なんきんななかまど(南京七竈)

画像


ナンキンナナカマド(学名:Sorbus gracilis)はバラ科ナナカマド属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。関東以西の本州、四国、九州の山地帯に分布。幹は細く、樹皮は暗灰色。葉は葉奇数羽状複葉で互生。小葉は7~9枚、側小葉は長さ2~2.5cmの長楕円形。小葉の表面は灰緑色、裏面は粉白緑色。葉縁は鋸歯または全縁。葉先は円頭。葉柄の基部には大きな托葉がある。花期は5月。枝先に複散房状花序を出し、淡黄白色で直径1cm。花序の基部に大きな托葉がある。果期は9~10月。果実はナシ状果。直径6~8mmで赤く熟す。あまり目立たない。名前のナンキンは中国の南京のことではなく、小さいものや愛らしいものにつける接頭語。別名コバノナナカマド(小葉の七竈)。

"なんきんななかまど(南京七竈)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント