テーマ:多年草

すずさいこ(鈴柴胡)

スズサイコ(学名:Vincetoxicum pycnostelma)はキョウチクトウ科カモメヅル属の多年草。草丈は40~100cm。原産地は日本、朝鮮、ダフリア(バイカル湖以東)、中国。北海道~九州の日当たりのよいやや乾いた草地に生える。茎はかたくて細く、葉は対生し、長さ6~13cmの長披針形~線状長楕円形で先はとがり、やや厚い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちだけさし(乳蕈刺、乳茸刺)

チダケサシ(学名:Astilbe microphylla)はユキノシタ科チダケサシ属の多年草。草丈は:30~150cm。原産地は日本(東アジア)、北米大陸。本州から九州のやや栄養分の多い湿原、林縁、湿った草原などに生育。茎や葉の柄には褐色の毛がある。葉は2~4回の奇数羽状複葉で、互生。小葉の形は卵形で、縁には不揃いの鋸歯がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじゃくさぼてん(孔雀仙人掌)

クジャクサボテン(学名:Epiphyllum spp)はサボテン科クジャクサボテン属(エピフィルム属)の半耐寒性・常緑多年草の多肉性草本。草丈は30~200cm。原産地はメキシコ。熱帯域の森林で樹木に着生。細長く肉厚な葉は上に伸び支柱で支えられる。花期は4~6月。花は夕方から開花し、翌々日の昼まで開花。花径は5~30cm。花色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッツテール(Cat tail)

キャッツテール(学名:Acalypha hispaniolae)はトウダイグサ科エノキグサ属(アカリファ属)の常緑多年草。草丈は10~30cm。原産地は西インド諸島、中央アメリカ。葉柄は長さ0.1~0.5㎝。葉身は長さ0.3~2.1㎝の卵形~円形。基部は心形又は円形、縁は鋸歯状円鋸歯、先は鈍形~鋭形。花期は4~11月。ネコジャラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンゼルランプ(Angel Lamp)

エンゼルランプ(学名:Kalanchoe uniflora)はベンケイソウ科カランコエ属の多肉植物(多年草)。草丈は10~50cm。。原産地はマダガスカル。葉は丸形や楕円形のものが対生して厚く光沢をもち、茎は細くてほふく性がある。花期は3~5月。ランプの様な小花をたくさん咲かせる。崖や樹木などに着生し、茎が長くなると時には垂れ下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はこねしだ(箱根羊歯)

ハコネシダ(学名:Adiantum monochlamys)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑性シダ植物(多年草)。草丈は10~20cm。原産地は日本、中国、朝鮮。本州、四国、九州の山間部の岩の側面に生育する。3~4回羽状で、小葉は狭扇形。頂縁鋸歯があるが切れ込みはない。各小葉にソーラスが1個つく。葉柄は赤褐色で光沢がある。鋸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいわかがみ(小岩鏡)

コイワカガミ(学名:Schizocodon soldanelloides f. alpinus)はイワウメ科イワカガミ属の多年草。草丈は5~10㎝。原産地は日本固有種。北海道から本州の中部地方の低山~高山の草地や岩場に生育。イワカガミ(岩鏡、学名:Schizocodon soldanelloides)の高山型とされている。葉には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さわふじばかま(沢藤袴)

サワフジバカマ(学名:Eupatorium × arakianum)はキク科ヒヨドリバナ属の多年草。草丈は100~150cm。原産地は園芸種。古来に帰化したフジバカマと異なり、園芸種として栽培されていたものが、川岸や肥沃な草地に逸出したものである。花期は8~10月。フジバカマによく似ているが、茎が赤みを帯び、葉が上部のものまで全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまはっか(山薄荷)

ヤマハッカ(学名:Isodon inflexus)はシソ科ヤマハッカ属の多年草。草丈は60~90cm。原産地は日本、中国、朝鮮半島。北海道~九州の山地に生える。茎は木質化した地下茎から直立し、稜に下向きの毛がある。葉は対生し、長さ3~6cm、幅2~4cmの広卵形で粗く丸みのある鋸歯、基部は細くなって葉柄の翼に続く。葉先は尾状に伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうばな(塔花)

トウバナ(学名:Clinopodium gracile)はシソ科トウバナ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。北海道~九州のやや湿性のある林縁や小道脇、田畑などに生育。茎は根元から束生。葉は対生し、卵形~広卵形で長さ1~3cmで浅い鋸歯があり、葉柄がある。花期は5~8月。枝先に小さな淡紅紫色の唇形花を数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンスベリア(Sansevieria)

サンスベリア(学名:Sansevieria trifasciata)はリュウゼツラン科(新エングラー体系、キジカクシ科(APG III))チトセラン属の常緑多肉多年草。草丈は30~100cm。原産地は熱帯アフリカ。日本に渡ってきたのは明治頃。一般にはサンスベリア(学名:Sansevieria)は60種類ぐらいある。近年、マイナス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やぶがらし(藪枯らし)

ヤブガラシ(学名:Cayratia japonica)はブドウ科ヤブガラシ属のつる植物の多年草。草丈は2~3m(蔓の長さ)。原産地は日本、東アジア、東南アジア。北海道~沖縄の道端、林縁、荒れ地などに生え、市街地では公園のフェンスなどによく絡まっている。駆除が困難な草である。葉と対生する巻きひげが伸びて他のものに巻き付き、覆い被さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちがや(茅萱)

チガヤ(学名:Imperata cyindrica var. koenigii)はイネ科チガヤ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本、中国、東南アジア、インド、アフリカ。北海道~九州の日当たりのよい、少し湿った野原に群生する。葉は長さ20~50cmの線形で、縁はざらつく。茎葉は互生、基のところで、茎を抱き込むように鞘状と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショエノルキス・ゲンマタ(Schoenorchis gemmata)

ショエノルキス・ゲンマタ(学名:Schoenorchis gemmata)はラン科ショエノルキス属の多年草。草丈は。原産地はアッサムインド、東部ヒマラヤ~中国南部、インドシナ半島。標高450~2500mの多湿な針葉樹林の苔むした気や枝に着生して生育。自生する。花期は5~6月。花の大きさは5mmほど。別名ショエノルキス・ジェンマタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うしはこべ(牛繁縷)

ウシハコベ(学名:Stellaria aquatica)はナデシコ科ハコベ属の多年草。草丈は20~60cm。原産地はユーラシア、北アフリカ。北海道~九州の路傍や林縁、畑のあぜ道、空き地、山野などに生える。葉は対生し、長さ2~7cmの卵形~広卵形で、上部では柄がなく茎を抱く。葉の先端が尖る。花期は4~10月。葉の脇から細い花柄を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うらじろちちこぐさ(裏白父子草)

ウラジロチチコグサ(学名:Gamochaeta coarctata、Gnaphalium spicatum)はキク科ウスベニチチコグサ属(チチコグサモドキ属)の多年草(越年草または1年草)。草丈は20~80㎝。原産地は南アメリカ。昭和40年代後半に知られるようになり、現在では日本全土で見られる。茎は白色の綿毛が密生し、根元で多数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふうらん(風蘭)

フウラン(学名:Neofinetia falcata)はラン科フウラン属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国南部。関東地方南部以西に生息。細い気根をだし、樹木などに着生する。葉は厚くてかたく、長さ5~10cmの広線形で弓形に湾曲する。葉の基部に関節があり、冬を越した葉は関節から落ちるため、茎は古い葉鞘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンドロビウム・リケナストラム(Dendrobium lichenastrum)

デンドロビウム・リケナストラム(学名:Dendrobium lichenastrum)はラン科デンドロビウム属の多年草。草丈は数cm。原産地はオーストラリア。明るくて湿度の高い樹木や岩上に着生する極小型の着生ラン。茎は匍匐し、先端に1個の葉をつける。葉は多肉質で長さ約1cm前後の小判型。葉は緑一色ですが日が強いと赤みを帯びるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャスタデージー(Shasta daisy)

シャスターデージー(学名:Leucanthemum x superbum)はキク科フランスギク属の多年草(宿根草)。草丈は50~100cm 。原産地は北アメリカ。フランスギクとハマギクなどを交雑して作られた園芸品種。ロゼットの葉はへら型。株はロゼット型で開花期に長い花柄を伸ばす。花期は5~7月。茎を伸ばして、その先端に花径5~1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みやこあざみ(都薊)

ミヤコアザミ(学名:Saussurea maximowiczii)はキク科トウヒレン属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。福島県以南の本州から九州にかけての山地の草原や湿地に生える。葉は長めの楕円形で、互生し、上部へいくほど小さくなる。上部の葉は切れ込みがなく、下部の葉は切れ込む。また、茎に付く葉は柄がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんすげ(寒菅)

カンスゲ(学名:Carex morrowii)はカヤツリグサ科スゲ属の多年草。草丈は30~50㎝。原産地は日本固有種。北海道、本州、四国、九州の冷温帯のブナ林樹林下、林縁に生育する。根茎は広がらず、叢生し、匐枝は出さない。基部の鞘は光沢のない黒紫色。葉は硬く、幅は4~7mmで、断面はゆるやかなV字型あるいは凹型。葉縁の小刺は鋭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しろね(白根)

シロネ(学名:Lycopus lucidus)はシソ科シロネ属の多年草。草丈は70~100cm。原産地は日本、東アジア、北アメリカ。北海道~;九州の湿地に生える。地下茎が横に伸びて群生する。茎は直立し、分枝しない。茎は四角く緑色で、節の部分だけがえんじ色になり、毛がある。葉は葉長8~15cmの広披針形で鋸歯があり、対生する。花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きずいせん(黄水仙)

キズイセン(学名:Narcissus jonquilla)はヒガンバナ科スイセン属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は南ヨーロッパ、アルジェリア。日本へは江戸時代の後期に渡来。葉は深緑色で細長い。花期は3~4月。葉の間から長い花茎を出し、香りのよい花を2~3個横向きにつける。6枚の花被片とその内側にあるカップ状の副花冠はとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローダンテマム(Rhodanthemum)

ローダンテマム(学名:Rhodanthemum spp.)はキク科ローダンセマム属の宿根草。以前はクリサンセマム属に分類されていた。草丈は20~30㎝。原産地はモロッコ、アルジェリア。葉は細かい切れ込みのある銀緑葉。花期は3~7月。一重の白花で、中央が赤紫やブラウンになる。用途は庭植え、鉢植。別名ローダンセマム(Rhodanth…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アガベ・ストリクタ(Agave stricta)

アガベ・ストリクタ(学名:Agave stricta)はリュウゼツラン科(キジカクシ科)アガヴェ属(リュウゼツラン属)の常緑多年草。草丈は20~70cm。原産地はメキシコ。細く鋭い葉が放射状に展開。葉やノギも硬く、葉の長さは25~30cm程度の細長い多肉質の葉で、葉色は、やさしい明るめな緑色。先端は、尖っていて茶色くなっているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほうちゃくそう(宝鐸草)

ホウチャクソウ(学名:Disporum sessile)はユリ科チゴユリ属(APG植物分類体系ではイヌサフラン科ホウチャクソウ属)の多年草。草丈は30~50cm。原産地は日本、朝鮮、中国。日本全土の丘陵の林内に生える。臭気のある毒草。茎の中程で枝分かれする。葉は互生し、長さ5cm前後の笹の葉型で葉脈が目立つ。花期は4~5月。茎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きばなかたくり(黄花片栗)

キバナカタクリ(学名:Erythronium grandiflorum、Erythronium pagoda)はユリ科カタクリ属の多年草。草丈は15~50cm。原産地は北米。球根(鱗茎)からは2枚の葉を出し、葉は楕円形、葉紋はない。花期は3〜4月。花茎の先端に1~3個ほどの濃黄色の花が下向きに咲く。別名セイヨウカタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リプサリス・エリプティカ(Rhipsalis elliptica)

リプサリス・エリプティカ(学名:Rhipsalis elliptica)はサボテン科リプサリス属の常緑多年草。草丈は30~50cm。原産地はブラジル。葉のように見えるのは茎の変化した葉状茎で、長さは10cmあまりの長楕円形、多肉質で革質、周縁が少し波打っている。これが連なって不規則に伸ばし、長い茎を形成し下垂。光が強いときなどに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さつまのぎく(薩摩野菊)

サツマノギク(学名:Chrysanthemum ornatum)はキク科キク属の多年草。草丈は25~60cm。原産地は日本固有種。熊本県と鹿児島県の海岸と屋久島に分布し、日当たりのいい場所に生える。茎は根際から束生、上部で枝分かれをする。茎には銀白色の毛が生える。葉は広めの卵形で、羽状に浅く裂け、互生。葉には鋸歯がある。葉の表面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかがわのぎく(那賀川野菊)

ナカガワノギク(学名:Chrysanthemum yoshinaganthum)はキク科キク属の多年草。草丈は30cmくらい。原産地は日本。徳島県の固有種で那賀川流域に自生する。茎は束生し、下部は多少木質で上部で密に分枝。葉は長さは4cm内外で、やや厚く、細く先端に切れ込みがある。表面は緑色、裏面は灰白色。花期は9~11月。径3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more