こりやなぎ(行李柳)

画像


コリヤナギ(学名:Salix koriyanagi)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は朝鮮。古くに日本に渡来。川岸、湿地帯に生育。根元より多数の枝を株立ち上げ、樹皮は灰緑色で滑らかでだが縦筋が入る。葉は対生又は互生し、長さ5~10cmの葉先の尖った線状披針形で上部に浅い鋸歯が見られるほかは全縁。無毛で裏面は白色を帯びる。花期は3~4月。雌雄異株。枝先に葉の展開と同時に長さ2~3cmの尾状の花穂を出し、苞葉は卵状楕円形の黒褐色。花穂は灰色の綿毛に包まれるが、開花すると雄シベの葯は橙紅色~黄色に開く。実は蒴果で成熟すると2~4室に裂けて種子を放出する。枝を利用して柳行李が作られてきたことからコオリヤナギと呼ばれた。猫柳に似た花枝は、生花材料とされるほか、ドライフラワーなどにも利用される。別名コウリヤナギ(行李柳)。

"こりやなぎ(行李柳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント