きばなのやまおだまき(黄花の山苧環)

画像


キバナノヤマオダマキ(学名:Aquilegia buergeriana f. flavescens)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本。北海道~九州・北部の日当たりの良い高原の草地に生育。根生葉は2回3出複葉である。ヤマオダマキは距と萼片は紫褐色をしているが、キバナノヤマオダマキは距と萼片が薄黄色の変種。花径は3~4cm。花期は6~8月。小さなシャンデリアのように透きとおった黄色い花を下向きに咲かせる。蕚は黄色で5個あり、卵状披針形。花弁は5個あり、長楕円形で蕚片より短く、上部は淡黄色、基部は距となってわずかに内側に弓状に曲がる。別名-。

オダマキの仲間は、オダマキ(苧環)、シロバナオダマキ(白花苧環)、セイヨウオダマキ(西洋苧環)、キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環) 




"きばなのやまおだまき(黄花の山苧環)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント