あかばめぎ(赤葉目木)

画像

アカバメギ(学名:Berberis thunbergii 'Atropurpura')は、メギ科メギ属の落葉低木。高さ30~150cm。ヨーロッパで改良された葉が赤紫色のメギの園芸品種で、主として公園の植えつぶしやグラウンドカバーに利用。茎には鋭い棘を有しているため、注意が必要。4~5月ごろ、新葉とともに短枝上に短い柄のある花序を出し、直径6mm程の淡黄色の小花を数個ずつ下向きにつける。果実は液果で長さ7~10mmの楕円形。9~11月に赤く熟す。葉が赤く、眼の洗浄薬として利用されたので目木と言われる。写真は豊中服部植物園(10/3)。

豊中服部緑地植物園(2009/08/07)
画像

画像

"あかばめぎ(赤葉目木)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント