あぽいあずまぎく(アポイ東菊)

画像


アポイアズマギク(学名:Erigeron thumbergii var. angustifolius)はキク科ムカシヨモギ属の多年草。草丈は10~15cm。原産地は日本固有。日高山系アポイ岳、夕張山系崕山、天塩山系パンケ山などに分布し、高山の礫地や草地に生える。ミヤマアズマギクの狭葉型変種とされている。花茎は暗い紫色を帯びる。際から生えるへら形の葉は、幅が狭く毛が少ない。花期は:5~7月。茎先に花径25~30mmくらいの花(頭花)を1輪ずつつける。 花の周りにつく舌状花は普通は白いが、赤紫色を帯びるものもある。また、咲き終わりには赤味を帯びる。実はそう果。環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。別名-。京都府立植物園(2015/6/23)。

"あぽいあずまぎく(アポイ東菊)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント