テーマ:アジサイ科

やはずあじさい(矢筈紫陽花)

ヤハズアジサイ(学名:Hydranger sikokiana)はアジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。本州(紀伊半島)、四国、九州の林の縁や林の中などのに生えている。葉は対生、長い柄があり、広楕円形(12~23cm)、上半部は羽状に浅く裂け、縁には鋭い鋸歯がある。花期は7~8月。 花は散房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようらくたまあじさい(瓔珞玉紫陽花)

ヨウラクタマアジサイ(学名:Hydrangea involucrata var.mulutiplex)はアジサイ科アジサイ属の半耐寒性落葉小低木。高さは1~2m。原産地は日本(伊豆大島)。自生地は湿り気のある木陰で生育。タマアジサイの変異種で、昭和23年、中井猛之進博士が伊豆大島で発見し命名。花期は7~9月。日本に自生するアジサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まいこあじさい(舞妓紫陽花)

マイコアジサイ(学名:Hydrangea serrata f. belladonna)はアジサイ科アジサイ(ハイドランジア)属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本。ヤマアジサイの変種。花期は5~6月。装飾花がテマリ(手鞠)状に集まって咲く、ベニテマリによく似た品種。小さな装飾花が育ってきて花の房が大きくなる。淡青が基本のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せいようあじさい(西洋紫陽花)

セイヨウアジサイ(学名:Hydrangea macrophylla f. hortensia)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1.5~2m。原産地は園芸品種。日本原産のガクアジサイ(学名:Hydrangea macrophylla f. normalis)をヨーロッパで改良した品種。草丈が短く豪華な花をつける。葉は丸くてツヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかんばがくあじさい(蜜柑葉額紫陽花)

ミカンバガクアジサイ(学名: Hydrangea macrophylla cv.'Mikanba-Gaku-Azisai' )はアジサイ科アジサイ(ハイドランジア)属の落葉低木。高さは。原産地は伊豆大島。肉厚の照葉で、ミカン(蜜柑)の葉のように、葉の縁がツルリとして鋸歯がないのでこの名がある。冬期15℃以上では常緑で越冬し、花期が早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジサイ科(Hydrangeaceae)

●学名 ■植物名 ◆写真(クリックで説明表示) ▲別名(*印は別に表示、-は不明) 〔樹木/草の区分〕 ●Hydrangea macrophylla ■あじさい(紫陽花)  ▲-  〔樹木〕 ●Hydrangea arborescens ■アメリカのりのき(アメリカ糊の木)  ▲セイヨウアジサイ、アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまちゃ(甘茶)

アマチャ(学名:Hydrangea macrophylla var. thunbergii)はアジサイ科アジサイ属の落葉小低木。高さは1m位。原産地は日本。本州、四国、九州の全国で栽培される日本特産種。ヤマアジサイの変種。 葉はヤマアジサイに似る。葉、葉柄、茎が赤紫色を帯びる。6~7月、枝の先に散房花序をつける。ガクアジサイと同じよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うずあじさい(渦紫陽花)

ウズアジサイ(学名:Hydrangea macrophylla 'Uzuazisai')はアジサイ科(ユキノシタ科)ハイドランジア属の落葉低木。高さは50~200cmくらい。原産地は日本(園芸品種)。江戸時代からある品種。葉は卵形で長さ15cmほどで茎の各節から2枚ずつ対生。光沢があり、葉の身内を通る維管束の葉脈が目立っている。葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおあまちゃ(大甘茶)

オオアマチャ(学名:Hydrangea serrata var. oamacha)はアジサイ科アジサイ属の耐寒性落葉低木。高さは0.5~1.5mくらい。葉は対生。葉には柄があり、縁には鋸歯がある。オオアマチャはアマチャよりも枝が太く、葉も大きくて広楕円形。開花期は6~7月。ヤマアジサイ(山紫陽花)と非常によく似た花をつける。真ん中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やまあじさい(山紫陽花 )

ヤマアジサイ(学名:Hydrangea serrata/Hydrangea macrophylla sub. serrata)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本。福島県以西の本州、四国、九州に分布する。山にあるアジサイの意。ブナ林などの夏緑広葉樹林の谷筋などに生育する。葉は対生し、長さ10~15cmと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるあじさい(蔓紫陽花)

ツルアジサイ(学名:Hydrangea petiolaris)はアジサイ科アジサイ属の落葉性のツル植物。高さ15~20mくらいになる。北海道~九州の山地に生え、幹や枝から多くの気根を出して木や岩をはいのぼる。葉は対生し、長さ5~10cmの広卵形で、先はとがり、縁に細かい鋸歯を持つ。6~7月に枝先に集散花序を散房状に出し、多数の両性花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しちだんか(七段花)

シチダンカ(学名:Hydrangea serrata f. prolifera)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。原産地は日本。花期は6~8月。ヤマアジサイの品種で装飾花が八重になったもの。質素な野生味のある花で江戸時代から栽培され、茶花などに使われる。江戸時代末期に日本を訪れたシーボルトが「フローラ・ヤポニカ(日本植物誌)」で紹介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かしわばあじさい(柏葉紫陽花)

カシワバアジサイ(学名:Hydrangea quercifolia) はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1.5mほど。原産地は北米東南部。用途は庭植え、鉢植え。葉は切れ込みがあり、葉が柏に似ているのでこの名がある。花期は5~6月。長い花穂はとても豪華で、花色は白で、八重咲と一重咲がある。写真は北山緑化植物園(2008/04…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのりのき(アメリカ糊の木)

アメリカノリノキ(学名:Hydrangea arborescens)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さ1m。北アメリカ原産。セイヨウアジサイともよばれ、改良された栽培品種はアナベルと呼ばれる。春から伸びた幹の頂端に直径10~20cmほどの花序を形成する。初夏から夏にかけて開花する。装飾花は全体にあり、花弁状の萼片は3~4枚。普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなづき(水無月)

ミナヅキ(学名:Hydrangea paniculata 'Grandiflora')は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木 。ノリウツギの品種。開花期は 5~7月。花は白色、開花後にピンクを帯びることもる。花の形からピラミッドアジサイと呼ばれる。写真は箱根富士屋ホテル(8/5)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまあじさい(玉紫陽花)

タマアジサイ(学名:Hydrangea involucrata)はアジサイ科アジサイ属(新エングラー体系:ユキノシタ科、クロンキスト体系:アジサイ科として分離独立させている)の落葉低木。高さ1~2m。原産地は日本。山地に自生。若い花序は大形の苞(ほう)に包まれて球形。開花して中央に淡紫色の小花を多数と、周囲に大形の中性花を数個つける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のりうつぎ(糊空木)

ノリウツギ(学名:Hydrangea paniculata )はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さ2~5m。山地に生え、庭木ともされる。葉は対生し、楕円形。夏(7~9月)、大形の円錐花序に白色の花を多数つけ、周囲に数個の装飾花がある。装飾花だけになった園芸品種をミナズキという。茎の内皮から製紙用の糊を作る。材は細工物に用いる。別名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えぞあじさい(蝦夷紫陽花)

エゾアジサイ(学名:Hydrangea serrata var. megacarpa)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1~1.5m。北海道、本州(日本海側)、九州に分布。山地の斜面や沢沿いに生える。葉は先の尖った楕円形で、縁に粗い鋸歯がある。花期は 6~8月。枝先に散房花序をつける。装飾花は青色~淡青色で、一般に青の色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまぎあまちゃ(天城甘茶)

アマギアマチャ(学名:Hydrangea macrophylla var.amagiana)はアジサイ科アジサイ属 の落葉低木。高さ1~2m。伊豆半島に分布。山地などに生育する。ヤマアジサイの変種アマチャ。葉が細く5~10cm位の被針形又は広被針形。開花は6~7月。色は白色。装飾花の萼片は3~4個あり、倒卵形~倒卵状菱形。萼片と萼片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こあじさい(小紫陽花)

コアジサイ(学名:Hydrangea hirta)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1~1.5m。本州(関東以西)、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部の湿った林地に普通に見られる。樹皮は縦にひび割れて、薄く剥がれ落ちる。葉は単葉で対生し、卵形または倒卵形。長さは4~8cm、幅3~5cm。葉の表面は緑色、裏面は淡緑色。両面とも葉脈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がくあじさい(額紫陽花)

ガクアジサイ(学名:Hydrangea macrophylla f. normalis)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1.5~2m。原産地は日本。アジサイの原種で暖地の海岸の斜面に自生する。葉は対生し、卵形で厚い。花期は6~7月頃。枝先に大形の散房花序をつける。花序の周囲に4~5枚の萼片から成る淡紫色の方形の装飾花があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あじさい(紫陽花)

アジサイ(学名:Hydrangea macrophylla)はアジサイ科(エングラーの分類体系では「ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本。ガクアジサイの改良品種。葉は卵形で対生し、粗い鋸歯がある。花期は6~7月。枝先に小花が密に集まり、大きな半球形の花序を形作る。花は萼(がく)が花弁状に発達した中性花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こがくうつぎ(小額空木)

コガクウツギ(学名:Hydrangea luteo-venosa)はアジサイ科アジサイ属の落葉低木。高さは1~2m。原産地は日本。本州(伊豆半島以西)、四国、九州にかけて分布し、低地から山地の川沿いや崖地などに生える。枝は赤紫色。葉は単葉で対生。葉身は長楕円形または楕円形。葉縁はあらい鋸歯。表面は緑色、光沢がある。花期は5~7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more