テーマ:トチカガミ科

みずおおばこ(水大葉子、水車前草)

ミズオオバコ(学名:Ottelia alismoides)はトチカガミ科ミズオオバコ属の一年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、アジア、オーストラリア。北海道~沖縄の湖沼や溜池、水路、水田などに生える沈水植物。葉がオオバコに似ていて、水中に生える。水深によってサイズと葉形は大きく変化し、水田で見かける小形の植物体と、溜池など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおかなだも(大カナダ藻)

オオカナダモ(学名:Egeria densa)はトチカガミ科オオカナダモ属の沈水植物のひとつの多年草。草丈は1m超え。原産地は南アメリカ。関東以西の本州、四国、九州の川や湖で群生して大繁殖している。大正時代に整理実験用に持ち込まれたものが野生化したといわれている。茎の上部では分枝する。葉は3輪生で、葉身は長さ1.5~4cm、幅2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トチカガミ科(Hippocastanaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Egeria densa ■おおかなだも(大カナダ藻)  ▲アナカリス  〔草〕 ●Ottelia alismoides ■みずおおばこ(水大葉子、水車前草)  ▲ミズアサガオ  〔草〕
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more