もみじはぐま(紅葉白熊)

画像


モミジハグマ(学名:Ainsliaea acerifolia)はキク科モミジハグマ属の多年草。草丈は40~80cm。原産地は不明。本州近畿以西、四国、九州の山地の木陰などに生育。葉は茎の中部に輪生状につき、長さ6~12㎝の円心形で掌状に中裂する。花期は8~10月。上部に穂状に頭花をつける。頭花は3個の小花からなり、小花の花冠は白色で細く5裂する。モミジに似た葉をつけたハグマの意である。ハグマ(白熊)というのは仏具の払子(ほっす)に使うヤクの毛のこと。別名モミジバハグマ(紅葉葉白熊)。本種の変種オクモミジハグマ(奥紅葉白熊、学名:A.acerifolia var.subapoda)は葉の切れ込みが浅い。京都府立植物園(2015/10/10)。

画像







"もみじはぐま(紅葉白熊)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント