テーマ:多年草

しゅっこんブラキカム(宿根Brachycome)

シュッコンブラキカム(学名:Brachyscome angustifolia)はキク科ブラキカム属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地はオーストラリア。花期は4~11月。花径2cmほどの小輪の淡い紫・ピンク色ピンクの花を次々に咲かせる。別名ブラキカム・アングスティフォリア(Brachyscome angustifolia)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワギク(岩菊)

イワギク (学名:Chrysanthemum zawadskii)はキク科キク属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、東アジア、シベリア、ヨーロッパ東部。北海道の海岸や本州から九州の限られた山地の岩場に自生する。茎は直立し、葉は肉質で、幅広いへら形で、互生。葉は羽状に深く裂け、裂片の縁には粗い鋸歯がある。花期は7~10月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もりむらまんねんぐさ(森村万年草)

モリムラマンネングサ(学名:Sedum uniflorum ssp. japonicum f. morimurae)はベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本。東北~九州の山地や海岸の岩上に生育。メノマンネングサの変種。葉は卵形で光沢がある。秋~春の期間、葉がオレンジ色に紅葉する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいじょうかんあおい(青城寒葵)

セイジョウカンアオイ(学名:Asarum splendens)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草。草丈は10~20cm。原産地は中国。中国中南部の中標高の樹林下に生育。葉は厚く、矢型で濃い言い緑とグレイの斑紋葉。花期は春(5~6月)。花は大輪(5cm)。花色は濃い紫色。別名スプレンデンス(Splendens)。西宮市北山緑化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマリリス(Amaryllis)

アマリリス(学名:Hippeastrum x hybridum)はヒガンバナ科ヒッペアストルム属の多年草。草丈は40~60cm。原産地は中南米、ヨーロッパで改良。茎は中空。根際から生える葉は披針形。花期は5~6月。茎先に花径が20cmもある大輪で、花被片は6枚、花の色は、濃い紅色やピンク、白など。絞り、覆輪のものもあり、八重咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまじのほととぎす(山路の杜鵑草)

ヤマジノホトトギス(学名:Tricyrtis affinis)はユリ科ホトトギス属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は日本固有種。北海道西南部、本州、四国、九州の山野の林内に生育。茎は直立し、斜め下向きの毛が生える。葉は互生し、葉身は卵状長楕円形または狭長楕円形で長さ8~18cmになり、先端は急にとがり、基部は茎を抱く。葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あわ(粟)

アワ(学名:Setaria italica)は、イネ科エノコログサ属の多年草。草丈は1~2m。原産地は東アジア。五穀のひとつ。エノコログサを原種とする。温暖で乾燥した風土を好み。日本では、縄文時代には栽培されていて、稲(こめ)よりも以前に渡来して食用に栽培されていた。花期は7~9月。稈(かん)の先端に長さ15~25cm、径2~3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くろぐわい(黒慈姑)

クログワイ(学名:Eleocharis kuroguwai)はカヤツリグサ科ハリイ属の多年草。草丈は40~70㎝。原産地は日本、朝鮮。北陸以西の本州から九州の湿地や水田に生育する植物で、泥の中に地下茎を長く這わせる。あちこちから花茎を出し、それが真っすぐに上に伸びるので、全体としては一面に花茎が立ち並ぶ群落を作る。葉は根元の鞘と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマルクリヌム・ハワルディー(Amarcrinum howardii)

アマルクリヌム・ハワルディー(学名:x Amarcrinum howardii)はヒガンバナ科アマルクリヌム属の常緑多年草。草丈は60~100cm。原産地は属間交配種。アメリカで1920年代に作出された、南アフリカ原産のアマリリス・ベラドンナ(Amaryllis belladonna)とクリヌム・ムーレイ(インド浜木綿、Crin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロシントうり(Colocynthis瓜)

コロシントウリ(学名:Citrullus colocynthis)はウリ科スイカ属の蔓性多年草(寒冷地では1年草)。草丈は。原産地は北アフリカ、熱帯アジア。砂漠地帯に自生する。薬用植物として、ヨーロッパ各地で栽培。茎は地面をはって四方に長く伸び、分枝する。スイカと同様に葉は羽状で深く切れ込んでいる。花期は6~8月。黄色な花(雌雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふいりだんちく(斑入葮竹)

フイリダンチク(学名:Arundo donax 'Versicolor')はイネ科ダンチク属の多年草。草丈は2~4m。原産地は地中海地方(ダンチクの園芸品種)。原種は明治12年頃に渡来。葉に白または黄白色の縞がはいる。花期は8~10月。花は白紫色の小花で、円錐花序につく。別名セイヨウダンチク(西洋暖竹)、フイリセイヨウダンチク(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマイラクサ(深山刺草)

ミヤマイラクサ(学名:Laportea macrostachya)はイラクサ科ムカゴイラクサ属の多年草。草丈は50 ~100cm。原産地は日本、朝鮮、中国。北海道~九州の山地、亜高山のやや湿った沢沿いなどに生える。茎や葉に刺がある。葉は互生し、柄は長く、葉身は広卵形で長さ6~15cm、先は尾状に長く、ふちに粗い鋸歯がある。花期は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シダルケア(Sidalcea)

シダルケア(学名:Sidalcea malviflora)はアオイ科シダルケア属の多年草。草丈は80~90cm。原産地は北アメリカの南西部。草地や明るい林内の低湿地などに生える。葉は手のひら状に裂け、互生。葉は掌状に分裂。花期は6~8月。茎頂に穂状花序をだし、園芸品種も多く、ピンク色や紫色、白色などの花を咲かせる。別名シダルケア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しきんからまつ(紫錦唐松、紫金唐松)

シキンカラマツ(学名:Thalictrum rochebrunianum)はキンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。草丈は70~150cm。原産地は日本。自生地は福島、群馬、長野の山地で、落葉広葉樹林の縁や林の中の湿った場所に生える。茎は紫褐色を帯びる。葉は3、4回3出複葉。小葉は長さ1~3cmで先が浅く3裂する。花期は6~8月。先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおばなおけら(大花朮)

オオバナオケラ(学名:Atractylodes macrocephala)はキク科オケラ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は中国。山地の斜面、低木林の林内などに生える。葉は倒卵形で互生、縁には刺状の鋸歯がある。花期は9~10月。管状花は紅紫色から紫色をした花をつける。オケラ に比べて頭花が大きい。オオバナオケラとオケラの根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスフォデリネ・ルテア(Asphodeline lutea)

アスフォデリネ・ルテア(学名:Asphodeline lutea)はユリ科(ツルボラン科)アスフォデリネ属の半耐寒性多年草。草丈は80~120cm。原産地は地中海沿岸。花期は4~5月。星形の黄色の花には芳香がある。別名-。西宮市北山緑化植物園(2016/4/29)。アスフォデリネ’イエローキャンドル’(学名:Asphodelin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカビオサ・コーカシカ(Scabiosa caucasica)

スカビオサ・コーカシカ(学名:Scabiosa caucasica)はマツムシソウ科スカビオサ属の耐寒性多年草(一年草扱いされる)。草丈は45~60cm。原産地はヨーロッパ。花期は4~6月と9~10月。花色は青、紫、白、ピンク、黄、赤。別名コーカサスマツムシソウ(caucasica松虫草)。西宮市北山緑化植物園(2016/4/1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シスタス・クレティクス(Cistus creticus)

シスタス・クレティクス(学名:Cistus incanus ssp. creticus/Cistus creticus)はハンニチバナ科ゴジアオイ属の耐寒性多年草/常緑低木。草丈は60~80cm。原産地はヨーロッパの南部(地中海沿岸)岩の多い乾燥地に自生。葉は披針形で腺毛があり、縁は波打つ。花期は3~6月。直径4~5cmの淡い赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわぎりそう(岩桐草)

イワギリソウ(学名:Opithandra primuloides)はイワタバコ科イワギリソウ属の多年草。草丈は:5~10cm。原産地は日本。本州の近畿地方から九州の山地の北向きの岩壁に生育。葉は根際から生え、卵円形でやや肉厚である。葉の先は円く、葉の縁には鋸歯があり、白い軟毛が生えている。花期は5~6月。茎先に散形花序を出し、淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はるおこし(春おこし)

ハルオコシ(学名:Anemone nemorosa)はキンポウゲ科イチリンソウ属の耐寒性多年草。草丈は10~20cm。原産地はヨーロッパ。山地の林床などに生える。葉は切れ込みが深い。花期は3~5月。頂部の3枚葉の間から花茎を出し3㎝ほどの白い花を一輪だけ咲かせる。中央の白の部分はおしべが弁化したもの。緑色のがく片と総苞葉がつき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーフォルビア・ルビーグロー(Euphorbia‘Ruby Glow' )

ユーフォルビア・ルビーグロー(学名:Euphorbia amygdaloides‘Ruby Glow' )はトウダイグサ科トウダイグサ属の耐寒性多年草。草丈は30~445cm。原産地はヨーロッパ。温度が高い時期は葉は暗めの緑色、低温期には新芽は赤くなり、葉色は徐々に黒っぽい濃いパープルの銅葉になる。花期は4~5月。黄緑色のガクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よしのそう(吉野草)

ヨシノソウ(学名:Diaspananthus uniflorus)はキク科クサヤツデ属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は日本固有種。本州神奈川県以西~近畿地方の太平洋側、四国、九州の山中の木陰や渓流岸に生育。茎から多数の長い葉柄を束生し、その先に長さ6~14cmのヤツデに似た掌状の葉をつける。花期は9~11月。花時には長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はるゆきのした(春雪の下)

ハルユキノシ(学名:Saxifraga nipponica)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。草丈は20~30cm。原産地は日本固有種。本州の関東地方から近畿地方の山地の岩上に生える。葉身は長さ2~6cmの円形から腎円の形、浅い切れ込みがあり、縁に鋭鋸歯がある。ユキノシタ (学名:Saxifraga stolonifera C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかねえびね(高嶺海老根)

タカネエビネ(学名:Calanthe discolor var. bicolor、Calanthe x bicolor)はラン科エビネ属の多年草。草丈は:30~50cm。原産地は日本。本州の紀伊半島から九州にかけての山地の林の中に生育。根際から生える葉は長楕円形で、2~3枚つく。葉脈は平行脈で、葉の先は尖る。花期は4~5月。花茎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きりしまえびね(霧島海老根)

キリシマエビネ(学名:Calanthe aristulifera)はラン科エビネ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。本州の近畿地方から九州の:山地の林の中に生育。葉は15~30cmくらいの長楕円形で、根際に2~3枚がつく。葉はエビネ(海老根)よりも細い。花期は4~5月。茎先から総状花序を出し、白い小さな花を10~15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はっかくれん(八角蓮)

ハッカクレン(学名:Podophyllum pleianthum)はメギ科ハッカクレン属(ホドフィルム属)の多年草 。草丈は50~100cm。原産地は台湾、中国。深山の林床に生える大型の植物。太い茎の先端に大きな角のある葉を2枚広げる。花期は4月下旬~6月上旬。葉の下に赤褐色の抱え咲きの花を数輪咲かせる。2枚の葉のつけ根部に花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くきなしたまあざみ(茎無し玉薊)

クキナシタマアザミ(学名:Carduncellus rhaponticoides)はキク科アザミ属の多年草。草丈は5cm。原産地はモロッコ、アルジェリア。高山植物。花期は4~5月。青紫の花。別名-。西宮市北山緑化植物園(2016/4/14)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほそばきすげ(細葉黄萓)

ホソバキスゲ(学名:Hemerocallis minor)はユリ科ワスレナグサ属の多年草。草丈は30~50cm。原産地は朝鮮、東シベリア。ニッコウキスゲと比べると草丈が低く葉が細い。葉幅3~15mm。花期は5~6月、8~9月。ユウスゲのようなレモンイエローの花は、香りがあり、2期咲き性。別名ヘメロカリス・ミノル(Hemeroca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こがねぐるま(黄金車)

コガネグルマ (学名:Chrysogonum virginicum)はキク科コガネグルマ属の多年草。草丈は15~20cm。原産地は北アメリカ。葉は卵形で、柄が長い。花期は5~6月。黄色い星のような花を咲かせる。先に少し切れ込みのある幅の広い舌状花が5~6枚つく。実はそう果。別名ゴールデンスター(Golden star)。西宮市北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンファロデス・カッパドキカ(Omphalodes cappadocica)

オンファロデス・カッパドキカ(学名:Omphalodes cappadocica)はムラサキ科ルリソウ属の多年草。草丈は15~40cm。原産地はトルコ。藪や森林に生える。這うように伸びる地下茎から芽を出して茂る。葉は緑色で、卵形。花期は3~6月。淡い青紫色の花を咲かせる。園芸品種の’スターリーアイズ’は青紫に白い縁取りが入る。別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more