しゅむしゅのこぎりそう(占守鋸草)

画像


シュムシュノコギリソウ(学名:Achillea alpina subsp. camtschatica)はキク科ノコギリソウ属の多年草。草丈は:20~40cm。原産地は北千島シュムシュ島。礼文島や利尻島など北海道の北部の山地の草原などに生育。葉は羽状に深い切れ込みがあり、互生。花期は7~8月。花径は10~15mm10くらいで、舌状花は8~12枚くらいである。 舌状花の色は淡い紅紫色から白に変わる。 筒状花の色は黄色から白に変わる。 総苞には長い毛が生える。花の後にできる実はそう果。和名は千島列島の北東端にある占守島からきている。エゾノコギリソウ(蝦夷鋸草、学名:Achillea ptarmica subsp. macrocephala)に似るが、本種のほうが葉の幅が狭く、また葉のつけ根は茎を抱かないなどの違いがある。別名-。京都府立植物園温室(2015/7/31)。

画像

"しゅむしゅのこぎりそう(占守鋸草)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント