だいもんじそう(大文字草)

画像


ダイモンジソウ(学名:Saxifraga fortunei var. incisolobata)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。草丈は10~40cm。原産地は日本、中国。北海道から九州にかけての山地の湿った岩場などに生育。根際から生える葉は円形で、手のひら状に粗く切れ込む。 葉には長い柄があり、つけ根の部分は心形である。花期は9~11月。茎先に円錐花序(花径は2~3cm )を出し、白い花を疎らにつける。 花弁は5枚で、そのうちの2枚がほかよりも長い。花の色も赤、桃、白などがあり、多くの園芸品種がある。山野草としても人気があり、鉢花として出回っている。この花の名前の由来は、花の形が「大」の字に似ていることによる。別名イワブキ(岩蕗)、ガケブキ(崖蕗)、ユキモヤソウ、カラフトラッキョウ(樺太辣韮)。西宮市北山緑化植物園(2016/4/29)。

画像



"だいもんじそう(大文字草)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント