みずぎぼうし(水擬宝珠)

画像


ミズギボウシ(学名:Hosta longissima、Hosta longissima var. brevifolia)はユリ科(現在はユリ科から分割したキジカクシ科)ギボウシ属の多年草。草丈は40~65㎝。原産地は日本固有種。本州愛知県以西、四国、九州の日当たりのよい湿地に生育。葉は細く、長さ15~30㎝の線状倒披針形、直立~斜上する。日本に分布する同属の中で葉の幅が一番狭い。花期は8~10月。花は淡紫色で、3~5個、間隔を開けて横向きにつける。花の内側には濃紫色のすじがあり、雄しべが花冠の外にほとんど出ない。花の基部の苞は小さく、開出しない。類似のコバギボウシ(小葉擬宝珠、学名:Hosta albo-marginata、Hosta sieboldii、別名サジギボウシ(匙擬宝珠))に比べ、葉が細く、花の数が少ない。別名ー。英名はswamp hosta。


"みずぎぼうし(水擬宝珠)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント