テーマ:ウラボシ科

のきしのぶ(軒忍)

ノキシノブ(学名:Lepisorus thunbergianus)はウラボシ科ノキシノブ属の常緑多年草。草丈は12~30cm。原産地は日本、朝鮮半島など。北海道南部以南の各地の樹の樹皮や崖、傾斜が急な場所の地表などに生える。根茎は這い、直径1.5~2.5㎜、若い時は密に鱗片があり、後になくなる。鱗片は褐色、披針形。葉柄は長さ1~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほていしだ(布袋羊歯)

ホテイシダ(学名:Lepisorus annuifrons)はウラボシ科ノキシノブ属の夏緑性の多年草。草丈は20~30cm。原産地は日本。北海道~九州の山地の明るい林中の樹幹や岩場に見られる。根茎は長く横走し、やや密に鱗片をつける。葉は洋紙質で淡緑色、ネクタイ形、下部がもっとも広い。縁は波状。葉柄は長さ3~5cmになる。葉身は長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつば(一つ葉)

ヒトツバ (学名:Pyrrosia lingua)はウラボシ科 ヒトツバ属の常緑性シダ(多年草)。草丈は30~40cm。原産地は日本~タイ、ヒマラヤ。関東、福井県以西~九州の山野に自生する。葉は長披針形~長楕円形、革質で厚く、裏面は密な毛で覆われる。初め灰白色で、後に淡褐色に変化する。胞子葉は細くて長く、裏面一面にソーラスをつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くりはらん(栗葉蘭)

クリハラン(学名:Neocheiropteris ensata) は、ウラボシ科クリハラン属の常緑性シダ植物。草丈は30~50㎝。原産地は日本、朝鮮、台湾、中国~インドシナ。本州(関東以西)~沖繩の山林下の陰湿な地上に生え、通常群生する。大柄な単葉の葉をつける。葉は長さ30~70cm位になり、そのおよそ三分の一くらいが葉柄。葉は立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まめづた(豆蔦)

マメヅタ(学名:Lemmaphyllum microphyllum)はウラボシ科マメヅタ属の常緑シダ植物。東北地方南部~九州に分布。石の表面や樹皮上に生育し、茎は細くて長くはい回り、まばらに葉をつける。葉は丸い栄養葉と細長くてへら形の立ち上がった胞子葉がある。栄養葉の大きさは1~2cmで、肉厚で丸い。胞子葉は長さ6cm程のへら型で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラボシ科(Polypodiaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Lemmaphyllum microphyllum ■まめづた(豆蔦)  ▲マメシダ、マメゴケ、イワマメ、マメヅル  〔樹木〕 ●Lepisorus annuifrons ■ほていしだ(布袋羊歯) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more