側の崖や尾根に見られる。学名の「ハコネクロア」とは「箱根産の」という意味で箱根近辺に多く見られることに由来。多数の茎が株立ちになって垂れ下がり、数枚の長さ15cm前後の細長い葉をつける。この葉はつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こくりゅう(黒竜)

コクリュウ(学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens')はユリ科ジャノヒゲ属(APGIIではスズラン科、APGIIIではクサスギカズラ科<キジカクシ科ともいう>)の耐寒性多年草。草丈は20~30㎝。原産地は日本。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚、学名:Ophiopogon planiscapus)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

げっとう(月桃)

ゲットウ(学名:Alpinia speciosa)はショウガ科ハナミョウガ属(アルピニア属)の常緑多年草。草丈は1~4m。原産地は日本、台湾、中国、インド。九州南部から沖縄に分布。地下茎が横に這い、地上に偽茎を立てる。偽茎は高さ2mほどになり、先端の方に互生するように大きな葉をつける。葉は楕円形で、やや硬く、つやがある。花期は5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しば(芝)

シバ(学名:Zoysia japonica)はイネ科シバ属 の多年(宿根)草。草丈は10~20cm。原産地は日本、台湾、中国、東南アジア、インド洋諸島、ヨーロッパ。北海道~沖縄の海浜、原野、山地、路傍などの日当たりのよい所に生育し、群生する。越冬芽は匍匐茎の各節に直立してつくき、枯れた葉鞘に包まれる。茎は堅く、匍匐茎は地表を長く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さがぎく(嵯峨菊)

サガギク(学名:Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga)はキク科キク属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は中国。嵯峨天皇の時代に大覚寺大沢の池に自生していた野菊を品種改良してできたと言われている。花期は10~11月。長さ10cmほどの管状の繊細な花弁(舌状花)を多数つける。花の色は白、黄、橙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うきくさ(浮草)

ウキクサ(学名:Spirodela polyrhiza)はサトイモ科ウキクサ属の多年草。草丈は数㎝。原産地は日本。北海道~沖縄の水田、水路、湖沼などの水面に群生する浮遊植物。茎と葉の別はなく、茎か変形した葉状体をつくる。葉状体は広倒卵形、長さ3~10mm、幅2~8mm、2~4個の葉状体がつながり群体(コロニー)をなす。葉状体の裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こけさんご(苔珊瑚)

コケサンゴ(学名:Nertera granadensis)はアカネ科ネルテラ(アリサンアワゴケ)属の半耐寒性常緑多年草。草丈は3~10cm。原産地は中央~南米、ニュージーランド。小さく丸い葉が多数分岐して密生している。花期は4~7月。黄色がかった薄緑色の小さな花を咲かせる。6~7月頃に丸い実を付ける。オレンジ、白、黄の三色があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンガルーポー(kangaroo paw)

カンガルーポー(学名:Anigozanthos flavidus、Anigozanthos manglesii)はハエモドルム科アニゴザントス属の多年草。草丈は60~150cm。原産地はオーストラリア。根際から生える葉は剣状である。花期は1~6月。細い毛に覆われて、先が6つに裂けた筒状の花を咲かせる。花の色は黄緑色である。雄しべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひかげのかずら(日陰の葛、日陰の蔓)

ヒカゲノカズラ(学名:Lycopodium clavatum)はヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の常緑性シダ植物(多年草)。草丈は5~15cm。原産地はヨーロッパ、北米大陸。北海道、本州、四国、九州の丘陵~山地の明るい林縁や林床、草地などに生育。茎には主茎と側枝があり、主茎は細長くて硬く、匍匐茎となって二又分枝しながら地表を這う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずぎぼうし(水擬宝珠)

ミズギボウシ(学名:Hosta longissima、Hosta longissima var. brevifolia)はユリ科(現在はユリ科から分割したキジカクシ科)ギボウシ属の多年草。草丈は40~65㎝。原産地は日本固有種。本州愛知県以西、四国、九州の日当たりのよい湿地に生育。葉は細く、長さ15~30㎝の線状倒披針形、直立~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インカルビレア(Incarvillea)

インカルビレア(学名:Incarvillea)はノウゼンカズラ科インカルビレア属の総称。一般に鉢植えや球根で流通するのは、中国雲南省の高原に自生するインカルビレア・デラバイ(Incarvillea.delavayi)という種。 インカルビレア・デラバイ(学名:Incarvillea.delavayi)はノウゼンカズラ科イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぎく(寒菊)

カンギク(学名:Chrysanthemum indicum var. hibernum)はキク科キク属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は中国。アブラギク(学名:Chrysanthemum indicum var. indicum)の栽培種。葉は5裂するが、原種アブラギクより短く、全体に卵状広楕円形。秋に咲くコギクから改良さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひめかんぞう(姫萓草)

ヒメカンゾウ(学名:Hemerocallis dumortieri var. dumortieri、Hemerocallis dumortieri)はユリ科ワスレグサ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。山や高原の草地に生える。葉は根元に集まり、長さ40~70cmの線状披針形で、主脈が凹み、冬には枯れる。花期は5~6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だいもんじそう(大文字草)

ダイモンジソウ(学名:Saxifraga fortunei var. incisolobata)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。草丈は10~40cm。原産地は日本、中国。北海道から九州にかけての山地の湿った岩場などに生育。根際から生える葉は円形で、手のひら状に粗く切れ込む。 葉には長い柄があり、つけ根の部分は心形である。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モナルダ・シュニーウィッツェン(Monarda Schneewittchen)

モナルダ・シュニーウィッツェン(学名:Monarda Schneewittchen)はシソ科の耐寒性多年草。草丈は90cm。原産地は。葉や茎に芳香がある。花期は7~8月。白花モナルダ。別名モナルダ’スノーメイデン’(Monarda’Snow Maiden’)、ベルガモット(Bergamot)。西宮市北山緑化植物園(2016/6/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きばなのやまおだまき(黄花の山苧環)

キバナノヤマオダマキ(学名:Aquilegia buergeriana f. flavescens)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本。北海道~九州・北部の日当たりの良い高原の草地に生育。根生葉は2回3出複葉である。ヤマオダマキは距と萼片は紫褐色をしているが、キバナノヤマオダマキは距と萼片が薄黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ががいも(蘿摩、鏡芋)

ガガイモ(学名:Metaplexis japonica)はキョウチクトウ科ガガイモ属のつる性多年草。草丈は2m。原産地は日本、中国、朝鮮半島。北海道~九州の野原などに生える。地下茎を長く伸ばして増え、茎を切ると白い乳液が出る。葉は対生し、長卵状心形で長さ5~10cm、先は尖り、全縁で裏面は帯白緑色。花期は8~9月。葉腋から長い花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すずさいこ(鈴柴胡)

スズサイコ(学名:Vincetoxicum pycnostelma)はキョウチクトウ科カモメヅル属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は日本、朝鮮、ダフリア(バイカル湖以東)、中国。北海道~九州の日当たりのよいやや乾いた草地に生える。茎はかたくて細く、葉は対生し、長さ6~13cmの長披針形~線状長楕円形で先はとがり、やや厚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちだけさし(乳蕈刺、乳茸刺)

チダケサシ(学名:Astilbe microphylla)はユキノシタ科チダケサシ属の多年草。草丈は:30~150cm。原産地は日本(東アジア)、北米大陸。本州から九州のやや栄養分の多い湿原、林縁、湿った草原などに生育。茎や葉の柄には褐色の毛がある。葉は2~4回の奇数羽状複葉で、互生。小葉の形は卵形で、縁には不揃いの鋸歯がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじゃくさぼてん(孔雀仙人掌)

クジャクサボテン(学名:Epiphyllum spp)はサボテン科クジャクサボテン属(エピフィルム属)の半耐寒性・常緑多年草の多肉性草本。草丈は30~200cm。原産地はメキシコ。熱帯域の森林で樹木に着生。細長く肉厚な葉は上に伸び支柱で支えられる。花期は4~6月。花は夕方から開花し、翌々日の昼まで開花。花径は5~30cm。花色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッツテール(Cat tail)

キャッツテール(学名:Acalypha hispaniolae)はトウダイグサ科エノキグサ属(アカリファ属)の常緑多年草。草丈は10~30cm。原産地は西インド諸島、中央アメリカ。葉柄は長さ0.1~0.5㎝。葉身は長さ0.3~2.1㎝の卵形~円形。基部は心形又は円形、縁は鋸歯状円鋸歯、先は鈍形~鋭形。花期は4~11月。ネコジャラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンゼルランプ(Angel Lamp)

エンゼルランプ(学名:Kalanchoe uniflora)はベンケイソウ科カランコエ属の多肉植物(多年草)。草丈は10~50cm。。原産地はマダガスカル。葉は丸形や楕円形のものが対生して厚く光沢をもち、茎は細くてほふく性がある。花期は3~5月。ランプの様な小花をたくさん咲かせる。崖や樹木などに着生し、茎が長くなると時には垂れ下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はこねしだ(箱根羊歯)

ハコネシダ(学名:Adiantum monochlamys)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑性シダ植物(多年草)。草丈は10~20cm。原産地は日本、中国、朝鮮。本州、四国、九州の山間部の岩の側面に生育する。3~4回羽状で、小葉は狭扇形。頂縁鋸歯があるが切れ込みはない。各小葉にソーラスが1個つく。葉柄は赤褐色で光沢がある。鋸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいわかがみ(小岩鏡)

コイワカガミ(学名:Schizocodon soldanelloides f. alpinus)はイワウメ科イワカガミ属の多年草。草丈は5~10㎝。原産地は日本固有種。北海道から本州の中部地方の低山~高山の草地や岩場に生育。イワカガミ(岩鏡、学名:Schizocodon soldanelloides)の高山型とされている。葉には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more