せっかやなぎ(石化柳)

画像


セッカヤナギ(学名:Salix sachalinensis ‘Sekka’)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本。オノエヤナギ(尾上柳、学名: Salix sachalinensis)が帯化した品種。花期は3~4月。花色は白色。石化は、帯化ともいい、枝が帯状に堅く平たくなった様のことをいい、流線型のかわった枝ぶりは、生け花の花材として用いられる。別名ジャリュウヤナギ(蛇竜柳)。英語Japanese fantail willow、Dragon Willow。

オノエヤナギ(尾上柳、学名:Salix sachalinensis)はヤナギ科ヤナギ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本、カムチャッカ半島、中国東北部。北海道、本州、四国、九州の山地帯の湿原や河原に分布。葉は長さ10~16cmの披針形または狭披針形で、互生。表面は緑色で光沢あり、裏面は白淡緑色。葉縁は低い鋸歯。花期は3~4月。雌雄別株。葉の展開前に開花する。雌花序は、円柱形の尾状花序で子房は白色で短毛があり、柱頭は2裂し赤味を帯びる。雌花序は、円柱形の尾状花序で子房は白色で短毛があり、柱頭は2裂し赤味を帯びる。果実は蒴果。白い綿毛に包まれる。名の由来は山の上(尾の上)に生えるヤナギという意味。別名カラフトヤナギ(樺太柳)、ナガバヤナギ(長葉柳)。

"せっかやなぎ(石化柳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント