はぜのき(櫨の木)

画像


ハゼノキ(学名:Rhus succedanea)はウルシ科ウルシ属の落葉高木。高さは6~15m。原産地は日本、台湾、中国、東南アジアなど。採蝋(ろう)のために各地で栽植される。樹皮は灰褐色。葉は大形の羽状複葉。雌雄異株。花期は5~6月。淡黄色の小花を円錐状につける。紅葉が美しい。秋に枝先の円錐花序に沢山の実が成る。果実は扁平で無毛、秋に黄灰色に熟す。果皮が含む木蝋(もくろう)からロウソクや光沢材料がつくられる。別名リュウキュウハゼ(琉球櫨)、ロウノキ(蝋の木)、ハゼ(櫨)、ハジウルシ(黄櫨漆)、ロウゼ、ハジノキ。「櫨の実」「櫨紅葉」は [季]秋。写真は甲山森林公園map(2007/1/31)

画像


甲山森林公園map7-28(2007/4/17)
画像

画像


甲山森林公園map14-15(2007/5/14)
画像


甲山森林公園map2-3(2007/6/16)
画像


淡路夢舞台(2009/08/22)
画像


京都府立植物園(2014/9/27)
画像

"はぜのき(櫨の木)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント