はまおみなえし(浜女郎花)

画像


ハマオミナエシ(学名:Patrinia scabiosafolia var.crassa)はオミナエシ科オミナエシ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本、東アジア。オミナエシの変種。北海道、本州の日本海側の海岸に近い乾燥した場所に自生。葉は広卵形~卵形で掌状に3~5中~深裂して葉縁には不規則な鋸歯があり、対生。下部の葉は大きく長さ3~10cm。花期は7~8月。茎頂に黄色の小花を多数集散状につける。果実は楕円形で長さ約3mm。名は浜辺に多く自生するオミナエシから。オミナエシ(学名:Patrinia scabiosafolia)より草丈が低く葉が分厚い。ととり花回廊(2013/8/6)。

画像


画像

"はまおみなえし(浜女郎花)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント